あなたが職場に行きたくないと思う本当の理由

サラリーマンの方なら思った事があるはずです。

「職場に行きたくない…」 と。

これって社会に出た経験がある人であれば、必ず経験している事だと思うんですよね。

 

私自身も、前職ではやりたくない興味もない会社にいたので、本当に大変でした。

なんで職場に行かなければいけないんだ?面倒臭い、行きたくない。

そんな事をずっと思っていました。

 

そりゃそうですよね。

興味もない事に時間を使う事が基本的には出来ないのが自分の性格だったので、これはしょうがない事だったんですよ。

 

ただ、職場に行きたくないという感情の原因を自分できちんとわかっている人って意外と少ないのではないか?と思うんですよね。

 

自分は「なぜ職場に行きたくないのか?」を説明する事が出来る人っていますか?きっと少数だと思いますよ。

 

という事で今回は「あなたが職場に行きたくない本当の理由」について書いていこうと思います。

 

 

実は嫌いな人がいるから職場に行きたくない

 

これってあるんですよね。

職場って雰囲気を良好にしていたいって感情が出て来てしまうので、どうしても「私はみんなが好き」だと誤認してしまいがちなんですよね。

悪いのは自分で、自分の未熟な点を指摘してくれているんだ!と思おうとするものなんですよ。

 

ただ、これをやっていても、実際には嫌いな人ってのがいるんですよ。

 

なんとなく嫌味っぽい人とか、細かい人とかっていますよね。

 

ああいう人ってその時は「しょうがないか!」って思っているんですけど、

実はかなりのストレスになっている事ってあるんですよ。

 

 

職場に行きたくないという感情の原因が実は嫌いな人だったって事って多いんですよ。

でも、これに気がつかない人も多いんです。

 

 

イヤな上司が一人いるだけで本当に辛いですよね。

特に自分の直属の上司とかだったら面倒でなりません。

 

私自身も直属の上司がかなり苦手な人でした。何をやっても、文句ばかりで、機嫌が良い時と悪い時があったんですよね。

機嫌が良い時には優しく接してくれるのですが、機嫌が悪い時は最悪の状態でした。

最初は「まあどうにか頑張るか」って思っていたんですけど、無理でしたね。

 

それくらいの人だったんです。

ただ、頑張る必要なんて別にないと思っているんです。

頑張って、好きになろうとか思わなくても良いんですよ。

 

嫌いな人は嫌いです。

もし、職場に行きたくないと思っているならその理由は上司にあるかもしれませんよ?

関連記事:上司との飲み会って本当にいくべき?

 

 

実は苦手な事をやっているから職場に行きたくない

 

これもありますね。

サラリーマンってひとくくりにされますけど、実際には何をやっているのか?ってのをあまり知らずに会社にはいる人がほとんどなんですよね!

 

日本だと、色々細かい事を聞くと、印象が悪くなってしまう事があります。だから、面接の時にもそこまで内部の事について聞く事が出来ないんですよね。

 

だから、実は自分が苦手とする分野の仕事をやってしまっている事ってあるんですよ。

 

そうすると、職場に行きたくないと思ってしまいますよね。

 

例えば、細かい作業をするのが苦手な人が、経理とかに行くのは間違っているんですよね。

これは明らかにストレスになってしまう事だと思います。

 

 

また、自分が苦手な事を仕事にすると、他人には絶対に勝てません。

クリエイティブな作業が好きな人はそういった職業に就くべきだし、文章が好きな人は文章を書く職場が適していると思うのです。

 

 

苦手な事ではなく、好きな事をやる事って本当に大切なんですよ。

どんなに頭が良くても、その分野が好きで好きでしょうがないという人には勝つ事が出来ないんですね。

 

だって、本当に好きなのであれば、寝る時間を惜しんで勉強すると思いますしね。

 

職場に行きたくないと思っているのであれば、その原因が「好きな事をやっていない事」でないのか?という事を確認してみましょう。

 

そうすると、本当に自分の好きな事をやっていないんだ!って事がわかると思います。

関連記事:転職に踏み切るタイミングはいつが正しいの?

 

 

実は年収に不満を持っているから職場に行きたくない

 

これもありますね。年収や、お金に関する事って日本においてはあまり言ってはいけないような傾向があるじゃないですか?

 

でも、これって、間違っているんですよね。別に言っても良いと思うし。

それは企業と人材のミスマッチが起きないためにも必要な事だと思うんです。

 

ただ、職場に行きたくないってどんな場合があるか?っていうと、意外と年収も関わってくると思うんですよね。

 

 

給料・年収といったものに不満を持っていると、どうしても、職場に行く時のモチベーションって低いんですよね。

つまり、逆に「給料が高ければある程度辛くでも我慢する事が出来るという事なんですよ。」

 

 

自分では、年収なんてそこまで気にしないと思っていたが、

結局、年収が一番モチベーションに関わって来ていた!なんて人もいると思います。

 

確かに、他の原因だってあるかもしれません。

でも、年収が高いというだけで職場に行きたくないという感情がなくなったりもするんですよ。

関連記事:「仕事が好き」と言えない今の世の中は少し変だ。

 

職場内がドライで人間関係が希薄

 

これもありますよね。職場にはそれぞれの会社で雰囲気というものが違うとは思いますが、重苦しい雰囲気になってしまっている会社ってあるんですよね。

特にこれは長く続いている古い体質の企業に多いのですが、社員の年齢が全体的に高く、社員同士で話す事もないような状態で、

ただただ「仕事だから集まっている」という感じの会社は多いのです。

もちろん、仕事として会社に来ているのが当たり前ではあるので、仕方のない部分でもありますが、職場に行きたくない原因にはなってしまうと思うのです。

私も大手企業でかなり歴史も長いところでサラリーマンをやっていた事がありますが、やはり非常にドライな関係性になってしまう事が多いんですよ。

 

割り切る事が出来る人にとっては良いのかもしれませんが、ロボットのように同じような事をドライな環境でやっていくというのは中々に辛いものがあるんですよね。

職場の雰囲気って簡単に変わるものではありません。新しく、若い人がたくさん入ってくれば話は違いますが、基本的には雰囲気ってこれまでの蓄積だと思っているんですよね。

 

だからこそ、職場に行きたくないのであれば、次の職場ではより新鮮な空気感のあるベンチャーや、成長企業に転職した方が良いのです。

関連記事:休み明けがだるい、という人は、転職を検討するべきかも?

 

職場に行きたくないなら辞めてしまえば良い

 

でも、結論的には職場に行きたくないと思っているのであれば、行かなければ良いと思うんですよね。

別に今って転職も盛んですよね。

転職時の想定年収を算出する事が出来るMIIDAS(ミーダス) もありますし、

 

エージェント形式の転職であれば、非公開求人率75%以上で大手のリクルートエージェントとかもあるんですよね。

非公開求人

 

こういうところを使って転職してしまえば良いんです。転職実績もありますし、未経験業界のセミナーとかもしてくれるんですよね。

行きたくない職場に我慢して行く必要性なんて全くないんですよ?

 

もっともっと自由に職場を選べる時代になっているんです。

 

職場に行きたくないのに、行き続けると最悪鬱病になりますよ?

職場に行きたくない本当の理由ももちろんありますが、

 

結論としては辞めてしまった方が良いんですよ。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

職場に行きたくない

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。