大学の勉強がつまらない人へ、授業の取り方のコツ

小学校、中学校、高校、大学、と勉強をしてきて、

結局一番楽しく勉強することができたのが大学での勉強でした。

 

人から見たらサボってばかりいてあまり勉強してないように見えたかもしれませんが、

大学でした勉強というのは今でも思い出せることが多いです。

 

でも実際に大学生と話してみると、大学の勉強を何のためにしているかわからない、

大学の勉強に意味があるのかわからない、というような悩みを持っている人も多いんですね。

 

そんな悩める大学生のために、大学の勉強を楽めるような授業の取り方のコツについて紹介したいと思います。

 

受験のためじゃない勉強

 

大学の勉強を私が純粋に楽しめたのは、大学の勉強が受験のための勉強じゃなかったからなんです。

 

私は中学も高校も受験をしてしまったので、勉強というと常に受験を意識した勉強だったんですよね。

 

こういう問題が出やすいからその傾向に合わせて勉強する、みたいな。

 

しかし受験勉強というのは、本当に受験のための勉強であって

社会に出てから役立つ知識というのはあまりないように思います。

 

つまり自分の生活にあまり役立つ内容ではないのに、強制的に勉強させられるからこそ、勉強が楽しくなかったんだと思うんですね。

 

しかし大学の勉強というのは誰かに強制されてやるものではありません。

確かに必修科目とかはあるので面倒なところもあるとは思うのですが、

それ以外の科目は自分で自由にとることができると思います。

 

強制的にやる勉強でもないし、何かの目標があってやる勉強でもないから、

楽しい授業に出会うことができれば一番勉強を楽しいと思えるのが大学での勉強なのではないかなと思います。

関連記事:大学生からお金を稼ぐ練習をした方が良い。

 

何にもならなくていい、と思って取る

 

大学の勉強は受験のためにやる勉強でもないですし、

何の目標があって勉強するわけでもないと思うんですね。

 

だから授業をとる時も、あまり難しいことを考えずに、

「自分のタメになりそう」とかではなく「自分が直感的に面白いと思えるかどうか」で授業をとった方がいいと思います。

 

別にその授業で学んだ知識が、のちのち自分の役に立たなくてもいいと思うんです。

 

それくらいフランクな気持ちで授業をとることができた方が

面白い授業に辿りつくことができると思いますよ。

 

ニッチな授業ほど、教授がこだわりをもってずっと続けている授業だったりすることも多いので

素敵な教授に出会える可能性が高くなります。

 

結局大学の勉強が社会に出て役だったか、というと首をかしげてしまう私でも

やっぱりそうやって直感的に選んだ授業は楽しむことができましたし、今でも教授とご飯に行ったりすることがあります。

 

生徒数が少ないと教授とご飯、なんてことも在学中からあるものですからね。

関連記事:就職のための大学進学って間違っていると思う

 

興味がない授業はテキトーに。

 

大学にはいろいろな授業がありますから、やっぱり「とってみたら全然面白くない授業だった」ということもあるでしょう。

 

そういった時は、思い切ってその授業は捨ててしまって、サボる、というのもてだと思うんですよね。笑

 

単位なんていくらか落としても問題ないです。

卒業できないレベルで単位を落とす人というのは、そもそも大学を卒業する気がない人たちで

計画的に単位を落とすことができれば卒業が危うい、なんてことは日本の大学ではそうそうないですよ。

 

大学院まで行くと変わってきますが、大学なら大丈夫です。

 

つまらない授業を我慢して受けるよりも、「この授業は面白くないな」と思ったらもう切ってしまった方がいいでしょう。

その時間はまた別の勉強なり、自分の好きなことに割いた方が、自分のためにもなります。

関連記事:大学生活で後悔している事を書いていく。

 

授業の情報をある程度調べる

 

学校にある程度慣れてくると、どの授業が面白いだとかどの先生がつまらないだとか、そういった情報がどんどん入ってくるようになるでしょう。

 

そういう情報も踏まえた上で、

それぞれの授業については単位をとる時に内容を調べることができるでしょうから

「誰々と一緒だからとる」とかではなく、その授業の内容を見て授業をとった方がいいと思います。

 

私は座学だとどうしても眠くなってしまって、よっぽど面白い先生じゃないとずっと起きてることができない学生だったので

実技を中心に授業をとっていました。

 

座学でも、自分の興味がある内容が出てくるものをなるべくとるようにしていたので

大学の授業が楽しく感じられたのかもしれません。

関連記事:大学生の悩みで多い事。

 

大学つまらないなら辞めてもいいと思う

 

それでもどうしても大学の勉強もつまらないし、大学に楽しみを見つけられない、というのであれば

無理に大学に通い続けなくてもいいと私は思っています。

 

学歴社会の風潮がまだまだ色濃く残っていますが

これからデジタル化の波で、この風潮もどんどん消えて行くでしょう。

 

スキルを持っている人が学歴に関係なく仕事をすることができる社会になっていくはずです。

 

だからこそ、世間的に必要とされている「学歴」ではなく

自分が自分の好きな仕事をしていくために必要な「スキル」を考えて、世間一般の常識から外れたとしても

自分の考えを追求した生き方をしてほしいなと思います。

 

結局大学を卒業した私は今、学歴とは無縁の世界でフリーランスとして働いていますからね。

関連記事:【高学歴プア】学歴の関係ない社会がすぐやってくる

 

では今日はこのあたりで。

daigaku