ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

シンガポールのマリーナベイサンズ、スカイパークに登ってみた!

シンガポール、といえば

屋上についてるでっかいホテル、マリーナベイサンズ!を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

singapore

このスカイパーク、実は入場するのにチケットが必要で

大人一人23シンガポールドル必要になります。

日本円で約1850円くらいですね。(2018年9月現在)

 

でも私はここに何度か行っているんですが、

一度もその料金を払ったことがないんですよね。

 

今回は裏技も含めて紹介していこうと思います!

 

スカイパークへの行き方

 

マリーナベイサンズのスカイパークへの行き方ですが、

まずはMRT(電車)でベイフロント駅まで行きます。

 

駅から直結でマリーナベイサンズに入ることができ、

奥の方にあるタワー3のエレベーターで57階へ上がったところがスカイパークとなっています。

関連記事:シンガポールの伝統的朝食、カヤトーストを食べてみた!

 

チケットカウンターに強そうなお兄さんが…!

 

チケットカウンターのところには、混んでいる時は行列ができています。

 

みんなチケットをここで購入して、エレベーターに登ってスカイパークへ行くんですね。

 

チケットカウンターの前には強面のお兄さんが立っており、

そこを突破するのは難しそう…

 

ただ、スカイパーク内にあるバーやレストランを利用するのであれば、

チケットは必要ありません。

 

実はこれが抜け道になっていて、

チケットカウンターのところで「バーに行きたいんだけど!」というと、快く通してくれてエレベーターに乗れるんですよね笑

 

特に上でバーにちゃんと行ったかどうか確認されたりもしないので、この手は有効です。

 

もし上で何か注文しなくてはいけないような事態になってしまったとしても、

バーでドリンク一杯注文するだけ、とかでもいいので、

確実にスカイパーク入場料の23シンガポールドルよりは安く済むと思います。

 

正直なんどもこの方法で抜けられているので、あまり厳しいチェック体制とは言えません笑

関連記事:シンガポールのホテルmiに泊まった感想と利便性とか書いてく

 

スカイパークからの眺め

 

いざ、マリーナベイサンズのスカイパークからの眺めがこちら…!

 

skypark1 skypark2

シンガポールは割と夜遅くても街全体が明るいので、

ここを訪れた時ももう21時くらいだったんですが、綺麗な夜景が見られました。

 

シンガポールと言えば!というくらい象徴的な場所なので、

シンガポールに行った際は一度は訪れてみてほしいなと思います。

関連記事:シンガポールという国の特徴とは?

 

プールは宿泊客じゃないと見られない

 

ちなみにスカイパークはあのマリーナベイサンズの屋上にあるプールに繋がっているのですが、

スカイパークからプールの入り口へと入るところはゲートで仕切られており、宿泊客しか入れないようになっています。

 

これはもう裏技とかはありません笑

 

プールからガウンを羽織ってスカイパークを見にきている人も結構多いので

いろんな意味でバブルの香りがします…!笑

 

一緒に取材に行った女性は「なんか…パリピや…」と行っていました…

確かに普段黙々とブログを書いているような私にとっても、ちょっと馴染めない場所でしたね。

 

お金持ちって…こんな感じか…と、呆気に取られてしまう感じです笑

関連記事:シンガポールであれば、ひとり旅で女性が行っても大丈夫。

 

スカイパーク

営業時間

月~木曜: 9時30分~22時
金~日曜: 9時30分~23時

※プライベートイベントの開催により、展望台は一定の期間または時間閉鎖することがあります。

 

料金

大人23シンガポールドル
子供17シンガポールドル(2歳~12歳)
シニア20シンガポールドル(65歳以上)
2歳未満のお子様は入場無料

関連記事だよ