ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

台湾に旅行に行く際に注意したい現地のトイレ事情

海外旅行に行く時に結構気になるのが、旅行先現地のトイレ事情なのではないでしょうか。

 

毎回海外旅行に行った時に、結構困ることなんですよね。

 

あまり肌が強くない人は、海外に行く度に現地のトイレ事情に翻弄される、何て事もあると思います。

今回は台湾のトイレ事情について解説してみたいと思います。

 

基本流さない

 

台湾は中国文化なので、基本的にトイレで拭いたあとのトイレットペーパーは便器に流してはいけない決まりになっています。

 

ほとんどのトイレがそんな感じなので、便器横にゴミ箱が置いてあって、そこにみんな拭いたトイレットペーパーを捨てています。

 

なのでトイレが臭うところが多くて…

台湾を観光した時に辛い、と感じるポイントですね。

 

比較的新しいホテルや建物についているトイレの場合はそのままトイレットペーパーを流していいところもあるのですが、

その場合はきちんと表示が書いてあると思います。

 

基本的には流しちゃいけなくて、それを繰り返すとトイレが詰まってしまうそうなので

郷に入っては郷に従え、なるべく現地のルールにしたがって用を足すようにしましょう。

関連記事:台湾の淡水をブラブラ歩いてみた。

 

ウォシュレットはない

 

ちなみにウォシュレットはないところがほとんどです。

 

お尻が弱くてウォシュレット必須の方はボラギノールを持って旅行に出かけましょう。

一応台湾のドラッグストアでは日本製品もたくさん売っているので、緊急の時は現地でも調達することができると思います。

 

店員さんも日本語が通じる人が多いので買い物はしやすいでしょう。

 

ちょっと良いホテルに泊まることができるとウォシュレットがついているところもあります。

私は台湾に行った時はギャラリーホテル(麒麟商務会館)に泊まったのですが、そこはTOTOでウォシュレット付きの保温便座でした。

gyarari-

日本のトイレが当たり前になっている私たちにはありがたい設備です…

関連記事:海外旅行にツアーで行くメリットもあるけどしんどい事が多い。

 

街中に公衆トイレはあるけど…

 

観光しているとどうしても外出先でトイレに行きたくなることもありますよね。

私も鶯歌という陶器が有名な街を散策している時に、どうしてもトイレに行きたくなって、街にあった公衆トイレを探してみました。

 

台湾の場合は街中でもトイレは見つけられるのですが、ちょっと怖い雰囲気です笑

 

toire

 

近づいてみると、トイレの中には電気がなく、夜だったら絶対近寄ることができないような感じ…

 

toire2 toire3

 

でもどうしてもトイレに行きたくて勇気を出して入ってみました。

 

toire4

 

やっぱり真っ暗だ…怖いよ…

 

当たり前のように臭いですし、トイレットペーパーもなく。

ウェットティッシュとポケットティッシュは必需品だなと感じましたね。

 

鍵も壊れていたので、用を足している間は家族に見張っておいてもらいました。

夜だったら絶対に使えないトイレだ…怖すぎる。

関連記事:台湾の鶯歌は陶磁器が有名な街。散策してみた。

 

駅にはトイレがある

 

ちなみに台北市内を走っているMTR(電車)の駅には大体トイレがあります。

 

ゲートをくぐらないと使えないトイレが多いですが、

中には電車に乗らなくてもトイレを使える駅もあるので、もし外出先でトイレに行きたくなったら、近くの電車の駅に入って探してみるのが早いかもしれません。

 

なかなか海外だと日本のように「ここにはトイレがありそうだな」という判断はできないものですよね。

関連記事:台湾の三峡老街が観光におすすめ、牛角パン(金牛角麺包)を食べてみた!

 

トイレ事情に十分気をつけて、台湾の旅行を楽しんでください。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事だよ