ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

妬みなんて一番無駄な感情です。

周りにこういうひといませんか?なんでもかんでも成功しているひととかお金を持っているひとを見ると妬んでしまうひと。

この性格が抜けないひとが世の中にはとても多いんです。例えば、良い会社にはいって給料が高い会社に勤めている友人がいたとします。

するともし、自分の方がはるかに給料が低かったらそのひとのことを妬んでしまいます。

なぜでしょう…

 

妬むということ

 

妬んでしまうまでの最初の要素自体は決して悪いことではないんです。なぜなら「妬む」ということは「うらやましい」ということでもあるからです。

でもなぜかこういう妬むひとたちは努力をしようとしないのです。

同じ大学を出ていても、給料の高い会社にいけるひととそうではないひとがいます。

 

でもそれって何かの差があったからですよね?そう、それはそのひとの努力です。

 

就職活動の練習をして、自分という人間と真摯に向き合った結果入社することができたのです。でも不思議なもので人間は結果だけを見ようとします。

 

でもそれで本当に自分のためになるのか?というと、私はまったくならないとおもいます。

 

誰でもお金ってものは好きですよ。でもそれは自分の努力でどうにでもすることができます。

それは株でも小売りでもなんでもいいですよ(私は小学校3年生くらいから株をやっていました笑)

儲ける方法ってのは自分が好奇心を持ってすればなんだって見つかるわけです。

 

よく、儲かる方法ってなんですか?とか聞いてくるひといますけどあれは間違っています。自分で考えなければなにも意味はありませんから。

 

孫泰三さんの話を知っていますか?

 

孫泰三さんは自分の会社をやっている時にどうしても乗り切れない局面がありました。そこで兄である孫正義さんに助けを求めたんです。

 

するとなんといったでしょう?

 

ビジネスはマリオと同じなんだ。ここで私が助ければ確かに次のステージにいける。でも、次のステージはさらに難しくなっているんだ。いまこのステージが乗り越えられないのに手を差し伸べるのはだめだ。

 

といったんです。

 

まさにその通りですよね。つまり自分自身の努力がなんでも大事ってことですよね。

 

妬みの感情が憧れの感情になったら変わる

 

妬むという感情は努力をせずにただうらやましく思う負の感情ですが、憧れとなると違います。いつかあのひとみたいになりたい!とかあのひとみたいに努力したい!って思う事なんです。

 

妬むのではなく憧れるようになるということがとても重要なんですね。

 

なぜか?

 

それは簡単な話でどれだけ熱量を持って自分の人生に向き合えるか?という事に関わってくるからです。

 

妬みの感情を捨てれば、どうすればあのひとに追いつく事ができるのか?ということを考えるようになります。

 

すると、いままで自分が考えもしなかったようなことを調べたり、実際に行ってみたりするわけです。そして、その努力がもしも実ればそのひとに追いついて、追い抜く事もできるかもしれません。こういう考えを持っていれば自分という人間を成長させることができるのではないでしょうか?

そして、それが自分の価値にもなってくるのではないでしょうか。

 

私は思います。

 

妬む人が減って、憧れを持って生きるひとがもっともっと増えたら嬉しいな。

関連記事:人生で本当に大切な事って何?

 

関連記事だよ