ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

会社は株主のものですよ。

会社って誰のものなの?という基本的な議題なんですけど、実は会社が誰のものなのか?という教育をされてこなかったと思うんですよね。私たちは。

 

社会人であれば、多くの人は会社に所属し、そこから給料をもらい、生活をしていると思いますが、それでも会社は誰ものなのか?という事を知らない人の方が多いんじゃないかな?と思うのです。

 

会社って株主のものなんです。会社の所有者は株主なのです。

 

社長のものだと思っている人が多い

 

会社は株主のものではなく、社長のものだと思っている人が多いんですよね。「代表取締役社長」という言葉の強さから、

「社長のための会社でしょう?」と思ってしまう事が多いのです。

ただ、会社が社長のものであるという考え方はあながち間違っているものでもないんですよね。

 

上場企業であれば異なりますが、中小企業の場合、会社株式の大半を所有しているのは「創業社長」である場合が多いのです。

だからこそ、「会社は株主のもの」と同時に「社長のもの」であるという構図になっている場合が多いのです。中小企業で働いている人にとって、

いや、中小企業でなくとも、非上場企業で働いている人たちにとっては、会社は株主のものであると同時に社長のものなのです。

 

しかし、単純に「会社は社長のもの」だと思ってしまうと、株式を保有していない社長に関しても、同様に考えられてしまうため、

そこは気をつけるべきとこなのかな?と思うんですよね。会社は株主のものである事が会社組織の前提だと思いますし、

そこを理解していないと、根本的に会社組織というものについて理解する事が出来ない事が多いと思うのです。

関連記事:フリーランスが抱える「孤独」と向き合い方。

 

会社を売る社長もいる

 

会社は株主のものであるという事を身近で感じる事が出来るとしたら、会社が売られた時だと思います。私自身の会社は私や親族が株主ですが、

売るという事はありません。しかしながら、社長の中には自分が育ててきた会社を売却する人だっているんですよね。

 

会社は株主のものなので、創業者である社長が100%株式を持っていれば、他の企業に買ってもらう事だってあるんですよ。

M&Aの仲介会社とかもありますよね。私の知り合いにもM&Aの会社で働いている友人がいるのですが、今の時代は後継者がいない会社も多く、

M&Aを考えている経営者も多いみたいですね。

 

私の取引先でも、社長が会社を売った事により、社名が変わった事がありました。

 

私は経営者ですが、経営者でもこういった取引先の社名変更により、会社の売却を知り、驚いた経験があるのですよ。

 

社員からしたら「え?売られちゃったの?」と思う事もあるかもしれませんが、実際にそういう事ってあるんですよね。

 

会社は株主のものであるという事を認識するような機会はないと思うので、サラリーマンでも「会社とは何か」という事を根本的なところから理解する事の出来る仕組み作りをした方が良いと思うんです。

関連記事:サラリーマン生活を辞めたあの日。

 

社員は株主のために働いている

 

私の場合には小さくやっているので、あまり関係のある話ではありませんが、社員は基本的に株主の資本を効率的に増やしていくために働かされていると思った方が良いんですよね。

 

会社は株主のものであり、社長のものではありません。社長だって株主から「経営を代行」されただけであり、別に何が偉いわけでもないんですよね。

会社のお金を無駄に使う事も許されてはいませんし、社員も社長も、株主のために働いているわけなんですよ。

 

会社は株主のものであるという事がわかっていない人にとっては「社長のために働いている」と思っているかもしれませんが、

会社は株主のものなんですよ。

 

特に上場企業であれば、この傾向が強く、株主に税引後の利益から配当を出しますよね。あれは「今回は株主の皆さんのためにこれだけお金を稼ぎました。」という報告でもあるのです。

会社の経費だから使っても良いというわけではないし、会社の経費として使っているお金は株主のものなんですよ。

これまでの歴史の中でも、「出資する人」と「そこで働く人」は分離されていましたからね。それが現代においてもまだ続いているという事なんですよ。

関連記事:コトラーの競争地位戦略から経営を考える。

 

誰もが会社を持つ時代

 

結局思う事なんですけどね、やはりこれからの時代は誰もが小さな会社でも良いので、経営をするような時代になってくると思うのです。

副業の収入を新しく作った会社の売上にしても良いでしょう。

 

会社は株主のものであり、日本の税制は資本家に有利になるように作られているんですよ。サラリーマンは自分が稼いだ金額から経費を差し引く事が出来ませんし、

 

節税の手段も少ないし。まあ、社会保険料とかは折半なので、有利ですけど。

 

会社は株主のものであるという事から、様々な税制や会社法を調べていけば、法人と個人で何が違うのか?という事がわかってくるものなのです。

会社は株主もの。それを理解した上で、今の日本の状況を紐解いていくのも面白いんじゃないかな。

関連記事:なぜフリーランスはエージェントを使うのか?

関連記事だよ