ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

台湾のギャラリーホテル(麒麟商旅)に泊まってみた!

台湾に旅行に行った際にギャラリーホテル(現地名は麒麟商旅)に宿泊したので、

ホテルについて、感想を書いていきたいと思います。

 

エントランスが綺麗

 

初めての台湾旅行だったので、四つ星ホテルとはいえ、どれくらいの綺麗さなのかちょっと不安に思っていたんのですが、

ホテルは外観も綺麗で、結構テンションが上がりました。

 

gyarari-

入り口も重厚感がありますね。

 

enntorannsu

 

エントランスは落ち着いた色調でまとめられており、

大きなソファもあって、ゆったりとしています。

 

これらのエントランスロビーにあるテーブルが朝食をとる時のテーブルになります。

 

思ったよりも綺麗な感じでよかったです。

ホテルのスタッフの方も優しい方ばかりでした。

 

ホテル内ではWi-Fiも無料で使えるようになっています。

関連記事:LCCのスクートに乗って台湾へ!安全?サービスは?口コミを書いてみる。

 

トイレのウォシュレットが嬉しい

 

toire

 

ギャラリーホテルの何が嬉しいって、全室ウォシュレット付き、ということなんですよね。

 

海外旅行に行く時にトイレ事情が気になる人は多いのではないでしょうか。

 

台湾は外出先でトイレに行こうと思ったら、まずウォシュレットはありません。

なのでホテルだけでもウォシュレットが付いていてくれるのは本当にありがたかったです。

 

ただギャラリーホテルは拭いたトイレットペーパーをそのまま流してはいけないようになっています。

トイレ脇に置いてあるゴミ箱に入れなくてはいけないんですね。

 

最近はトイレットペーパーを流せるホテルも増えてきているそうですが

古いホテルだとまだまだこの風習が残っているそうです。

 

そこだけはちょっと難点。

やっぱり日本のトイレに慣れていると、臭いとか衛生面が気になってしまいますよね。

関連記事:台湾に旅行に行く際に注意したい現地のトイレ事情

 

お風呂とシャワーは別

 

全室そうなのかはわからないんですが、私が泊まった部屋はシャワーとお風呂の浴槽が別々になっている作りでした。

 

syawa- yokusou

 

シャワーを浴びてから浴槽でゆったりお風呂に入る、という感じですね。

多少使いづらい感じはしましたが、浴室は綺麗ですし、広いので、満足度は高いです。

関連記事:台湾の寧夏夜市に行ってみた!グルメと文化を感じる夜の街。

 

朝食ビュッフェ

 

朝食はビュッフェスタイルになっていて、結構楽しめます。

byuffe tyousyoku

朝食でおかゆが食べられるのが嬉しかったです。

スパイシーなお料理がやっぱり多いので、朝食でおかゆを食べられるとちょっとほっとしますね。

 

しかし調子にのって取りすぎてしまいました。

ついついビュッフェスタイルだと取りすぎてしまいます笑

 

ここで朝食を食べていて一番びっくりしたのは、テーブルが4人席だったのですが

普通に知らない人が相席してくる、ということです。

 

台湾や中国の人は相席するのが結構普通らしくて

しれっと同じテーブルに座ってくるんですよね。

 

日本だったら「この席良いですか?」みたいな一言があると思いますが

ごくごく自然にしれっと座ってきます。笑

 

そこで会話を楽しんでいる方達も多かったので、文化だなぁと感じましたね。

ホテルの朝食がかなり混んでいたのもあると思いますが。

関連記事:台湾の鶯歌は陶磁器が有名な街。散策してみた。

 

アクセスが少し悪い

 

ギャラリーホテルなかなか快適なホテルなのですが、一点だけ、アクセスが悪いというのが難点です。

 

最寄りの駅は昆陽駅になるのですが、昆陽駅は歩いて15分ほどかかってしまうんですよね。

 

コンビニは近くにあるので良いのですが、

近くにこれといったレストランがないというのがちょっと残念です。

 

私が近場で探してとても良かったのが、お隣の南港駅にあるマリオットホテル内の中華「粵亮」でした。

tensin1

タクシーですぐに行くことができますし、台湾のタクシーは比較的安全なのでぜひギャラリーホテルに宿泊した際は行ってみてください。

とても美味しかったです。

関連記事:台北のディナーにマリオットホテルの「粵亮」がおすすめすぎる

 

では今日はこのあたりで。

関連記事だよ