夫婦が喧嘩してしまう原因は男女の考え方の違いにあった!

夫婦になって一緒にいる時間が長くなってくるとどうしても夫婦喧嘩になる事ってあると思うんですね。

 

喧嘩をしょっちゅうしてしまうという夫婦も多いと思いますが、

実際はどちらが悪いというのではなくて男女の考え方の違いに原因があることも多々あります。

 

脳の作りが違う男女

 

男性と女性では脳の作りが違って、同じ物事を目の前で見ていても考え方や感じ方が違うんです。

 

これは科学的に証明されていることで、

例えば男性と女性では右脳と左脳をつなぐ脳梁(のうりょう)という橋のようなものが

男性に比べると女性の方が20%ほど太いんです。

 

つまり男性に比べると女性の方が右脳と左脳のやり取りが多いということです。

 

これによって脳の中の理性的に考えることができる部分と感情的に考える部分が行き来しやすいので女性の方が感情的になりやすいと言われています。

 

実はこういった理由が夫婦喧嘩の原因だったりするんですね。

具体的な例についてみていきましょう。

関連記事:感情のコントロールが下手な人がやってしまっていること

 

言葉通りの男、察する女

 

男性は発した言葉通りにしか物事を受け取ることができないという傾向があります。

対して、女性の場合は言葉の裏側を読み取ろうとする力が強いんですね。

 

なので女性の場合は

男性から「機嫌悪いの?」と言われて

「いいえ」とそっけない口調で答えた時、本当は機嫌が悪いことがあります。

 

しかし男性の場合はいいえと答えられたので機嫌が悪いわけではないのだと納得してしまい

それ以上は相手の事を詮索しないのです。

 

女性は「いいえ」とそっけなく答えたその言葉の裏側に本当は「機嫌が悪いけれどどうして機嫌が悪いのか察してほしい」という気持ちが含まれています。

 

これが女性同士の場合であれば女性は言葉の裏側の感情を読み取るのが得意なので相手の言葉の裏側に隠れている真意というものを見つけてくれるのですが、

男性の場合はそれができません。

 

しかし人間は自分ができることは相手もできると錯覚してしまうので、

女性は男性に対して「この人はどうしてこんなに鈍感なのだろう」と感じてしまうわけです。

 

男性は言葉をその言葉通りにしか受け止めることができず、

女性は言葉の裏側に別の意味があることが多い。

 

これが夫婦喧嘩の原因になってしまうのです。

関連記事:男女の恋愛観はこうも違う?

 

相談する女、相談しない男

 

女性は人に共感をしてもらうことに喜びを覚えます。

なので自分が悩んでいることや不安を相手に必ずおしゃべりでぶつけるんですね。

 

しかし男性はそこに解決策を見出そうとします。

論理的に考えるのが得意な男性は答えが出ない問いというのを提起されるのが苦手なんです。

 

女性から相談を持ちかけられたら、その悩みを解決するためにどうしたらいいのかということを一生懸命考え始めます。

 

しかし女性は「大変だったね、かわいそうだね」という言葉を求めているだけでありそこに解決策を見出そうとはしていない場合がほとんどなんですね。

 

これがすれ違いの原因になります。

 

女性は喋れば喋るだけストレスを発散することができるのに、

男性はそこに解決策を見出そうとして相手の話を聞かず途中で解決策をどんどん提案しようとしてしまうのです。

 

結果、女性は「私の話を黙って聞いてくれればいいのに、いいところでいつも話を遮ってくる」と思ってしまうし

男性は「答えを探していないなら相談してくるなよ」と思ってしまうのです。

 

ちなみに男性は問題解決ができそうな相手にしか相談自体をしないので、なかなか相談をするということをしません。

女性にとっては自分が頼りにされていないような気持ちになってしまって、相談されない悲しさを感じてしまうのです。

 

これが物事の考え方の違いから来る夫婦喧嘩の原因です。

関連記事:共働きなのに旦那が家事を手伝わない!夫婦が崩壊しない秘訣とは?

 

ストレス発散方法の違い

 

 

ストレスの発散の方法も男女では全く違います。

 

例えば女性はショッピングが好きだという人が多いですよね。

色々な服を自分に合わせてみることによって自分の雰囲気が変わるのを楽しむことができ、気分を変えることができるのでショッピングがストレス発散になるのです。

 

しかし男性にとってはショッピングというのは決断の連続で「これを買うか買わないか」という決断を何度も何度も迫られることによって疲れてしまいます。

 

女性のショッピングに付き合った男性は結局女性が何も買わずに帰ったりすると、

「せっかくショッピングに来て色々悩んでる応力を使ったのになぜ何も買わないんだ?」

と思ってしまうんですね。

 

逆に男性は釣りが趣味という人も多いと思います。

 

男性は何か悩んだり考えたいことがあるときにじっと自分と向き合う時間というのを大切にします。

 

何人かで釣りに行ったりする人もいますが結局釣りをしている時間というのはあまりおしゃべりをしないもので

じっくりと自分と向き合いながら魚を釣っている時間の方が長いと思うんですね。

 

自分の考えを集中して静かに考えたいという人の方が多いのです。

 

しかし女性の場合はたくさんおしゃべりをすることでストレスを発散することができるので
男性に付き合って一緒に釣りに行くとつまらないと感じる人が多いのです。

 

もっと会話を楽しみたい、目の前の事象が変わるものの方が面白い、と感じるのが女性なんですね。

 

なので夫婦の趣味が合うというのはなかなかまれなことなのです。

相手の趣味を理解できないとそれが原因で喧嘩になることもありますよね。

関連記事:趣味で出会うと良い結婚ができる理由。

 

ということで今回は男女の脳の作り考え方の違いから来る夫婦喧嘩の原因について話してみました。

 

本当は仲良くしたいのになかなか夫婦喧嘩が絶えないという方は

そもそも男女の脳みその作りが違うのであるということを知っておくだけでも気持ちが楽になるかもしれません。

関連記事:私が考える離婚の原因ランキング!だから別れるんだ。

 

では今日はこのあたりで。

夫婦喧嘩が起きる原因