ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

仕事ができる人の特徴を分析してみたよ。

 

皆さんも周りにはきっと仕事が出来る人がいると思うんですよね。

 

以前仕事ができない人の特徴という記事を書きましたが、今回はその逆に仕事ができる人の特徴について話してみたいと思います。

 

 

PDCAをすごい回している

 

PDCA(plan-do-check-act cycle)とは

  1. Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する
  2. Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う
  3. Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
  4. Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

この4段階を順次行って1周したら、最後のActを次のPDCAサイクルにつなげ、螺旋を描くように1周ごとにサイクルを向上(スパイラルアップ、spiral up)させて、継続的に業務改善する。

wikipediaより

 

つまりやった仕事に対してさらに改善するためにはどうしたらいいのか、ということを常に考えている、ということなんですね。

 

これはずっと成長し続けることができる、ということなんです。

関連記事:成長できない人の特徴

 

今仕事ができる人だって最初から仕事ができたわけではありません。

仕事ができるようになるまでたくさん努力してきているんです。

 

決断するのが早い

 

仕事ができる人は決断するのがとても早いです。いやね、本当に仕事ができる人は早いのよ。

その決断を下すために悩んでいる時間そのものが、判断力を鈍らせてしまうこともあるし、
その時間によって価値が失われてしまうことってたくさんあるんですね。

 

決断も行動も早いのが仕事ができる人です。

 

決めるのも決めたあともさっさとやる、これが仕事ができる人です。小さなことだけれど、コンビニでジュースを選ぶのも早い。

 

例えば自分が仕事を依頼するクライアント側だったとしますね?

幾つかの会社に見積もりを出した時に一番最初に返事が返ってきたところって印象がよくないですか?

 

そういうことなんです。

 

レスポンスも行動や決断の中に含まれますね。

 

何事も早い、ということが人の好印象につながりやすいんです。

関連記事:転職したいけど、時間がないという人はどうすれば良いのか?

 

 

切り替えが早い

 

仕事ができる人は切り替えが早いです。

 

まず諦めるのが早いんですね。

 

「これはうまくいかないだろう」と思った時の引き際がすごいんです。

 

世の中何が成功するのか、何が流行るのかなんて実は誰にもわかりません。

ヒット商品を生み出した人だってベストセラー作家だって、上場した起業家だって、初めてやった一つのことが突然成功した、という人は少ないでしょう。

我が逃走の起業家・家入一真さんだって会社を潰しています。

 

数打てば当たるんです。

 

大事なのは失敗した時にそれを引きずらないこと。

失敗した時のリスクヘッジをしっかりとしておくこと。

失敗した時に後戻りできないようなリスクを負わないことです。

 

関連記事:行動力が全て?とりあえずやってみればいいと思う

 

ちゃんと寝る

 

仕事ができる人のイメージって夜遅くまで仕事して、朝はものすごく早く起きて、
とにかく活動している時間が長い。
そんな風に思っている人が大半でしょう。

 

でも仕事が終わらないから徹夜は、してはいけないという記事でも書きましたが、
徹夜するのって本当に非効率なんです。

仕事ができる人は徹夜しない。

手塚治虫、藤子不二雄、石ノ森章太郎など一時代を築きあげたトキワ荘の住人たちは常に寝不足で徹夜ばかりしていたそうです。

でもその中でいつも8時間睡眠をしていたのが水木しげる。

 

みなさんが60代、70代で亡くなっている中、
水木先生だけは92歳まで漫画を描き続けていました。

 

人より多く、長い時間ずっと好きなことをするためには、
やはり睡眠時間をきちんと確保することって大事なんです。

 

ちなみに水木先生といえば、ゲゲゲの鬼太郎というイメージが強いかもしれませんが
『わたしの日々』は水木先生の静かな家族との暮らしについてオールカラーで描かれていて、とてもほっこりするエッセイです。

 

人生を少し許されたような気持ちになれるのでぜひ読んでみてください。

関連記事:飲み会で説教をする上司の心理

効率的

 

仕事ができる人はとにかく効率主義者です。

無駄な時間をなるべく作らないようにしてるんですね。

 

これはちゃんと睡眠をとるためにも必要なことなんです。

 

毎日の時間野中であなたが無駄にしている時間はありませんか?

家に帰ってダラダラテレビを見て寝るのが遅くなったりしていませんか?全て非効率な行動なんですよね。仕事ができる人の日常には無駄な時間がないのです。

 

今この瞬間やっていることが本当に自分にとって必要な時間なのか、ということを常に考えることが大切です。

関連記事:時間を無駄にし過ぎていない?

 

話が簡潔

 

効率的な人って話も簡潔なんですね。

 

人と話していると必要な情報とそうでない情報が混在していると思うんです。

でも仕事ができる人って必要ない情報は話の中にいれてきません。

 

相手にとって何が必要な情報なのか?ということを常に考え、
頭のなかで不要なものをカットして編集して相手に伝えることができるんです。

 

自分が話した内容がもっと短い文章で伝えられなかったかな?といつも考えるようにしてみてください。

 

コミュニケーション能力が高い

 

仕事でリーダーシップのとれる人、その要素という記事でも紹介しましたが、
仕事ができる人というのは基本的に人を使うのがうまい人です。

 

自分一人では絶対になしえないことってたくさんありますよね。

だったらやっぱり人に頼るべきだし、
その方が一人でやるよりずっといいものができると思うんです。

 

そんな時、人にちゃんと頼ることができる人、
人を動かすことができる人は
普段からコミュニケーション能力に長けていて、周りの人と意思疎通がちゃんとできている人です。

 

もちろんこれってなかなかすぐに身につくものではないし、
なかなか努力してどうにかなるものではないですよね。

 

そんな時は第一印象に気を使ってみることをおすすめします。

関連記事:第一印象を良くする劇的な方法?

 

 

新しいものが好き

 

仕事ができる人って情報取集能力に長けています。

きっと好奇心が旺盛なんですね。

 

新しいものを見つけるとすぐに試してみよう、やってみようとする傾向があると思います。

 

実はこれは結局PDCAサイクルを回している結果なんですね。

 

新しいものがもしかしたら今までの仕事をより良いものにしてくれるかもしれない、
という考えを持っているわけです。

 

逆をいえば、仕事ができない人は新しいものが嫌いで、古いやり方やしきたりに固執する傾向があります。

関連記事:成長できない人の特徴

 

自分に合った仕事を見つけている

 

仕事ができる人と一概に言っても、その人がどんな仕事でもできるわけではありません。

 

仕事だって向き不向きはあります。

 

そんな中で仕事ができる人は、その仕事に対してモチベーションをもてている人なんですね。

つまりその仕事を好きでやれている、というわけです。

 

嫌いな仕事に一生懸命になるなんて、みんなできません。

 

だから仕事は自分に合った仕事を選ぶべきなんです。

今の仕事がもし頑張れないと感じているなら、転職してしまうのも全然アリだと思います。

 

私自身、向いていないとおもった仕事はやらないようにしています。

やりたいと思うことを頑張ればいいんだと思うんです。

関連記事:公務員でも、転職したら良いんじゃない?

 

 

 

人と違う、を恐れない

 

日本の社会って人と違うことをするとすぐに排除されてしまう社会ですよね。

本当に日本人の悪いところだと思います。

 

 

でもその人と違う新しいことをした人がやっぱり成功していく人なんです。

仕事のできる人は人と違うことを恐れないのです。

 

人と違っても良いじゃない?他人がやっていることと全く同じことをしていても、新しいものは生まれない。仕事でも、「新しいものを生み出す力」というものは必要。

だからこそ、仕事のできる人は他の人と違うことを恐れないのです。

恐れないからこそ、新しいものや考え方を生み出すことができるのです。

関連記事:仕事を辞めた後は不思議と旅に出たくなった。

 

日常を綺麗に生きる

 

仕事ができる人って日常生活から気を使っている人だと思います。

 

無駄をなくせる人

好奇心を持っている人

 

能動的に動いていかないとだめですね。

人から言われた仕事をそのままこなしているうちは絶対に仕事ができるようにはなりません。

 

でもやっぱりその仕事が好きになれたら全然違うと思うんです。

好きなことっていつも考えてられますよね?

もっともっとって思えますよね?

 

そういう仕事に就けるように、
職をいろいろ変えて試してみる、というのも選択肢の一つなのではないかな?と思います。

 

では今日はこの辺りで。

関連記事:自分の長所を診断する事は転職において大切なのか?

 

関連記事だよ