ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

インターネット光回線の料金を安くする方法

一般家庭はほぼどの家庭でもインターネットを引いている時代になりました。ネットの普及のスピードすごいです。ただ…インターネット契約の知識がない人が多すぎる!

 

きっとほとんどの人が損しています。契約見直しましょう。無駄なオプションがうじゃうじゃついています。でもみんなそれに気づかない。そういう商法なのです。

 

インターネットはADSLでの契約もできますが今回は光回線でインターネットをしている方向けにお話をします。

 

インターネット開通のしくみ

 

まずインターネットをするのには回線とプロバイダー(ISP:Internet servise provider)を契約する必要があります。ああ、もうここでわからない!という人も多いのではないでしょうか。

 

まず日本でネットに繋ぐためにはプロバイダー契約が必須になるのですが、

プロバイダーがどんな役割をしてくれているかというと、ネットと家を繋ぐ間に立って門番をやってます。簡単にいうと悪い奴が入ってこないように見張ってくれる役割ですね。

プロバイダーはOCN、ぷらら、BIGLOBE、yahoo BB、T-COM…会社がたくさんあります。

 

プロバイダー(ISP)の選び方

 

ネットの門番の役割での差異はありません。

 

ネットあまり詳しくない方なら一番安いところで良いと思います。

 

NTTに加入している方は知らない間にプロバイダー(ISP)の選択権を奪われ、NTTのグループ会社であるOCNやぷららに気づいたら入っている、というケースも多々あります。

 

どこのプロバイダー(ISP)を使うかというより気をつけて欲しいのはプロバイダーのメールアドレス(×××@プロバイダー名.jpのようなもの)はあまり使わない方が良いということ。

 

なぜならプロバイダーを変えたい!と思ったとき今までプロバイダー料金を払えば使えていたメールアドレスが、別のプロバイダーに変えてしまうと新しいプロバイダー料金と旧プロバイダーメールアドレス代の両方がかかってしまうのです!

 

光回線について考える時にはこういった事も大切なわけなんですよね。

 

大体相場が約300円/月。300円だって毎月かかったら年間4000円。無駄なお金払いたくないですよね?

 

ずっと使い続けたいメールアドレスなどはgoogleやyahooで無料で取得できるフリーメールの方が絶対に良いです。

 

プロバイダー契約したときにメールアドレス無償でついてきたからといってそれをそのまま使うのはやめましょう。

関連記事:節約する方法とは何だろう?

 

 

無駄なインターネットオプションサービス

 

インターネットに加入する時、無駄なオプションサービス必ずつけられてます。

 

2ヶ月無料でついてます!って最初にいいように言っていたりするけれど、それは3ヶ月目以降から自動的に有料になるサービスです。


内容よく見たら、近くのドクターを紹介するサービスとか、特定のお店で買い物したらポイントがつくサービスとか、お家の水周りレスキューとか、全然インターネット関係ないじゃん!!!!っていうサービスいっぱいついてますよ。

そしてそれが各々月500円とか言うんですよ。そういう商売なのです。

 

加入しているインターネットオプションサービスの確認方法

 

請求の内訳、というのは必ず確認出来るようになっています。

 

中にはクレジットカードで支払っていてクレジットカードの請求で一括でしかこないから内訳がわからない、なんて言う人がいますがそれは間違いです。

 


毎月紙で明細来ていませんか?

はい。紙で明細来ていない人、多いですよね。

 

実は、口座振替もしくはクレジットカードを登録している人はある時期から紙明細が来ないようになったんです。
今までは来てたのに。


加入している人は一斉に紙明細ではなく、内訳はインターネットで確認する方法へといつの間にか移行されています。

 

最近紙明細来ないな、という方はインターネットで内訳を確認してください。

その時は契約時に来た書面のお客様情報が必要になります。

 

そんなのないよ!って方。
回線契約している会社に電話しましょう。


以前のように紙明細毎月来るようにしたい!という方も電話で申し込みできます。ただ発行手数料が毎月100円程度かかってしまうのですが。

それでも、インターネットの光回線を安くしたいと思うのであれば、大切な事だと思うんですよね。

関連記事:現金を使わないメリットについて書いていこう。

 

オプションの外し方

 

オプションを外すのは電話やネットで簡単にできます。

本当に簡単に出来るのに面倒なんですよね。

 

なぜかって電話の窓口がまぁ繋がらない。

オプション解約するならネット経由がおすすめです。

 

ひかり電話のオプションサービス

 

インターネットを光回線で使っている方は大体の方が自宅の固定電話も光で使っていると思います。

 

電話かパソコンの近くにモデム、という箱型のチカチカした物体があるかと思いますがそれと固定電話が線で繋がっていたらひかり電話というものを使っています。

 

ひかり電話というのは電話も光回線を使って利用しているもので、ひと昔前のアナログ電話に比べると基本料金も通話料金も格段に安いです。しかしここにも罠が。

 

電話のオプションサービス

 

NTTでメインでついているオプションサービスは以下6点。

  • ナンバーディスプレイ(かかって来た相手の電話番号が表示されるサービス)
  • キャッチホン(通話中に別の電話がかかってきた際、音で知らせてくれるサービス)
  • 迷惑電話お断りサービス(迷惑電話の着信拒否ができるサービス)
  • ナンバーリクエスト(非通知でかかって来た電話に番号を通知するようアナウンスしてくれるサービス)
  • ボイスワープ(固定電話にかかってきた電話を携帯電話や別の電話に転送してくれるサービス)
  • 着信お知らせメール(着信があったことをメールで知らせてくれるサービス)

 

内容を理解すると必要ないなと思うサービスありませんか?


これ全部加入していると大体電話料金1000円くらい多く払っています。

ひかり電話は基本料金が500円です。

通話料金が3分約8円。
毎月一時間喋ったって660円なのです。
使わないオプションサービスは外してしまいましょう。

 

ちなみに全部入ると1000円くらいですが、オプションサービス単品で入ると各々約500円くらいするのでそれもお気をつけください。

 

よく利用されているのはナンバーディスプレイとキャッチホンです。

しかし最近は固定電話を使う人も減っています。
携帯を持っていて仕事などで固定電話を使っていない一般家庭の固定電話ならば解約してしまってもいいような気がします。

 

テレビの視聴方法

 

インターネット詳しくない方が陥りやすい罠のひとつにTVがあります。TV、どうやってみていますか?

TVの視聴方法は以下

  • アンテナ
  • 共同アンテナ
  • ケーブルテレビ
  • フレッツTV

 

 

地デジしか見ない人はテレビをアンテナで見るべき

 

実は今までTVをアンテナで見ていた方で光回線を導入したタイミングでTVを光に変えた、という方結構いるんですけれど、これ、ものすごく損してます。

 

屋根の上につけるUHF型のアンテナだと電波が悪いとか自然災害の影響を受けやすいだとかあって光のTVに変えてる方いるんですが
その電波状況が悪いと診断されたのが2011年以前ならば、その問題は概ね改善されているはずです。

 

電波を支えるのがスカイツリーに変更になってからはよほどの山奥でない限りはTVの電波状況というのはかなり安定してきています。

 

またアンテナだと自然災害に弱いんじゃないかと思っている方、アンテナが影響を受けるレベルの自然災害なら光で見ていてもうまく見られなくなります。
当たり前です。
だって光だって電柱の線を通っているわけですから。

 

なぜ私がここまでアンテナ視聴を推すのか。それは

フレッツTVは有料サービスだからです。

 

請求書の内訳だとフレッツ・テレビ伝送サービス利用料スカパーJSAT施設利用料(なぜか2項目に分かれている!)というやつです。

なんとアンテナだったら無料でみられる地デジ+BSに毎月713円(税込)でかかっているのです!

 

年間で約8500円。高すぎます。

 

TVって基本的には生涯見続けるものじゃないですか。それで年間8500円だったら10年で8万5000円、50年で42万ですよ。

 

しかもこれインターネットの光経由で見ているので将来的におじいちゃんおばあちゃんになってもうインターネットやらなくなったからインターネット解約したい、となった時にTVも一緒に映らなくなってしまうんです!!!

 

アンテナを設置する工事は個人でやってもきちんとリサーチすればアンテナ本体の代金と工事費で平均3万円前後で行うことができます。

 

もちろんアンテナ会社の人がお家の中の電波状況を調べつつ設置してくれますから、アンテナに切り替えてから映りが悪くなった、なんてことはありません。

電波状況が悪い地域の方もいるでしょうから見積もりだけとってみてもいいかもしれません。

 

さて、ここまで現状の契約を変更せずに毎月のインターネットの料金を見直す方法を紹介してきましたが、回線を変えてもいいから安くしたい!という方いませんか?

 

昔はインターネットするのとても高かったのですが。

 

今光回線は市場開放になっておりいろんな会社が参入してきています。

昔よりももっともっと安く光回線使えるようになったんです。

 

ただ、何故かNTTがもともと国営だったからか、妙にNTTに固執している方、多いんですよね。

私はおすすめしないです。

だって値段は高いし速度も遅いもの。

 

現状NTTで光回線を契約してる方、上記の見直しで回線、プロバイダー(ISP)、電話あわせて戸建てにお住まいの方は大体月7500円くらいになるはずです。

 

集合住宅だと6500円くらい。NTTがどうしてもいいならこの値段が限度でしょう。

 

ただこれは定額制のネット回線に限りますが。

ちなみに月に1、2回インターネット使うかどうか、ぐらいの方はNTTにはライトプランという安い料金プランがあります。

 

これは基本料金がかなり安いプランで利用した分だけ値段が上がる、というものです。

本当にネットを検索する程度にしか使わないならこちらでも問題はないでしょう。

 

ただ少し使っただけでぐんと値段が上がってくるので要注意です。全然使わないと回線とプロバイダー(ISP)と電話で4000円代におさまります。

でも定額ではないので月の値段に幅がでます。
そこがちょっと怖いですね。

 

 

では契約内容を変えてもいいからもっと安くネットを使いたい!という方!

そんな方には断然NURO光 がおすすめです。

こちらで詳しく説明しています:【インターネット光回線】料金的にもNURO光がおすすめ

 

では今日のところはこのあたりで。

関連記事だよ