「人と違う」事を恐れるな。

皆さんのの中には「人と違うね。普通じゃないね。」という言葉に傷つけられた経験を持っている人もいるんじゃないかな?って思うんですよね。

でも、人と違う事を恐れる必要なんて私はないと思っているんですよね。人と違うと、周りとうまくいかなくなってしまう事だってあると思うし、

他人から「普通」を求められた事だってたくさんあったと思います。

 

ただ、人と違う事を恐れる必要はないと思うし、むしろ人と違う事はその人の魅力でもあると思っているのです。

 

私も人と違う子供だった

 

実は私も人とは違う子供だったと思うんですよね。これは今でもそうなのですが、普通の事を言っているだけなのに、

 

「なんでそんな事を思うの?」と言われたり、自分が理解出来ない事で他人と言い争いになってしまったり、そんな時があったんですよね。

小学生の頃とか、中学生の頃とかって人と違うというだけで、「いじめられるかもしれない」と怯えてしまう事だってあったと思うんですよね。

 

私はいじめられていたわけではありませんでしたが、どこかで「人と違う事は疲れる事なのかもしれない」とかって思っていたのだと思います。

 

でも、人と違う考え方をしたりとか、人と違う容姿をしている事で周りに言われるあらゆる心ない言葉を真に受ける必要なんてないと思うし、

もっと自分らしく生きた方がきっと楽だと思うのです。

 

私は私の事を「人と違う」なんてその当時は思っていなかったし、特別何かに優れていたわけでもなかったけど、

いや、なかったと思っていたけど、周りの人に聞いてみると「全然普通じゃないよ。」と言われる事が多かったんですよね。

 

だからこそ、今思えば、「やっぱり人と違う部分は多かったのかな?」と、今になって思ったのです。人と違うなんて思ってもいなかったし、

どこにでもいる普通の子供で、普通の考え方をしている子供だと思っていたから、不思議でしょうがなかったけど、

今はそれが自分の良いところなんだな、と思って生活をしているような気がします。

関連記事:人生の決断をする時は人に相談しても意味がない。

 

違ったから今の仕事をしている

 

私はサラリーマンとして働いているわけではなく、会社を持って経営している起業家であり、フリーランスなんですよね。

今は、普通の生活をする事も出来ていますし、周りからは「自由な生活が出来て良いな」なんて言われるのですが、

 

私もサラリーマンとして働いていた事があるんですよね。でも、サラリーマンとして働いてみたものの、結局は人と違う考え方をしてしまう事が多かったので、

社内でうまくいく事はなかったのです。いや、対外的にはうまくいっていたように見えていたかもしれないのだけれど、

私の心の中では「辛いな」という気持ちがずっとあったのです。

 

でも、人と違う考え方をするからこそ、独立する事が出来たと思っているし、人と違うからこそ、今の生活が幸せなんだな、と今は思うんですよね。

人と同じで、普通の考え方しかない人だったら、きっとサラリーマンとして生活をしていたでしょうし、うまくやっていたでしょう。

それはそれで幸せな状態だと思うのですが、今みたいな「毎日が楽しい生活」というものを実現する事はなかったと思うのです。

 

人と違う考え方をするからこそ、人と違う道へ進んでいく事が怖くなかったのだと思うのですよ。

 

人と違う事で疲れる事はあるかもしれないけど、私のように、人によっては人と違う事によって自分の人生が良い方向に向かっていく事だってあるのです。

 

人と違うという事は、その人にしかない魅力があるという事だと思うし、多くの人は怖がる道を迷わず進んでいく事が出来る力を持っているという事だと思う。

関連記事:人生が幸せだと思える要素とはなんだろう?

 

歳を取る度に「人との違い」は魅力になっていく

 

若い時には「人と違う」という事でいじめられる事もあったと思いますが、歳を取る度に「人と違う点」というものに魅力を感じてくれる人が多くなってくると思うのですよ。

 

例えば、簡単な例で言えば、「起業」だってそうですよね。起業するという「人と違う働き方」をしていると、周りにたくさんの人が集まって来るのです。

 

「どうやって起業したの?」とか「サラリーマン辞める時はどうだった?」とか。

人と違う事をする事によって、他の人から魅力的に映る時期というものがあるんですよね。若い時には、同質性を求める人がなぜか多い。

 

自分と同じように、全員と同じように。

 

誰もが同じ道を歩み、同じような考え方をする事が求められて来たと思っています。でも、歳を取ればとるほど、「人と違う」という事が、

その人の魅力になるものなんですよ。

 

人と違う事によって若い時には損をする。だからこそ、自分の個性や独自の考え方を心の奥底にしまっておく、なんて人が多いんじゃないかな。

「他者とは違う自分」を誰かに悟られないように、そっと自分の心を身体のどこかに隠しているのです。

 

でも、人と違う事って悪い事じゃないのです。誰もが同じ考え方、身体をしていたら、面白くない。もっと自分がなりたい心の形を見つけてあげれば良いのです。

関連記事:人生で本当に大切な事って何?

人と違う

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。