ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

台湾に行って鼎泰豊(ディンタイフォン)本店で小籠包を食べてみた

日本にもいくつか店舗がある小籠包が美味しいお店、鼎泰豊(ディンタイフォン)。

 

もともとは台湾のお店ですが、最近はアジアの各国で支店を見るようになりましたね。

 

今回はせっかく台湾に遊びに行ったので、有名なディンタイフォンの本店に遊びに行ってみ見ました!

本店にしかないメニューなどもあるそうで、やっぱり台湾に行ったら本場の小籠包を食べたいところです。

 

ディンタイフォン本店へのアクセス

 

ディンタイフォンの本店はMRTの東門駅、という駅にあります。

tonmen

この東門駅というのは見所も結構ある駅で、周りには日本でもおなじみのお店が結構あります。

yosinoya

これには吉野家が写っているんですが見えますかね。

日本の牛丼屋さんは台湾でも人気のようです。

 

台湾のMRTは日本人でもわかりやすいので、観光の際はぜひたくさん使ってください。

近場の駅はほとんど大人一人20元(日本円で約80元)で行くことができるので、交通費もあまりかかりません。

関連記事:台湾で電車(MRT)に乗ってみた!乗り方と注意点について。

 

ディンタイフォン本店はすごい混んでる!

 

平日昼間、少し時間をお昼時をずらして14時半頃に行ってみたのですが、

それでも15分ほど待ちました。

 

misesaki

 

店先でお姉さんに人数を伝えると、

番号札、写真付きのメニューと注文表を渡してくれるので、これに注文する数を書き込んでいきます。

番号札は呼び出しがあるのと、店先のディスプレイでも今何番の人が呼ばれているのかということをチェックすることができます。

 

denpyou

これを書き込みながら待っていると、呼ばれるのですが

日本人の場合は日本語でも呼んでくれます。

 

ディンタイフォンの本店の人は英語も日本語も喋ることができる人が多く、

さすが、っていう感じでサービスもいいです。

 

現地の人に聞いたら、いつ来ても混んでる、ということでした。

現地でも人気のお店なんですね。

 

ファミリー層も多く、3階まで席があるので、回転率はいいみたいでした。

待っている人も多いけど、出てくる人も多い、という感じですね。

関連記事:台湾の九份で千と千尋の神隠しの舞台を堪能!可愛いお土産も。

 

本場の小籠包と本店の味を堪能

 

syouronnpou

 

ディンタイフォン本店の小籠包!

東京にもあるディンタイフォンとはいえ、やっぱり本場の小籠包は美味しく感じます。

 

一緒につけて食べるタレと刻み生姜も最高ですね。

生姜はなくなるとすぐに「おかわりしますか?」と店員さんが言ってくれます。生姜食べ放題。

 

kusinsai

 

空芯菜の炒め物も頼んでみました。

ニンニクがきいているのに不思議と口が臭くならない。

油も結構使っているはずなのに胸焼けせず、むしろさっぱり食べられる。

付け合わせにおすすめです。

 

ebi

本場の点心は何を食べても美味しいですね。

エビシュウマイも美味しかったです。

 

ちなみにこういった点心系は5個か10個の単位で頼むことができます。

少人数で行っても安心ですね。

 

ebiwantan

 

ピリ辛湯でワンタンというメニューなんですが、スパイシーなのが苦手でなければぜひ食べて見て欲しいメニューです。

 

ピリ辛なのでそこまで激辛ではないです。

辛いのはそこまで得意なわけではないですが、私も美味しく食べられる辛さでした。

 

ほんのり八角もきいていて美味しいです。

 

tya-han

チャーハンもパラパラで美味しかったです。

やっぱりお米は頼んでしまいますね。

 

何を食べても美味しかった〜。

二人で行ったのにかなり食べてしまいました。

関連記事:台湾の淡水をブラブラ歩いてみた。

 

価格帯は?

 

これだけ頼んで二人とももうものすごくお腹いっぱいだったのですが、

気になるお会計は…

kaikei

サービス料が10%ついて全部で962元!

日本円で二人で3700円くらいですね。

 

お腹いっぱい現地の小籠包を堪能することができて一人あたり2000円いかないならかなり良いお昼だと思います。

ただ現地の感覚からいうとちょっとお高めなのかな。

 

台湾は男性の平均月収が3万元くらい(日本円で11万円前後)なんです。

なのでリッチなお昼と言えるでしょう。

 

dintaifon

ディンタイフォンのキャラクターなのかな。

店先にいるので良い目印になります。

 

東門駅は周りもオシャレな雑貨屋さんやカフェがたくさん立ち並んでいて面白い駅なので

ディンタイフォンでお腹を満たしたら周遊してみると面白いと思います。

 

negi

近くに葱餅というものを売っている路面店もあります。

これがまた日本では食べたことがない味で、餅なんですが周りはカリッとしていて、味は葱の香ばしい香りのお餅。

 

ずっと行列ができています。

結構おすすめなのでこちらもぜひ覗いてみてください。

関連記事:台湾の三峡老街が観光におすすめ、牛角パン(金牛角麺包)を食べてみた!

 

葱餅のお店へのアクセスはこちら

関連記事だよ