転職したいけど何がしたいかわからない人が考えるべき事を教えるよ。

転職したいと思っているけど、何がしたいかわからない人っているんじゃないかな。転職をしたいと思っている人は世の中にはたくさんいる。

理由は色々ありますよね。

 

上司との関係性だったり、何となく合わないという漠然とした理由だったり。ただ、転職したいと思っている人が多い一方で、

 

転職はしたいけど、何がしたいかわからないという状態になってしまう事が多い。だから、結局は転職をしないまま、ずるずると時が経過してしまう事だってあるのです。

 

転職したいんだけどなあ。もう5年も経ってしまった」みたいな事はよくある。

 

じゃあ、何を考えれば良いのだろうか。今回は会社を辞めた経験を持つ私が書いていきたいと思う。

 

 

自分が1ヶ月の間、何をしていたのか?を考える

 

自分が1ヶ月何をして生きて来たのか、皆さんは意外と覚えていないものなんですよね。飲み会に行っていたりする人もいれば、

ゲームをやっていた人もいるでしょう。でも、転職したいけど、何がしたいかわからないのであれば、1度考えてみて欲しいのです。

 

1ヶ月の間、何をしていたのか?を考えると、自分の好きなものって見えてくるんですよね。写真が好きな人は写真を撮りに行っているだろうし、

旅行が好きなら旅行に行っている。

 

ご飯が好きなら、自分で評判のレストランを探している。つまり、私たちは無意識の内に「好きな事」を日常の中に取り入れているのです。

 

何も「食べる事が好き」だから「飲食店」というわけではありません。飲食店のコンサルをするような、ぐるなびのような会社でも良いし、

飲食店の内装を考えるディスプレイ会社でも良いでしょう。転職したいけど、何がしたいかわからないのであれば、

自分はどんなものに日常の時間を使っているのか?投資しているのか?を考えるべきなのですよ。

 

私の場合、学生の頃からとにかくブログを書いていました。当時はバンドをやっていたので、バンドのブログを更新していました。

 

そして、今はブログで生活しているのです。好きと時間は比例する。だからこそ、転職したいけど、何がしたいかわからない人は、自分自身の生活を振り返ってみれば良い。

関連記事:転職したい理由を考える時に大切な事とは?

 

バイト時代、何をしていたのか?を考える

 

バイト時代も大切ですよね。大学生の時には、誰しもアルバイトをするものだと思います。飲食店でアルバイトをする人もいれば、

個別指導塾で先生として授業をしている人だっているでしょう。

その時代を思い出せば良いのです。

 

バイトを選ぶ時には、自分で意識していなくても、「こんな仕事は嫌だな」と思って、様々な仕事を避けてきたはず。

同じように、バイト先を選ぶ時には「このバイトはここが自分に合っている!」と思って、選んだはず。

 

だからこそ、昔のバイト時代の事を考えてみれば良い。なぜ飲食店のバイトを選んだのか?なぜ個別指導塾の先生のバイトを選んだのか?

なぜ本屋のバイトを選んだのか?全てに理由があるものなんですよ。

 

楽そうに見えただけだよ。」なんて人もいるかもしれませんが、「楽そうに見えたから応募した」のであれば、「」を基準に転職先を選べば良い。

 

私たちの行動というものは、常に私たちが選択したものです。たとえ過去の記憶であったとしても、そこには「個々人の意思」が内包されている。

 

それを1つ1つ紐解いていけば、転職したいけど、何がしたいかわからない状態からは解放されると思うんですよね。

転職したいけど、何がしたいかわからないと思っているかもしれない。でも、過去の自分を振り返ってみると、意外と簡単に答えが見つかる事があるんですよね。

考えれば答えが出る事は多いのですよ。

関連記事:ベンチャーに転職するメリットを真剣に考えた。

 

最後の瞬間、何をしていたら嬉しいのか?

 

私たちは、生きていると、「最後の瞬間が来る」という事を忘れてしまいがち。でも、私たちは生物として生まれてきたわけで、

いつかは消えてしまう存在なんですよ。

 

では、最後の瞬間、何をしていたら楽しいのか?それは世間が言う「仕事」のようなものではないかもしれない。

旅行をしていたい、家族と過ごしていたい。

 

様々な思いがあるはず。だからこそ、そんな思いを大切にすれば良いと思うんですよね。

 

転職したいけど、何がしたいかわからないなら、自分にとっての「最後の瞬間」から逆算していけば良いのです。

 

何をしていたら後悔しませんか?何をしている自分が好きですか?

そうやって考えていくと、答えが出ると思うのです。

 

私は、最後の瞬間も「自分の気持ち」を誰かに伝えたい。だからこそ、こうやってブログを書いているんですよね。

 

それが今では仕事になっている。でも、私にとっての「答え」が誰かにとっての「答え」ではない。

 

それぞれになりたい自分や、やりたい事がある。それで良いのです。

 

いつかは終わってしまう人生の中で、どんな人生を想像しますか?

関連記事:ベンチャーに転職するメリットを真剣に考えた。

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。