仕事が決まらない、という人の特徴を面接する側がまとめてみた

どんなにたくさん面接や採用試験を受けていても、なぜか仕事が決まらない、という人いると思うんですね。

 

どうして仕事が決まらないのか、本人で考えても答えがでない時があると思います。

 

仕事上、人の採用をしたりすることがあったのですが、

採用する側の目線で、どういうポイントで「この人はやめておこう」と思ってしまうのか、ということを書いていきます。

 

色々なところをすぐに辞めている

 

まず、採用のための面接をする時は履歴書を出してもらうのが一般的だと思うんですが

その履歴書にものすごい職歴を書いてくる人がいますよね。

 

なぜか職歴がたくさんあることがステータスのように感じているのかもしれません。

 

確かに色々なキャリアがあることは良い事かもしれませんが、たくさんの仕事をしていて、どの職場も短期間で辞めていたり

色々な職場を転々としすぎていると「この人自身に何か問題があるのかな」と思ってしまうものです。

 

あまりに職歴が多すぎるなら、多少は間引いて、もしくは直近のものだけ書く、などで良いと思います。

関連記事:大企業の最終面接を受けてみた話。

 

暗い

 

雰囲気が暗い人とは誰も一緒に働きたいとは思いません。

一緒にいて明るくなるような雰囲気の人がいいです。

 

確かに自分の就職がかかっている面接だと緊張する事もあると思いますが

それにしても暗い雰囲気が出過ぎていると、「一緒に働いたら暗い気持ちになりそうだな」と思ってしまうものです。

 

採用される、というのは「一緒に働きたいと思ってもらえる」ということと同義なのです。

関連記事:暗い人と一緒に仕事をしたら自分も精神をやられるから気をつけろ

 

印象があまり良くない

 

特に営業などの外回りがあるような仕事の場合は

その人の第一印象も採用の時に見ています。

 

第一印象が悪い人は、クライアントに会わせるとマイナス効果を生むこともありますので

やっぱり外回りがある仕事の場合は第一印象が良い人を採用したいと思うものです。

 

自分の第一印象に自信がなかったり、あまり人とコミュニケーションをするのが得意ではないのであれば

外回りがなさそうな仕事を選んで受けてみた方がいいと思います。

関連記事:面接がボロボロでも内定をもらえるときはありますよ。

 

会話のキャッチボールができない

 

こちらが聞いたことに対して、的確な答えが返ってくるかどうか、というところも面接でみているポイントです。

 

聞いた事に対して見当はずれな答えが返ってきたり

しっかり会話のキャッチボールができない人は、教育をしていくことが難しいと思ってしまうので

採用したいとは思えないんですよね。

関連記事:就活でメンタルをコントロールするために私がやっていた事。

 

個性がない

 

職種にもよりますが、たくさんの人を面接する場合はやっぱり個性的な人の方が印象に残るものです。

 

個性がある人の方が一緒に働いて楽しいとも感じられるでしょうしね。

 

当たり障りない回答だったり、「この人でなければ」というものを感じられないようだとなかなか採用したいとは思えないものです。

倍率が高いところなら特にそうでしょう。

関連記事:「仕事選びに失敗した」と思っている人の方が多いよ。

 

時間にルーズ

 

面接の時点で遅刻をしてきたり

あまりにもギリギリにきたりする人は、一応きてくれたら面接をしますが

その時点で落とそうと思っていることが多いです。

 

面接というのは一番最初に会う機会ですから、そこに遅刻してくるようだと

実際に入職してからも時間にルーズなんだろうな、と思ってしまいます。

 

もちろん電車が遅延していただとか、道に迷っただとか

何かしらの理由があったら仕方ないと思えるのですが。

 

とはいえ、少し早めについておくのがマナーかな、と思います。

関連記事:内定が欲しいなら違うアプローチをしてみる

 

志望動機に説得力がない

 

どんな面接でも志望動機は聞かれるものだと思うのですが

その志望動機が曖昧だったり、説得力に欠けるものだと、「うちの会社である必要性はあまりないのかな?」と思ってしまうんですね。

 

そういう人はせっかく採用しても仕事が続かないことが多いので

やっぱり採用するなら何か想いがあって会社を受けてくれる人の方を優先するのは当たり前の話です。

関連記事:面接で採用したいと思う人の特徴

 

言葉遣いがよくない

 

言葉遣いというのはその人の性格が表れるもので

やっぱりビジネスシーンなので、おかしな言葉遣いをしていたりすると、業務だけでなくそこまで教育していかなくてはいけないのか、と思ってしまうので

特に即戦力が欲しい企業なんかはやっぱり採用しづらいと思います。

 

こういったことは本を読んだりネットで調べるだけでもある程度調べることもできます。

もしくは自分の身内に聞いてみる、とかでもいいでしょう。

 

やはり仕事をするのに必要な最低限のマナーは求めてしまいますね。

関連記事:試用期間中にクビになった友人と話していて思った事。

 

ということで仕事が決まらない人の特徴を採用する側の目線でお話ししてみました。

では今日はこのあたりで。