ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

シンガポールのチャンギ空港でご飯を食べたら超最先端だった。

シンガポールの空港はチャンギ空港という空港なのですが、

この空港が結構大きくて楽しいんですよね。

 

海外からの帰りに少し早めに空港に着いて、

空港でお土産を買ったり、ちょっとのんびりしたりするのを結構楽しみにしているんですが、

チャンギ空港はすごいハイテク技術が進んでいて、とても楽しかったのでちょっとレポートしてみたいと思います。

 

並ばなくていい食堂

 

一番感動したのが、

保安検査を通過したあとにある食堂なんです。

 

syokudou

 

この食堂では食堂の入り口にタッチパネルがあって、

そこで全てのお店の注文ができるようになっています。

 

paneru

ここの支払いはクレジットカードのみになっています。

 

現金の場合はそれぞれお店の窓口に行く感じかな…?という雰囲気でした。

 

キャッシュレス化が遅れている日本ではちょっと考えられないことですよね…

日本もこうなればいいのになぁ。

 

shop

タッチパネルでは、メニューを色々なお店から選べるようになっています。

ヌードル系もあれば点心系もあるし、英語だと何が書いてあるかわからないけど、写真もついてるので困りません。

 

選び終わったらお会計をパネル下の機器を使って、クレジットカードで行います。

 

kurekakessai

便利だ〜

 

夜少し遅かったのもあるかもしれませんが、誰も並んでいませんでした。

混雑する場所で会計を自動化すると、こんなにスムーズになるんだなぁと思って感動しましたね〜

 

決済が終わるとレシートが出てきます。

orderno

ここにオーダーナンバーが書かれているので、この番号が表示されたカウンターに食事を取りにいくだけ。

bangou

お店はカウンターごとに分かれているので、

もし複数のお店で注文する場合はそれぞれお会計をしなくてはいけなくなりますが、

それでもキャッシュレスなのでそこまで面倒ではありません。

chickenrice

せっかくのシンガポール最後の食事だったのでチキンライスにしました。

シンガポールのショッピングモールなんかより結構安めなのに美味しかったです。

 

シンガポールはマクドナルドもタッチパネルだったし、

全体的にこういう効率化みたいな方面が明るい気がします。

関連記事:シンガポールでマクドナルドに行ったら安心する安定の味だった

 

食事処がたくさん

 

ちなみにチャンギ空港自体はとても広くて

食事処がたくさんありました。

 

日本食も結構あって、中にはお好み焼き屋さんがあって心が揺れました笑

 

でもこれから日本に帰るのに日本の食事をしてもなぁと思いなおし、

最後はチキンライスに落ち着きましたが笑

関連記事:シンガポールの伝統的朝食、カヤトーストを食べてみた!

 

スカイビューは全然ビューできない

 

チャンギ空港内で「スカイビュー」と書かれていたところがあったので

時間もあるしちょっと行ってみたんですね。

 

そしたら、こんな感じでした笑

 

sky-view

 

誰もいない、あんまり外は見えない笑

 

他にも何人かつられて一緒にきてた人がいたんですが

みんな「なんだこんなもんか」となっていました笑

 

でも、一人で静かにしたい、という時はこの空間いいかなと思いましたね。

 

チャンギ空港は広いですしお土産も売っているところがたくさんあるので

早めに行って、まったりするのがおすすめです。

関連記事:シンガポールからバスでジョホールバルへ!行き方と注意点を紹介。

 

では今日はこのあたりで。

 

関連記事だよ