人生はポジティブに生きるだけで変わるものだ。

皆さんは人生をどのように歩んできていますか?自分の人生にはあまり良い事が起こらないと思って生きている?それとも、人生は概ね良い事しか起こらないと思って生きている?

 

あるいは、何か自分にとって辛い状況になった時には、どんな考え方で対応していますか?

 

きっと、人生ってポジティブに生きるのか?それともネガティブに生きるのか?という事だけで、大きく変わってきてしまうと思うのですよ。

 

人生はポジティブに生きるだけで大きく変わるものなのです。

 

 

ネガティブに考えても良い事なんてない

 

私たちは生きていると、悪い事も良い事も起こるものなんですよね。どんなに素晴らしい性格の持ち主でも、人生とは不思議なもので、誰にでも辛い事は起こるものなのです。

 

でも、周りを見ていると、

 

  • 楽しそうに生きている人
  • 楽しくなさそうに生きている人

 

がいると思うのです。では、何が違うのか?というと、「考え方」なんですよね。人生において、ポジティブな発想を持っていれば、

 

人生は楽しいものになりますし、ネガティブに捉えれば、全てが悲しみに包まれた、ネガティブなモノの集合体に見えてきてしまうものなのです。

 

だからこそ、人生を歩む時、「同じように辛い経験をするのであれば、ポジティブに考えた方が良い」と思っているのです。

 

ネガティブな考え方をしたところで、本当に何も良い事はないんですよね。

 

誰にも平等に苦しい事や悲しい事が、冷たい雨のように降りかかってくるのであれば、私たちは考え方を変えなければいけないのです。

人生はポジティブな心を持って、何事にも取り組む事により変わってくるものなんですよ。ポジティブに生きていると、それだけで周りには、

「ポジティブに考える人」が集まってくるものです。

自分っもポジティブになり、周りにもポジティブな人がたくさん集まってくる。そんな人生の方がきっと楽しいと思うのですよ。

 

ネガティブな人だけで集まっても、何も生まれませんしね。「どうせ出来ないよ。社会が悪いんだ。」と、そんな事を言っても何も変わらないのにそんなネガティブな事ばかりを言うのです・・・・

 

ネガティブに考えても、何も良い事はないのですよ。人生はポジティブに生きていくべきなのです。

関連記事:人生を楽しむには出来るだけ自分に優しい方が良い。

 

 

私はポジティブな人間ではないからという言い訳

 

よくいるんですよね。「ポジティブな人って本当に羨ましいよ。私はポジティブにはなれないし、ネガティブな人間だから」という人。

 

でも、皆さんは最初からネガティブだったのですか?生まれた時、「オギャー!何か悪い事が起きるような気がする!」と言っていましたか?

そんな事はないはずです。先天的にネガティブな人なんていないわけです。

 

産まれながらにして、物凄くネガティブだった人なんていないのですよ。治せない病気でもありませんし。

 

だからこそ、同じように人生を生きていくのであれば、

ポジティブに生きていった方が良いのですよ。

そして、ポジティブに生きる事が出来ると思っているのです。

 

自分の事をネガティブな人間だと思い込んでいると、それだけでポジティブにはなれなくなってしまうんですよね。

逆に「自分はポジティブだ」と思っていると、ますます自分の性格が明るくなってくるのです。人生はポジティブに生きる人の方が楽しめるゲームのようなものです。

 

だって、そうでしょう?人生にはたくさんの嫌な事があり、耐えられないほどの別れがあり、その中で生きていかなければいけないのだから。

人生はポジティブに生きた方がずっと楽だと思うし、元からポジティブな人なんていないのだから、ポジティブな人の考え方を真似すれば良いのです。

関連記事:人生は暇つぶしなんだから、もっと自分の生きたいように生きれば良い。

 

何事にも挑戦する自分と会える

 

人生はポジティブになる事で大きく変わるのですが、なぜ変わっていくのでしょうか?

それは、あらゆる事に挑戦する心を持つ事が出来るからなんですよね。ネガティブな気持ちしか持っていないような人だと、

 

「どうせ失敗すると思う。今の安全地帯から出るのは怖い。」と思い、今の場所から飛び出そうとしないのです。

しかし、人生をポジティブに生きている人は違います。

 

人生をポジティブに生きていると、「自分なら必ず出来るはずだ」と思うものなのです。

 

挑戦する事の出来る人生と、何もしない人生だったら、絶対に挑戦する人生の方が良いと思うのです。家族がいたり、自分に自信がなかったりすると、

自分の人生を守るための時間に多くの労力を割いてしまうようになります。でも、死ぬ時に必ず思うはず。

 

「もっと挑戦していればよかった」と。

だからこそ、私たちは後悔しないために、「人生をポジティブに生きる」事を決断するべきなのです。自分の限りある命の時間を自分のために使うために、

 

自分の目と心が輝くものに使う時間を確保するために、ポジティブに生きるべきなのです。

 

人生はポジティブに生きるだけで大きく変わるものなのですから。

関連記事:生まれ変わっても、また自分になりたいと思う人生を。

人生はポジティブ

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。