仕事は異動が辛いものです。

総合職として仕事をしている人ならわかると思うのですが、仕事をしていると異動になる事があるんですよね。部署を異動する事になる事は会社にとってメリットがありますが、

社員からすると、辛いものです。

だからこそ、仕事で異動があると辛い、と感じて辞めようかなと思っている人もたくさんいるのではないでしょうか?

ただ、そうは言っても「この会社にいた方が良いのかな」と悩む事だってあると思うんです。

 

でも、仕事での異動が辛いなら、別に我慢する必要はないと思うんですよね。

 

総合職ってそもそも何よ

 

よく新卒として就職をすると、総合職として入社する事になると思うんですね。私の就活生として様々な企業を見ていた時も、

「総合職採用」という文字ばかりが目立っていました。総合職=正社員というわけでもないのに、なぜか総合職というと、

「良い職業」かのように聞こえてしまうのはなぜだったのだろうか。不思議な戦略です。

 

ただ、総合職になってしまうと、仕事で異動になる事もあり、「辛い」と思ってしまう人も当然いると思うんですよ。

総合職って建前上は「ゼネラリストを育てる」という概念があるでしょう。でも、それって「何をやるのかはわからないけど、とりあえず何でもやってもらうからね」というだけであって、

 

企業側にとって都合の良い採用方法でしかないんですよね。まあ、私は企業側なのであまり声を大にして言う事ではないのですが。

 

仕事での異動がつらいと思ってしまうのは当然だと思うし、そもそも「総合職」という実体の見えない採用をされていますからね。

それで我慢するのも何か不思議なような気がしてしまうんですよね。

 

仕事の異動が辛いと思う事なんてわかっていたじゃないですか。でも、それでも何となくの選択をしてしまったからこそ、

総合職になったわけであって・・・

 

と思ったんですけど、そもそも今は総合職での採用ばっかりですもんね。難しい問題です。

関連記事:やりたい仕事がわからない、は実は当たり前のことである

 

仕事の異動って従業員からすると地獄

 

実を言うと、私自身も新卒で入った会社には「総合職」として採用されました。だからこそ、もちろん異動する事もありますし、辛いと思う人が職場にもいたんですけど、

やっぱり今考えても不思議なんですよね。私の場合は音楽系の会社なのですが、

 

大企業なので、経理もありますし、営業もありますし、総務や人事、ウェブ関連等、多種多様な部署があるんですよね。

でも、私を含め、多くの人は「音楽の仕事をしたかったから入った」のです。入ってみたらネット関連の部署で働く人もいましたし、

人事部の人もいましたね。そうなってくると、ほら、もう「何がしたいのよ?」と思いませんか?総合職で採用されると、

仕事での異動が辛いと言いますが、辛いと思うのは当然の事で、やりたいと思っていた仕事と全く違う仕事をしなければいけなくなってしまうのですから。

 

もちろん、それが「社会人としてのルール」なのかもしれないけど、仕事は異動が辛いもので、それが当然なのかもしれないけど、

やりたい事があって、仕事をやっているわけで、何か違うなと思うのです。

 

「人事だって支えてるよ」と言う人もいるでしょう。わかりますよ。でも、あなたがやらなくてもその仕事は誰かがやります。

 

人事をやりたい人・どんな仕事でも良い人がやれば良いのです。

仕事において、異動って本当に辛いものじゃないかなあ。少なくとも私には耐えられないものでした。それが原因ではないのですが、

今はサラリーマンを卒業しましたしねえ。

 

会社のブランドが欲しくて「三菱商事にいる俺かっこいい!!」とかって思えるなら良いと思いますが、「この仕事を絶対にしたい!」と考えてしまう人には大企業は厳しいですね。

やりたい事をやれるとしても、その頃には40歳!なんて事も・・・

関連記事:のんびり仕事をしたいって実はみんな思っている。

 

 

本当にやりたい事をやるなら小さな会社か起業じゃないかな

 

本当にやりたい事があるなら、そもそも総合職のような採用形式を取っていない小規模な会社に入るか、起業してしまった方が良いと思うんですよね。

 

大企業で働きたいという気持ちをなぜか持っている人が多いと思いますが、大企業で自分のやりたい仕事をする事が出来るのか?というと、

そういうわけでもないんですよね。仕事は異動が辛いだけで、特に自分がやりたい事をやらせてもらえるわけでもない。

 

ただ、給料は良いから、辞めるのももったいない。

 

そんな事を思いながら、いつの間にか定年を迎えるのですよ。仕事での異動が辛いと思うなら、小さな会社や起業してしまった方が良いのです。

 

自分が思い描くような「理想の仕事」というものがこの世の中に存在するのかはわかりませんが、小さな会社や起業して作った会社の方が自由度は高いのです。

本当にやりたい事のために、何を犠牲にするのか?自分が生きる目的は何なのか?

 

そんな事から考えていけば良いんじゃないかな。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

仕事での異動が辛い

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。