技術を持つひとが生き残る?

技術を持っているひとって素敵だなと思います。でも少し前までは技術ってあんまり重要視されてこなかったしオタクのやるものだと思われている節があったかと思います。

でも、これからの時代は違います。技術を持っているひとが生き残っていくんですよ。もしかしたらまだ気がついていないひとがたくさんいるかもしれません。しかし、時代は気がつかないうちに変わっていってしまっているんです。

今日はそんなことを書いていきたいと思っています。

 

なぜ技術が必要?

 

 

技術を持っているひとって一昔前まではそこまで注目されていませんでした。それこそプログラミングが代表されますよね。

 

昔はプログラミングをやる人と言えば、学歴が低い人というイメージを持っている人・オタクだというイメージを持っている人がほとんどだったかと思います。

でもこれからの時代って技術がないと生き残っていけません。

関連記事:ハッカーになろうと思うくらいならプログラミングを勉強しよう

 

なぜならこれからは会社がより小さな形になっていくからです。インターネットが普及してから、あらゆるものがインターネットにつながるようになりました。

 

いまは美容院でも農家でもインターネットと関わることが必須になってきました。でも、周りを見渡してみると実際、インターネットの中身を理解しているひとって少ないように思います。

「自分で更新は出来るよ!」ってひとはたくさんいるとおもいます。

 

でもその詳細をわかっているひとってとっても少ないのです。

 

これからはより世の中のあらゆるものがインターネットにつながっていきます!例えば最近だとIoTですよね!

IoTってわかりますか?

Internet of Things

 

つまり

 

「モノのインターネット」

 

ということです。

いまはモノにもインターネットがはいってしまうようになったんです。

冷蔵庫等の家電もそうですし、あらゆるものが本当にインターネットにつながっていくんです。

そして、今後は人工知能も発達していくでしょう。そうなったら怖いくらいに人間の必要性というところを考えることになります。

 

でもそれって逆に技術を持つひとが強い時代になるってことなんです。人工知能が発達しようが、コーディングの自動化が起きようが結局は人間の力でプログラムを考えることが求められます。

 

2020年からは小学生もプログラミングを学ぶことになりますよね。これを聞くだけでも怖いなって私なんかは思ってしまいます。

いまからでも全く遅くはありません。技術を身につけましょう。そしていまはHTML.CSSいったHPを作る言語だけわかっていても差別化にはなりません。

 

 

他の技術でも良い?

 

例えば別に美容師さんとかでも良いと思うんです。髪を綺麗に切れることだって立派なの技術です。絵を書く事だって技術です。楽器を弾けることだって技術です。

そういったひとってこれからどんな時代になろうとも強く生き残っていくのだろうなと思います。

 

世の中のあらゆる技術者はいまの給料の低さのみを見てしまいますが、そこはそんなに気にしなくても良いのではないかと思います。

関連記事:プログラミング初心者がやるべき事

 

独立のための準備と捉えても良いですしね!

私たちは企業に属していたら自動的に給料がでてくる、つまりよくわからないけどお金がでてくる状況に陥っているのです。

そうするといつのまにかお金の出所を忘れてしまいがちですがすべては社員が作りだしたものなのです。

とあるIT系の会社のCTO(技術で一番偉い人)が

 

「うちを退職するときに2~3社が拾ってくれるような人材になれ!」

 

ということをおっしゃっています。

本当にこの通りで、会社に所属しているとその会社でしか通用しない能力に偏ってしまいがちです。しかし、世の中は常に変動しており、働いているひともずっと同じところにいるとは限らないのです。

 

そういった時に技術を持つ人材であったら一番良いなと思うのです。何かひとつ極めたひとって本当に凄いしこれからの時代も生きていけると思いますよ。

 

何でも良いです。なにか一つ極めましょう。

技術を持つひとが生き残る? (1)