好きなことを仕事にするという事は悪い事なの?

働く大人は厳しい。
考え方が若いっていつも言われます。
そんなの知ったことじゃありません。
若い考え方、素敵じゃないですか!

いつまでも外で駆け回る子供のようにのびのび生きていたいです。
やりたいことをやってたいです。

 

好きな事をする事は悪い事だといっている人ってたくさんいると思うのですが、私はそんな事ないと思うんですよね。

 

好きな事があるのであれば、それを一生懸命やった方が良いのです。それを仕事にしてしまった方が良いと思っているのです。

 

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

 

好きなことを仕事にする

 

私は小さい頃からずっと好きなことを仕事にしたいという夢がありました。


だって人生の半分以上仕事して過ごすのだもの。
仕事自体が自分の好きなことなら、人生の半分以上好きなことして過ごせるじゃない。

一度しか過ごせない人生ならなるべく嫌いなことはやりたくないし、1分1秒だって好きなことやってたい。

 

仕事自体が好きなことだったら?それってとっても素敵なことじゃありませんか?

そういう考えが割と早いうちからあったので、努力しました。自分が好きなことははっきりしていたし、だからこそやるべきことも分かっていたし。

関連記事:仕事にやりがいがないってかわいそうなこと

 

 

好きなことを仕事にするリスク

 

好きなことというのは、趣味と言えることも多いと思います。
例えば、なんでもいいです、ゲームでも音楽を聴くでも読書でも。


存在するあらゆるものはお金を生み得るものです。なんだって仕事にできます。

ただここでリスキーなのが、趣味程度のものだと好きなことが嫌いなことに変わってしまうリスクがあるということです。

趣味というのは

  • 時間があるときにするもの
  • ストレス解消するためにするもの
  • 休日にするもの

だと思うのです。

 

これを仕事にするということは
好きなことを

  • 時間がない、つまり締め切り内にやらなくてはいけない
  • 精神的余裕がなくてもしなくてはいけない
  • 毎日のようにしなくてはいけない

ということです。

私も仕事での悩みってやっぱりあります。

関連記事:クリエイターの仕事での悩み

 

そして本当に本当に好きなことなのであればとても幸福なことかもしれませんが、

たくさんある好きなものの中のひとつであるなら必ずと言っていいほどその好きなことは仕事にしてしまった瞬間に嫌いなことに変わってしまうでしょう。

 

でもあなたにもし本当に好きなことがあれば、ちょっと想像してみてください。

本当に好きなことやる時って、そのために時間をどうにかして作ってませんか?
寝る時間削ったりなんかして。なんなら眠くならないし、みたいな。

 

疲れてむしゃくしゃしてどうにもうまくいかないときほど、好きなことってやりたくなりません?
隙間の時間を縫ってそれが少しでもできたら、ちょっと心に余裕ができてたり。

そういう好きなことこそ、仕事にしてみるべきだと私は思います。

上記に記したリスクなんて簡単に乗り越えられるでしょう。だからこそ、一生懸命自分の好きな事について考えてみる必要性があると思うんですよね。

 

「周りからカッコいいと思われたい」という感情から好きな事を選んでいませんか?それだと、結果的には続かなくなってしまうわけなんですよね。

 

自分の好きなものは熱中できるもの。そして、寝食を忘れて出来る事なのです。

参考記事:学生からやりたい仕事をやってみてわかったこと

 

 

 

好きな事が何かなんて本当はわかっている

 

 

これは思う事なんですよね。好きなことを仕事にすると言っても、「好きなことなんてないし、何をしたいわけでもないんだけど、どうすれば良い?」

 

と言ってくる人っているんですよね。しかしながら、そういった人って本当は自分の中にやりたい事、好きな事がある人だと思っているのです。

 

好きな事って実はわかるものなんですよね。芸能人に会いたい・芸能人と結婚したいと思っているのであれば、

 

事務所のマネージャーになってみるのもありだと思いますし、歌手に憧れるのであれば目指してみれば良いのです。

 

出来ないと思っているだけで、本当は好きな事なんて身近にあるものなんですよね。好きなことを仕事にする事は悪い事ではりませんし、むしろ好きなことを仕事にした方が良いのです。

 

自分で「それは無理だ」と思っている事って本当に多いものですし、そういった人こそ、一度自分の好きな事を実現するための方法を考えてみるべきだと思うんですよね。

 

方法も考えずに、ただただ今の現状に文句を言っているだけではダメだと思いますし、もっともっと自分の頭で考えて、

 

実行していくべきなのです。考えた末に、「やっぱり平凡な暮らしが良い。」と思ったり「今の暮らしが良い。」と思うのであれば、

 

それで良いと思います。それが好きなことだと思いますからね。だからこそ、最初は考えみる事が大切だと思うんですよね。

何事も。

関連記事:仕事でミスが多い人が気をつけるべき事。

 

楽しいを反対する大人

 

「あなたはいつもいつも楽しい、ばかり言っている。私は楽しいなんて思えたことない。仕事なのだから仕事として捉えなさいよ」


同僚にこう言われました。
とても可哀想だな、と正直思いました。

もちろん仕事である以上お金を生み出さなくてはいけませんし、クライアントから信頼されて頼まれたことなのですからきちんと結果をださなくてはいけません。

その責任はあると思います。

 

けれどそれに縛られすぎているような気がするのです。

 

その同僚とはもう3年仕事を一緒にしていますが、一度もそんな話をされたことはありませんでした。
二人で喋る機会はたくさんあったけれど。

きっとそうやって我慢して仕事と割り切って嫌なことばかりすることがその同僚にとっては当たり前のことなのだと思います。

 

そしてそれが当たり前の人からすると楽しいと思って仕事をしている人間が許せないのでしょうね。

 

好きなことを仕事にし、楽しいと思っている私が許せなかったのでしょう。

 

私はこんなに辛い気持ちで仕事をしているのに、なんて楽観的なんだろう、って思うんですよねきっと。

そんな仕事なんてさっさと辞めてしまえばいいのに。と当時は思っていました。

関連記事:辛い仕事は辞めるべき理由

 

当たり前、これがもっとも怖い言葉だと思います。
当たり前なんてありません。

明日会社に行くことも当たり前ではありません。
もっと疑問に感じてください。
嫌なことをする意味を。好きなことを仕事にできない辛さを。


その先に自分に本当の意味での利益はありますか?
会社に行かなくても稼ぐことってできるんですよ。

 

 

BASE とかで自分のお店を開いても良いと思いますし、何か人に教えられる事があるのであれば、ストアカ とかでセミナーを開いてみたり、教室を開く事も簡単に出来るんですよね。

 

 

お金のために嫌なことしてイライラして、

仕事して瞬く間に終わってしまう休日をすごしてまた月曜日がやってきてそんな毎日を繰り返して人生最期の瞬間に笑えますか?

関連記事:私が就活しないで生きる理由

 

もっともっとたくさんの人が楽しいを仕事にできますように。好きなことを仕事にできますように。
私はもっと素敵な同僚と働ける場所を探します。

関連記事:クリエイター目線:こういう人とは仕事がしたくない

 

 

好きな事を仕事にする事は悪い事じゃないか?好きな事を仕事にするなんて、一部の人が出来る事であって、私には関係ないと思っている人ってたくさんいるわけなんですよね。

 

確かに、好きな事を仕事にする事にはある程度のリスクがあるでしょう。でも、自分が好きな事を仕事にする事で、

 

たくさんの人との出会いや、希望が見えてくるんですよね。好きな事を仕事にする事を否定してくる人なんてたくさんいます。

でも、だからこそ、自分を貫いて、好きな事を仕事にしてみるべきだと思うのです。

関連記事:普通を求めたら人生が辛くなる

 

好きな事を仕事にする