仕事

接客でイライラするって結構普通のことなんじゃないかと思う。

接客ってイライラする

お金を稼ぐためだと割り切って、接客業の仕事をいくつかしていたことがありますが

接客業でつきものなのがイライラする客です。

 

業種にもよりますが色々な人と仕事で接しなくてはいけない接客業ではどうしてもめんどくさい客や、非常識な客と関わっていかなくてはいけないことがあります。

 

そういったときにイライラしてしまうのは仕方がないことで、

どんなに非常識な客が来ても仕事として接客をしなくてはいけないので、自分の気持ちを押し殺さなくてはいけないときがありますよね。

 

そういうことが何度も続くと自分は接客に向いていないのではないかと思うこともあると思います。

接客でイライラするんだったら接客の仕事なんてやめてしまってもいいと思うんですよ。

 

季節の変わり目は変な人ばかり

 

特に多いのは季節の変わり目でイライラしているお客です。

 

冬から春になるのにかけて少しずつ暖かくなってくる時期や、

夏の暑い時期の前にやってくるじめじめした梅雨の時期、

冬にかけてどんどん寒くなってくる時期なんかは「あーそろそろ変な客が増えてくる時期だな」と思ってしまうものです。

 

そういう季節の変わり目には変な人がどんどん出てくるもので、

また変な客が来た、とイライラすることもしばしば。

 

季節の変わり目はそういう曲が多いので毎日のように変な客に当たってしまうということもよくあることです。

 

それを季節の変わり目のせいだと気づくまでに結構時間がかかって、

「最近なんでこんなにうまくいかないことばかりなんだろう」と悩んだこともありました。

 

嫌な客って続くものなんですよね。

関連記事:バイトが嫌ならすぐにでも辞めれば良いのに。

 

女性だとセクハラもよくある

 

女性が接客の仕事をしているとセクハラまがいのことを言われることもあります。

 

こちらは仕事だと思ってやっているけれど、お客さんから食事に誘われたりひどい時はストーカー行為をされたりと言ったこともあります。

 

しかしそれを職場に相談しても結局職場にとっては大事なお客様の一人だから無碍にすることができないということがほとんどなんですよね。

 

男性社員がいれば対応してくれることもありますが、怖い思いをしたこともあります。

 

そこからストーカー行為がひどくなって後をつけられたり、私生活に介入されたりという事件もありますから

基本的に女性が接客業をするというのは結構危険なことなんじゃないかなと思うんですよね。

 

仕事だから仕方がないと思って曖昧な態度しか取れないこともあると思いますが本当に身の危険を感じたらできれば仕事はやめたほうがいいです。

 

どうしてそんな人のために自分が仕事を辞めなくてはいけないのか、

転職をするのだって大変なのにと思うかもしれませんが自分の身を守ることが一番大事です。

 

ストーカーをされて、何かあってからでは遅いのですから。

 

ちなみに私はコールセンターで働いていた時もセクハラ被害にあったことがあります。

 

コールセンターなのでお客様と相対することはありませんから直接体を触られたというようなセクハラではないのですが

電話口で卑猥なことをずっと言われ続けそれに耐えなくてはいけない時間があった時がありました。

 

目の前で言われている言葉ではないですし、自分の個人情報は全くバレないのでお客様と相対する接客業よりは全然楽なのですが、

それでもコールセンターでは自分から電話を切ってはいけないと言うルールがあったので卑猥な言葉を言われ続けてもずっと聞いていなくてはいけなかったんです。

 

これは結構精神的にこたえました。

 

人からそんな言葉を浴びせられたことがなかったので驚いてしまったんです。

 

ただこういうのも上司が守ってくれたりするわけじゃないですから大きなストレスになりますよね。

ちょっとしたトラウマになった出来事でした。

関連記事:セクハラってどこから?そう思ったらもう黒です。

 

仕事、と割り切れないことも

 

接客業で何か傷つくようなことがあったりイライラするようなことがあっても仕事だからと割り切れなくてはいけないと思っていると思います。

どんなに自分が苦しくてもだから笑顔を張り付けなくてはいけないというのが日本の接客業の教えとも言えるでしょう。

 

しかし中には仕事と割り切れないようなこともあります。

 

人格すら否定してくるようなとんでもない客がいることもあるし、

接客でのストレスというのはプライベートな時間にも侵食してくることがあります。

 

仕事をしている時間ではないのに接客で自分がつらかったことが頭から離れなくなってしまう。

 

そうやって自分のプライベートな時間まで接客のストレスに悩まされるのってすごくもったいないことだと思うんです。

 

そんなふうに仕事を続けているとどんどん仕事が嫌いになってしまいますよね。

どんな時でも笑顔でいなくてはいけない接客業というのはかなり辛いものがあると思います。

関連記事:もう逃げ出したい、って思った時に海外に行ったらいいと思う。

 

接客に向いてない人もいる

 

接客に向いていない人というのもいます。

 

接客をするときは客お客だと思わずむしろ人間だとも思わないことが必要だったり

感情を無にすることができるようなスイッチが必要なこともあります。

 

でも感情が豊かな人だったりすると接客するときに客から言われたことで自分の感情が揺れ動いてしまう人っていると思うんですね。

 

それは決して悪いことではなく単純に接客業よりも別の仕事の方が向いてるんじゃないかと思うんです。

 

接客業って本当に大変な仕事です。

向いてないと思うのであればさっさと辞めてしまった方がいいでしょう。

仕事でイライラしなくてはいけないなんて辛いですからね。

 

自分に向いている仕事が知りたかったらグッドポイント診断なども試してみるといいと思います。

それぞれ得意不得意がありますから自分の得意を活かせる分野で働いていきましょう。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

では今日はこのあたりで。