ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

出世するサラリーマンの特徴とは?

サラリーマンとして会社に属しているのであれば、どうしても出世という事が気になってきますよね。

同期で入ったとしても、能力によって出世するかどうか?って変わって来てしまいます。

皆さんの周りにも出世した人間と出世しなかった人間というものがいたと思うんですよね。

 

そこで今回は出世するサラリーマンの特徴というものについて書いていこうと思います。

 

 

人の話を聞く人

 

これは私が一番感じた事でしたね。

 

サラリーマン社会で出世する人って人の話をたくさん聞いているんですよね。

つまり、出世する人って聞き上手なんです。

 

人間って基本的には自分の話をしたい生物ですよね?これは仕方ないことなんです。

  • どれだけ苦労したきたのか?
  • 自分の仕事はどれだけ凄いのか?
  • 部下の愚痴

などなど、

話したい事ってたくさんあるんですよね。

だから、誰かと飲み会に行った時でもどうしても自分語りをしてしまうんです。

でも、これって間違っているんですよ。

 

仕事が出来るということは他人とうまくやっていくということです。

つまり、他人が自分と話していてどれだけ気持ちが良いのか?ということなんですよね。

だったら、その方法は「相手の話をさせる」事に尽きるんです。

 

よく

「一番良い状態はお互いの意見を言い合うような関係だ」と言いますけど、

 

リアルな事を言ってしまえばこれは間違っているんです。

 

結局人間なんて他人の話になんて興味がないし、聞こうとも思っていないんですよ。

 

私自身、昔

 

「お前と話してると楽しいわ。お互いの事ずっと話していて、意見も交換出来て楽しい」

って言われた事があるんですね。ありがたい事です。

ただ、この時、

私は一切自分の意見をいっていないし、なんならほぼ私はしゃべっていないんですね。

 

相手の言っている事を復唱して聞いていただけなんですよ。

それにも関わらず相手は「話していて気持ちが良いと感じていたんですね。」

 

 

こういった事からもわかる通り、やっぱり人間って聞いてもらうという事が一番気持ちが良いんです。

 

出世出来るサラリーマンは人の話をトコトン聞くんです。

そして、自分の話なんてほとんどしないんですよ。

私はこの人以外の時はかなり自分の事を話してしまうので、

ダメな方の出世しない方の人間なので治さなければいけないんですけどね

 

まあでも仕事自体がフリーでやっているので関係ないっちゃないんです。

 

 

人の話を聞きたくない、興味がないという人もまずは相手の話を聞いてみましょう。

 

これを続けていると、いつの間にか出世しているなんてこともあるかもしれませんよ。

 

 

会社で歯を磨かない

 

これも感じていた特徴なんですよね。

歯を磨くという行為が悪いといっているのではありません。

だって、綺麗に保つ事自体は良い事ですからね。

 

ただ、これが「会社で」という事になってくると、出世出来ないサラリーマンの仲間入りをしてしまうと思うんです。

 

 

歯を会社で磨くということは家を出る前に磨いてこなかった人ということ。

つまり自己管理が出来ない人という事なんですね。

 

これって本当に良くないことです。

 

本来、歯ってものは自分の家で磨いてくるものです。

それを会社でやっているなんて「生活がだらしないです!」って言っているようなものなんですよ。

また、会社に慣れすぎているという事もあると思いますね。

会社のトイレで歯を磨くってことは基本的には傍若無人な態度だと思っているんです。

 

新人は会社で歯なんて磨いていないんですよね。それがだんだんと会社に慣れてきてしまうと、

そんな事も考えずに会社で歯磨きをするようになるんですよ。

 

こんな自己管理の出来ない人間が出世するわけないんですよね。

だから、私は他の会社に早朝行く時には

歯磨きをしている社員がどれだけいるのか?という事を見るようにしています。

これによってその会社がどんな人なのか?ということもわかったりするんですよ。

 

 

腰が低い

 

これは本当に共通していることなんですよね。

私の知人がよくお客さんと接するような仕事をしているので聞いた事があるんです。

 

「その仕事やっていてなんか面白い事起こる?」って笑

 

そうしたら、まず最初にしたのは「よくナンパされる」だったんですけど笑

その次にきたのが

 

「お客さんと話せば、出世するかどうかわかる」って言うんですね。笑

 

私「ほうほう」ってなったわけです。

 

でまあ、聞いてみると、

 

出世するひとはみな「腰が低い」みたいなんですよね。

最初の受付の時から態度がデカいひとってその後来店してきて

最近どうですか?」って聞いても会社の愚痴しか出てこないらしいんですよ。笑

 

もちろん出世もしていないんですね。そして消えていくわけよ。

これは私自身も凄く感じていた事なんです。

 

腰が低くないひとって本当に大した人がいないんだなって思うんですよ。

自分を大きく見せてくるひとって最初は「凄いのかな?」って思うんです。

 

でも、だんだんと、

 

あ、別に何も凄くないなこの人!ってなることが多かったんですよね。

 

サラリーマンにとって出世というものは一番重要なものといってもいいでしょう。だからこそ頑張っているのでしょうからね。

そこで出世が出来ないのであれば、きっと何か問題があるんです。

 

 

最近はこんなサラリーマン出世本まで出て来ているのでなんか面白いですね。笑

 

そこまでして出世したい気持ちがまったくわかりません。

 

出世するサラリーマンになりたい、みたいな感情を私は持っていませんし、サラリーマンというレールからは外れてしまったので、イマイチわからないのですが、

出世したい人はいるはず。

 

そういう人はね、腰を低く、謙虚にね。

関連記事:企業の口コミサイトを利用すれば、ブラック企業は避けられる。

関連記事だよ