ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

睡眠が足りないだけで全てがうまくいかなくなるものだよ。

日本人の睡眠時間が主要28カ国に比べて最短であるというニュースが取り上げられていました。

日本人の平均睡眠時間は男性が6時間30分、女性6時間40分と28カ国中最短だった。最長は、男性はフィンランド人の7時間24分、女性はフィンランド人・ベルギー人の7時間45分だった。

 

サービス精神が旺盛すぎる日本人は何かと睡眠時間を犠牲にしてしまいがちですが、睡眠が足りないことによって色々な弊害が起きてきます。

 

「しっかりと休みを取りたい、もっと寝たい」と思うような生活をしているのであれば、

その気持ちに蓋をせず思い切ってきちんと休みを取ってみることが大切です。

 

それは自分の人生に大きな影響を与えるでしょう。

 

睡眠不足で気分が落ち込む

 

有名な話ですが睡眠不足によってホルモンバランスが崩れ気分か必ず落ち込みます。

 

これは自分でコントロールできるものではなくホルモンによって左右されてしまうことですから、

どんなに自分が明るく過ごそうと思っても睡眠が足りないことによって自分の気分落ち込んでしまうものなんですね。

 

実際、精神的な疾患がある方は睡眠時間が短かったり、睡眠障害があったり、夜型の生活になってしまって昼夜が逆転してしまったりている人が多いです。

 

睡眠が足りない生活をしているという自覚があるのであればまずは一番最初にそこを改善するべきだと言えるでしょう。

 

特に女性の場合は一か月周期でホルモンが大きく変動しています。

 

睡眠不足のせいでさらにホルモンバランスが崩れてしまうと精神的にどんどん辛くなってしまいますしそれが体調にも表れてくることがあります。

関連記事:生理だから仕事を休む、っていう考え方で良いと思うんだよね。

 

体調も悪くなってくる

 

女性の場合は睡眠が足りないことによって生理が遅れてしまったり来なくなってしまったりすることがあります。

 

将来的に妊娠することができない体になってしまうこともありますので睡眠が足りない生活が続いているのであれば早急にその生活を改善する必要があるでしょう。

 

また男女問わず睡眠不足によって風邪が治りにくくなってしまったり、微熱がずっと続くというような症状が現れることもあります。

 

睡眠が足りないということだけでどんどんと自分の心と体が蝕まれていてしまうのです。

 

その睡眠不足が自分の寿命縮めるということだってあると思うんです。

関連記事:無理をしない事が何よりも大切だと思う。

 

水木しげる先生の名言

 

漫画家さんの中でも有名なのが水木しげる先生の言葉です。

 

人間は寝ることによってかなりの病が治る。
私は”睡眠力”によって傷とか病気をひそかに治し、今日まで”無病”である。
私は”睡眠力”は”幸福力”ではないか、と思っている。

 

実際同世代の石ノ森章太郎先生や手塚治虫先生などはとても短命でしたが、水木しげる先生は享年93歳、とかなり長生きをされています。

 

睡眠によってほとんどの病を治すことができるというのは本当のことなのかもしれません。

 

実際に風邪を引いた時に何時間も寝ること言ってかなり元気になると思うんですよね。

私も風邪をひいて辛い時は医者に行くよりも何よりも家でじっと寝ることにしています。

 

本当にひどい時は20時間ぐらい寝ることもありますが、それで直らなかったことはないですし結果的に風邪が長引くことがないので

あまり寝られないまま風邪も完治していないうちからパフォーマンス悪い仕事をするよりも、1日がっつり寝てたほうがいいと思うんです。

 

普段はそんなに長く寝る事ってできないと思うんですけど、風邪の時って不思議なことにずっと寝ることができるものなんですよね。

 

それはきっと体が睡眠を求めている証拠なのだと思います。

関連記事:仕事に疲れた時こそ遠出をすすめる理由

 

睡眠不足自慢をするな

 

たまに睡眠不足を自慢している人がいますが、あれってものすごく恥ずかしいことだと思うんですよ。

 

だってそれは自分の作業効率が悪いと言っているようなものです。

 

睡眠をしっかりとることは誰が考えとって大切なことだとわかることなのに、睡眠を削ってでも仕事をしたりしてしまう。

 

つまりそれは自分が寝る時間をきちんと計算した上で動くことができていないということです。

 

スケジュールの組み立て方が下手なのです。

 

もし自分がどんなに頑張っても睡眠時間を確保することができないような環境で生活をしているのであれば

仕事を変えるだとか、自分の生活の中で何かを削るだとかして根本的に生活に変えていかないと

急に倒れてしまったり、短命な人生を送ることになってしまうかもしれません。

 

健康に生きるために睡眠時間しっかりと確保するということは最低限必要な条件なのです。

 

ショートスリーパーは昔から短命ですからね。

 

睡眠が足りないと自分で自覚があるのであれば、自分の生活を改めて見直してみましょう。

 

なんだかうまくいかないなぁというのが、実は睡眠をしっかりとる、というだけで解決してしまうかもしれないのです。

 

こんなに簡単な改善方法はないのではないでしょうか。

関連記事:全てがうまくいかない時の対処法

 

では今日はこのあたりで。