ハワイのクアロアランチでバギーに乗ってみた!絶景かよ!

ハワイのホノルルに観光に行ってきたのですがオプショナルツアーは自分で予約してクアロアランチにも足を伸ばしてみました。

 

雄大な自然の中を様々なアクティビティで冒険しながら楽しむことができるクアロアランチのオプショナルツアーが最高におすすめだったので

そのおすすめポイントを紹介していきたいと思います。

 

オプショナルツアーはネットで予約

 

ハワイへは飛行機と宿泊だけがついているスケルトンのツアーで行ったので滞在地は全て自由行動というツアーでした。

なのでその中の一日を使ってクアロアランチに行ってきたんです。

 

たぶん現地でもツアーに申し込むことは出来るのですが今回は自分でツアーに申し込んでみました。

 

現地でオプショナルツアーを申し込むと、チップがかかることもあります。

 

クアロアランチの公式サイトに入ってフォームを入力するだけで予約することができるので簡単に日本にいるうちからツアーを申し込むことができます。

 

アクティビティも色々あるので迷うと思いますが、公式サイトではアクティビティの動画も見ることができるので、

アクティビティのイメージもつきやすくなっていると思います。

 

今回私はATV(四輪バギー)アドベンチャーパッケージ(送迎・昼食付)($169.95)というパッケージになっているアクショナルツアーを申し込んでみました。

 

内容は

  • ATV(四輪バギー)ツアー(1時間)
  • ジャングルエクスペディションツアー(1.5時間)
  • オーシャンボヤージツアー(*日曜は映画ロケ地ツアー)(1.5時間)
  • ランチビュッフェ

です。

 

アクティビティの中で目玉になっているのは乗馬とバギーで、どちらを選ぶか悩ましいところだったのですが

乗馬はどこでもできそうだけどなかなかバギーに乗れる所ってないだろうなと思ってバギーを選択しました。

 

この選択がめちゃくちゃ良かったと後で思いました。

関連記事:ハワイに旅行に行く前の準備と注意点!買っておくものは?

 

朝早すぎて無理

 

まずこのクアロアランチの集合なのですが、朝がめちゃくちゃ早いんですね。

 

アクティビティ単体で予約する場合は午後のアクティビティの場合はもう少しゆっくりめの時間なんですが

アクティビティがパッケージになっているツアーを申し込むと朝7時に集合とか言われます。

 

むしろ7時に出発するので集合は6時45分。

ハワイは時差がマイナス19時間で、朝の6時45分と言ったら日本時間だと夜中の2時前です。

 

前日も時差ぼけのせいでなかなか寝着くことができず、とんでもないグロッキー状態で朝起きました。

前日にコンビニで朝食を買っておくことをお勧めします。

 

私は時差ぼけのせいで2、3時間しか寝ることができず、朝はヨーグルトしか口にできませんでした。

 

送迎ありのパッケージを申し込んだのでインターナショナルマーケットプレイスという場所に集合し、1時間から1時間ほどかけてバスでクアロアランチに向かいます。

 

ワイキキからどんどん田舎の方に景色が映っていき、高速を走って鬱蒼とした山の中を走って行きます。

 

なんだか景色が珍しいから、移動のバスの中で少しでも寝ればいいのに、この移動中もずっと起きていてしまいました。

関連記事:ハワイに行ったら時差ボケが辛くてきつい思いをした。対策は?

 

クアロアランチ入り

 

クアロアランチ

 

バスで集合した場所家着いた時にその日の予定表のようなものもらうことができます。

 

着いたらそのスケジュールについての説明がありますが、クアロアランチにきている人は結構いて、人それぞれその日のスケジュールは違います。

 

例えば私はバギーのパッケージていたのでアクティビティが三つ、さらにランチビュッフェがついていたのですが中にはランチがない人もいるし

バギーのアクティビティだけで帰る人もいるというわけです。

 

アクティビティごとに集合場所に集合しなくてはいけないのでそのアクティビティごとに一緒になる人も違うような形になり、

オプショナルツアーと言ってもかなり自由度の高いものでした。

 

つまり1日一緒にいる人はなかなかいないということ。

 

ただ結構放任主義なので集合時間場所にそれぞれのアクティビティの集合場所に自分で行かないと置いて行かれます。

海外でこのパターンだと結構戸惑う人も多いかも。

 

ただ現地には日本語スタッフもいるので、わからなかったらちゃんと聞くことができます。

関連記事:ハワイの物価高すぎ!旅行に行く際の予算はどれくらい?

 

一発目が船旅で吐きそうだった

 

その日の私の予定は一発目のアクティビティがオーシャンボヤージツアーというツアーだったのですが

バギーが目当てでパッケージを申し込んでいたのであまりこのツアーがどういうツアーのかよくわかっていませんでした笑

 

現地で説明を聞いて無理ィ!って思ったんですが、なんと船でジャングルを探検するみたいなツアーだったんですね。

 

朝早起きすぎてグロッキー状態でバスに乗って現地に着いてみて初のアクティビティが船。

…船!

これはフラグ。

クアロアランチボンボヤージ

しかも途中で大雨が降ってきてとんでもない濡れ鼠になりました。

 

クアロアランチの一番の拠点となるカフェ併設のお土産屋さん売り場でかっこいいレインジャケットが売ってるので、雨が降っている日はお土産としてでも買うといいかも。

クアロアランチレインジャケット

デザインもかっこいいしフェスとかにも使えそうです。

かっこよさに惹かれて買ってしまいました笑

rain2

もちろんちゃんとフードも付いてます。

 

船はあまり大きい船ではありません。

 

20人くらい乗れるような小規模の船で、日によるとは思いますがガンガンにゆれます。

 

波のない湖を船で行って、一度降りてさらに違う船に乗り大海原へと漕ぎ出します。

クアロアランチ船

グロッキー状態からのガンガンに揺れる船。

帰ろうかと思いました。笑

 

説明をしてくれるお兄さんがいるのですが多分「映画のロケ地に使われたよ」とかクアロアランチの成り立ちとかを話してくれています。

クアロアランチの船のお兄さん

全部英語だからよく分かりません。

関連記事:ハワイでのチップの渡し方は?相場はどれくらい?

 

ランチビュッフェ沁みる

 

船が終わった後は早めのランチでした。

と言っても朝が早いのでお腹がめちゃくちゃ空いていました。

ranti ranti2
  • 「フレッシュそう!」と思ったけど粉っぽくて駄菓子みたいな味がする謎のピンクの液体
  • 豆がめちゃくちゃ入っているカレーとご飯
  • スモークっぽいチキン
  • ちょっとパサついた野菜のサラダと酸っぱいパイナップルとなぜかキムチ

 

ビュッフェなので取り放題です。現地マジックでとても美味しく感じました。笑

 

いよいよバギー!絶景!

 

ランチが終わった後はいよいよバギー!

私は免許を持っていないので、こういった乗り物は初めてで、かなり緊張していました。

 

言語ごとにわかれてビデオによる説明(日本語)を聞いた後、

ヘルメットと迷彩のジャンパーを貸してもらい、いよいよバギーに乗ります。

 

先頭の先生についていくような形で、結構自由度高く運転することができます。

クアロアランチバギー

列になって走らなくてはいけないのでスピードを出し過ぎたりすることはできません。

 

最初は簡単なテストコースがあり、そこをクリアできればそのままコースに入って行くことができます。

 

と言ってもハンドルと、自転車のように握るところにブレーキがあってさらに

親指のあたりにアクセルのボタンがあるぐらいなのでそこまで難しい運転ではありませんでした。

免許を持ってない私でも大丈夫なくらい。

 

でも現地にいた50人くらいの中で女の子が二人ほどテストコースでアウトになっていて、現地スタッフが運転する小さな車のようなものに乗せられてしまっていました。

 

アクセルをちょっと押すだけでブーンと進んでしまうのと

ハンドルが重いのでしっかり切らなくてはいけない、というポイントだけわかっていれば多分大丈夫だとは思います。

 

クアロアランチといえば!な絶景を横目にバギーで走ることができ、

絶景スポットでは一旦バギーを降りて写真撮影の時間も設けてくれるのでしっかりと思い出作りもでき、堪能することができました。

関連記事:ハワイのビーチに行く時の持ち物は?必要最低限で出かけよう!

 

ジャングルツアーも楽しかった

 

バギーでクアロアランチの絶景を堪能した後は、ジャングルエクスペディションツアーというツアーでした。

クアロアランチジャングル

こんな感じのなかなかにかっこよくて強そうなトラックに乗ってジャングルの中を旅します。

 

またガッタガタに揺れます。

なんか遊園地のアトラクションみたいだなと思いますが、そこに広がっている自然は人の手で作られたものではなく自然で作られたもの。

 

本当に恐竜が出てくるんじゃないかと思うほど壮大でなんだかちょっとした怖さを感じるくらいの神秘的な雰囲気もありました。

ジュラシックワールドセット

ジュラシックワールドの映画で使われていたセットが一部そのまま残っており

トラックに乗ったままセットの中に入って行くことができます。

 

ジュラシックワールドではラプトルやインドミナス・レックスが隔離されていた実験場のセットですね。

ジュラシックワールドセットの爪痕

トラックでセットに入りながら後ろを振り返るときちんと壁に爪痕までついています。

テンション上がる。

クアロアランチジャングル

ここでもガイドさんは全部英語なのでなんとなくしか言ってることはわからないのですが、それでもめちゃくちゃ楽しかったです。

 

もう作り物では満足できないだろうなと思ってしまうくらい。

私これからの人生、遊園地楽しめないかもしれない。

 

やはりリアルの迫力はすごいです。

 

ちなみに映画キングコングで使われているヘリのセットも見ることができました。

クアロアランチジャングル飛行機

実際に映画で使われているセットなので迫力が違います。

本当に飛行機が不時着しちゃったみたい。

 

車の運転もわざとスリリングな感じにしているような雰囲気で、スピードが出たり、左右に振られたりすることも多くそれが楽しかったです。

 

とはいえ本当にジャングルなのでかなり狭い道もあったりして、慎重に運転しているところもありました。

運転をしてくれたスタッフの方はすごく運転が上手い人なのだと思います。

関連記事:ハワイのハイアットリージェンシーに泊まってみたけど最高だった!

 

悪天候でも楽しめる

 

今回のクアロアランチは山の上の方に霧が出てしまっていて、途中土砂降りにあってしまったりもしたのですが

むしろこれが楽しかった。

 

バギーやジャングルツアーのジープはかなり大きめの石がゴツゴツしているところでも進むことができ、

こんな道も進むことができるのか!と感心しました。

 

雨が降ったばかりで道がドロドロになっているのも逆に楽しかったんです。

綺麗な道を走るよりも楽しいかもしれません。

 

ドロドロな道になってかわいそうだったのは乗馬の人達でした。

やはり馬にそういった道を歩かせるのは難しいと思います。

 

バギーに比べるとスピードも出ず、ゆったりパカパカという感じなので、

乗馬よりバギーを選択して正解だったなと思いました。

 

乗馬だとたぶんコース的に周れる範囲も狭いんだと思います。

スピードが全然違うので。

 

乗馬も乗馬で馬が好きなら楽しいと思いますけどね。

 

クアロアランチ行こう。

 

ということでクアロアランチのパッケージツアーについて紹介してみました。

 

人生で一度もこの場所に来ない人もいるのか…ということまで考えてしまうくらい絶景だったし

多くの人に見てほしい雄大な自然でした。

 

人に作られたものではなく自然に出来上がったものでこんな景色ができるんだなと本当に感動したんです。

 

ハワイに行く際はぜひクアロアランチに遊びに行ってみてください。

関連記事:ハワイのバスに乗るのが難しかった!乗り方と注意点

 

では今日はこのあたりで。

ハワイのクアロアランチ