ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

マンションを借りる時の注意点を書いていく。

マンションを借りる事って誰にでもあると思うんですよね。実家暮らしだったら別ですが、基本的に社会人になれば、家を借りるようになりますし、

戸建てやアパートではなく、マンションを借りる人も多いのではないでしょうか?

しかし、マンションを借りる事になれていない人だって当然いると思うんですよね。そこで、今回はマンションを借りる時の注意点について書いていこうと思います。

 

家賃設定は妥当なのか?

 

家賃設定というものは家主がするもので、著しく高くなってしまっている物件も実際存在するものなんですよね。

 

付近の相場と照らし合わせても、

 

「あれ?高すぎない?」と思うような物件だったとしても、家主が不動産仲介会社に「広告料」を多く支払う約束をしていれば、

多少高くとも、広告料の高い物件から決めていくものです。だからこそ、家賃設定は妥当なのだろうか?ときちんと考えてみた方が良いと思うのです。

大家さんにもよるのですが、基本的にある程度の期間、空室だった部屋であれば、「このお客さんを逃したら1年間空室になってしまう」と思い、

 

家賃を安くしてくれる事が多いのです。私も投資家として不動産投資をしている立場なので、家賃を安くする事が多いんですよね。

 

マンションを借りる時、「家賃は安くならないもの」だと思っている人って実は多いです。もちろん、安くならない物件もありますし、

 

特に新築とかだと家賃交渉が成功しない場合がほとんどですが、ある程度の年数が経った物件の場合には、家賃が下がる場合もあるので、

 

交渉してみた方が良いのです。だいたい不動産仲介会社に「これくらいは安くして良いよ」と言われている範囲としては「−3000円以内」くらいですね。

 

この範囲で適宜、家賃交渉をしても良いのです。あ、でもマンションを借りる時の家賃交渉を代行するような会社には頼まない方が良いです。

 

怪しい会社が多いですからね。

関連記事:家賃を節約する事は大切な事だと思う。

 

隣の部屋の音

 

隣の部屋の音に関しては、内見をする時に見極めるのが難しい事も多いのですが、隣の部屋との壁がどのくらいの厚さなのか?という事はきちんと把握する必要があるんですよ。

どこの会社とは言いませんが、「物凄く薄い壁の物件」って実際に存在するものです。

 

住んでみたら、「あれ?こんなに隣との壁が薄かったのか」と思ってしまう事もあるんですよ。

 

マンションを借りる時には家賃や駅徒歩5分等の距離ばかりを気にしてしまうと思うのですが、隣の部屋との関係性で住みにくくなってしまう事だってありますからね。

 

長く住みたいと思っているのであれば、マンションを借りる時に「どのくらい音が響くのか?」を気にするようにしましょう。

 

だいたい客付会社ではなく、元付会社だと「過去に住人がどんな理由で退去したのか?」という理由を知っているものです。

 

可能であれば、「どんな理由で退去したんですか?」と聞いたみた方が良いと思いますね。きちんとした不動産会社であれば、答えてくれると思います。

 

ただ、中には悪質な不動産会社もいますから、仲介会社に関してはある程度気をつけた方が良いと思います。

 

広告料(物件を決めた時に大家さんが仲介会社に支払うお金)が多い部屋ばかりを決めようとする仲介会社もありますし、

 

結果的に、住んだ後から後悔してしまう事だってあるので。

関連記事:持ち家は資産なのか?

 

水道周りはしっかりとしているのか?

 

これは自分の物件に関しても言える事なのですが、水道関係がしっかりとしていない物件も多いんですよね。都心の物件だったら、そこまで大きな問題を抱えている確率は少ないのですが、

地方都市とかだと、錆が出てきてしまったり、水質検査に引っかかってきてしまう事だってあるんですよね。

 

水道関係の事に関して、一番起こりうる問題は「水漏れ」なのですが、これに関してはそこまで大きな問題ではありません。

 

パッキンをしたり、配管を交換する事はあるかもしれませんが、そういった対処でどうにかなるものなんですよね。

 

しかし、水そのものに問題があると、どうしても大きな問題になってしまうのです。クリクラのような「ウォーターサーバーで代替」するようになるような物件もありますが、

 

途中からウォーターサーバーに切り替わるなんて事があったら、面倒ですよね。最初の時点で「この物件は上水道を使っていますか?」と聞いたり、

築年数を気にしていれば、ある程度はトラブルを防ぐ事が出来ますね。

 

水道関係の部分は本当に大きなトラブルになってしまう事が多いので、マンションを借りる時には注意した方が良いのです。

 

貸している立場としては「きちんとした物件を提供したい」と思うのですが、投資の観点から「この修繕は割に合わない」と判断する場合もあります。

これは仕方のない事でもあるんですよね。

関連記事:お金と心の余裕に相関性はあるのかな?と考えてみた。

 

隣人について

 

隣人に関してもかなり気をつけた方が良い点だと思います。私が実際に被害にあったわけではないのですが、私の周りでは覗きや泥棒等にあったしまった人ってたくさんいるんですよね。

 

隣人が変な人だった場合、常に「見られているのではないか?」と思いながら暮らしていかなければならないんですよね。

 

隣にどんな人が住んでいるのか?という事に関しては、仲介会社は伝えてこないんですよ。しかし、特に女性の場合は隣の人に悩まされる事も少なくないのです。

 

隣に変な人が住んでいるというだけでストレスになってしまいますし、実際多いんですよね・・・

 

男性の場合は特に怖い思いをする事はないと思いますが、女性の場合は怖い経験をした事も珍しくはないのではないでしょうか?

 

仲介会社が知らないのであれば、マンションの住人に聞いてみても良いですし、それくらいマンションを借りる時はきっちりとした方が良いんじゃないかな?って思うのです。

 

家賃帯にもよりますが、だいたい1Rで6万円前後の物件とかになってくると、注意した方が良いかなあ。

というわけで、マンションを借りる時の注意点を解説してみました!

関連記事:賃貸か?持ち家か?問題について

関連記事だよ