ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

ハワイに行ったら時差ボケが辛くてきつい思いをした。対策は?

先日初めてハワイに遊びに行ったのですがハワイにいて一番つらかったのは時差ボケでした。

ハワイは時差ボケが出やすい国だと言われています。

 

せっかく海外旅行に行くのに時差ボケが出てしまうとどうしてももったいないと思ってしまうものですよね。

 

実際に行ってみて感じたハワイ旅行の時差ボケ対策についても書いていきたいと思います。

 

日本とハワイの時差

 

日本とハワイの時差はマイナス19時間です。

例えば日本が2日の朝10時なのであれば、ハワイは1日の15時。

 

計算するには日本時間にプラス5時間して1日日付を戻せばハワイの時間になります。

ハワイにいるときはハワイの時間からプラス5時間して1日日付を進めます。

 

マイナス19時間と言うとかなりの時差に感じますが実際のところは時間の差は5時間なのでそこまで時差ボケしそうだ、とは思わないかもしれません。

 

しかし結構ハワイの時差ボケはきついです。

関連記事:ハワイに旅行に行く前の準備と注意点!買っておくものは?

 

ホノルル行きの飛行機は夜発が多い

 

ハワイに行くためのホノルル行きの飛行機というのは、だいたい日本の夜発の飛行機が多くて、

行きは少し気流の関係で早くなるので6時間半ほどでハワイに着きます。

 

つまり夜に出発して朝に着くので行きの飛行機でしっかりと寝ることができれば時差ボケもあまりひどくなりません。

 

また腕時計をしている人が多いと思いますが、飛行機に乗った段階でハワイの現地時間に時計を合わせておくと

ちょっとした時間を確認する時に「今現地はこれぐらいの時間か」と感じることができるので時差ボケ防止になります。

 

ただ飛行機の中でぐっすり寝るというのは難しくて、

さらにホノルル行きの飛行機は乗って1時間ほどすると機内食が出る場合が多いので、実際にはなかなか寝られない人の方が多いと思います。

 

なるべく快適な環境で飛行機の時間を過ごし、寝る努力はするようにしましょう。

関連記事:海外を飛び回る仕事って結構大変だなと思うんですよね。

 

ホテルのチェックインは15時がほとんど

 

日本からホノルル行きの飛行機に乗ると、ハワイに着くのが大体朝8時や9時、ということも多いですが

これって日本の時間で言うと夜中の3時過ぎぐらいなんですよね。

 

結局体的には徹夜みたいな感じになってしまいます。

 

さらにホテルのチェックインは15時であるところがほとんどなので、ハワイについてもホテルの中に入ることはできません。

もちろん荷物を預けておくことは出来るのですが、部屋には入ることができないので仮眠をとることができません。しんどいです。

 

ダメ元で13時半くらいにホテルにチェックインに行ってみたのですが運がいいことに部屋に入ることができました。

 

朝8時や9時の時点でホテルにチェックインしようとすると「15時からじゃないとだめだよ」と言われちゃうかもしれませんが

1時間2時間くらい早めにチャレンジしてみるのはアリだなと思います。

 

チェックインするまでは体は徹夜明けのような形になってしまうので、

喫茶店に入るなりレストランでご飯を食べるなりして、観光しようとせずにあまり体を動かさないでゆっくりする方が良いでしょう。

 

私は体調が良くなかったのでレストランに入ってご飯を食べましたが半分も食べることができず、テイクアウトにしてもらいました。

 

ハワイでは外食した時に食べきれない分はテイクアウトにしてくれるところが多いです。

このテイクアウト文化は助かりました。日本でもぜひやってほしい。

関連記事:ハワイの物価高すぎ!旅行に行く際の予算はどれくらい?

 

なるべく夜更かししない

 

チェックインしてから多少仮眠をとって、夕方には活動を開始した方がいいでしょう。

そのまま眠ってしまうと夜眠れなくなってしまってさらに時差ボケがひどくなってしまいます。

 

1、2時間仮眠をとったらホテルの周りなどを散策してみると良いでしょう。

 

夜はなかなか眠れないかもしれません。

私もハワイに着いたばかりの頃は現地時間の夜中の3時ぐらいまで眠れなかったです。

 

ただハワイを満喫したいのであればなるべく早く寝た方がいいでしょう。

なので仮眠後は夕方から体を動かしてある程度疲れさせておくといいと思います。

関連記事:ハワイのバスに乗るのが難しかった!乗り方と注意点

 

ハワイ初日は時差ボケで潰れる

 

大体ハワイの初日は時差ボケで潰れると思った方がいいでしょう。

 

そもそもハワイは観光というよりもバカンス要素が強い場所で、

どこかに出かけて何かを見るとかではなくビーチでのんびりするのがお勧めの場所です。

 

あまり活動的に「せっかくハワイまで来てるんだからいっぱい観光しなきゃ」と構えすぎずに

初日は時差ボケで潰れるのが普通だくらいに思っていた方が良いと思います。

関連記事:ハワイのトイレってどんな感じ?足下見えすぎ事件

 

帰りの飛行機は起きてた方がいい

 

ちなみにハワイからの帰りの飛行機はハワイの朝発が多く、日本時間の15時ぐらいに着く便が多いです。

 

帰りは行きよりも少し飛行時間が長くなって8時間くらいになります。

 

帰りの飛行機でたくさん寝てしまうと日本に帰ってから夜眠れなくなってしまうので、できれば帰りの飛行機はきちんと起きているようにした方が良いでしょう。

 

日本に帰ってからは時差の関係で早めに眠たくなると思うのでハワイから帰ってくると生活習慣がいくらか改善されるような気がします。

関連記事:海外旅行にWi-Fiを持って行くべき理由。

 

ということでハワイの時差ボケがどれだけ辛いかというのと、その対策についてお話ししてみました。

では今日はこのあたりで。