ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

フリーランスで働く事に疲れたと感じている人だっているのです。

「フリーランスをやっているよ!」なんて言うと、「旅行とか自由に行けて良いよね!」とか「嫌な上司とかもいなくて良いな」なんて言われる事もありますが、

 

フリーランスの中には「フリーランスで働く事に疲れた」という人だっているものなんですよね。フリーランスというものに憧れている人がたくさんいると思うので、

フリーランスになるメリット」を書いていきたいという気持ちはあるのですが、中にはフリーランスで働く事に疲れた人だっていますし、

そういった人たちの考え方も発信していきたいと思ったのですよ。

 

フリーランスは常に努力しなければならない

 

フリーランスは自由なイメージがあると思いますが、フリーランスとして働いていくという事は、自分の力だけで働いていくという事なんですよね。

 

私、水瀬まりももサラリーマンとして働いていた事があったのですが、サラリーマンとして働いていると、何もしなくとも、「給料」という形で生活費が支給されるんですよね。

しかし、フリーランスとして働いていると、誰が給料をくれるわけでもありませんから、自分で常に努力し、稼いでいく必要があるのですよ。

 

ただ、そうなってくると、「フリーランスで働くのに疲れた」と感じてしまう人だっているわけです。これはサラリーマン生活が長い人に多いですね。

サラリーマン生活が長いと、安定した収入に慣れてしまっているので、「来月はどうなるのかわからない」という状態が怖くて仕方ないのです。

 

フリーランスという自由な職業に夢を見て独立したものの、精神的に辛くなってしまい、

 

「フリーランスなんて嫌だ。疲れたし、サラリーマンに戻りたい。」

 

なんて思ってしまう人だっているものなのです。フリーランスとして働くという事はそれだけ辛い事でもありますし、

努力し続ける必要があるので、非常に大変な職業でもあるんですよね。

だからこそ、フリーランスで働く事に疲れたと感じてしまう場合があるのです。

関連記事:地方で働くフリーランスがこれから増えていく理由。

 

どこまでも孤独なフリーランス

 

会社で働いていると、「孤独だな」と思う事なんてないと思うんですよね。でも、フリーランスになってしまうと、どこまでも続く「孤独」と闘っていかなければならないのです。

最初の頃は「フリーランスになって良かった。上司もいないし、嫌いな同僚だっていないし。」なんて思うものです。

しかし、数ヶ月経ってくると、「自分の人生はこんなにも孤独なのか」と落胆してしまう事があるのです。

 

「フリーランスで働く事に疲れた」なんて思うわけないと思っていた人でも、孤独と闘っていく中で、疲れてしまう事だってあるのですよ。

仕事で成功したからといって誰かが褒めてくれるわけではありません。仕事でトラブルがあった時も自分一人で解決していかなければならないのです。

そう考えると、フリーランスという職業は「孤独に耐えられる人」じゃないと続かないものなんですよ。

 

私も起業したり、フリーランスとして活動していると、「孤独」を感じる事はありますよ。フリーランスだって人間ですからね。

ただ、私は独立して働く事が向いていたので、「フリーランスで仕事をする事に疲れた」なんて思う事はありません。

だって、サラリーマンとして働く方がずっと疲れる事だったから。あの時に比べれば、何て事はないし、孤独を受けいれているのです。

 

でも、だからといって全てのフリーランスが「フリーランスとして働いていく事に疲れた」と思わないわけではなく、

嫌気がさしてしまう人だっているものなのです。

関連記事:なぜフリーランスはエージェントを使うのか?

 

不安定な職業

 

フリーランスという職業はサラリーマンに比べたら不安定な職業だと思うんですよね。もちろん、今はサラリーマンだってリストラされる可能性があるし、

人工知能に仕事を取られてしまう可能性だって高いでしょう。だからこそ、リスクはありますが、サラリーマンよりもフリーランスの方が、

 

不安定な職業ではあると思うのです。私たちは「安定」を求める生物です。特に家族がいたりすると、「フリーランスには疲れた。家族のためにはサラリーマンになった方が良いかも」なんて思う人も多いのですよ。

 

フリーランスという職業は確かに不安定な職業なんですよ。収入を分散したりとか、不労所得を増やしていかないと、サラリーマン時代よりも生活が厳しくなったり、

時間的拘束が長くなってしまう事もありますからね。フリーランスで疲れたと感じる人が多いのは当然の事でもあるのです。

 

不安定な状態が40年とか30年続く事を考えると、普通の人には辛い職業なのです。私の場合は、「フリーランスに疲れた」と思ってしまうような状態にならないために、

収入を分散していますしね。会社から独立してフリーランスとして働くという事は、それだけ精神的には辛い事でもあるのですよ。

 

フリーランスに疲れたって人はサラリーマンになっても良いと思うし、選択肢はたくさんあると思うんですよね。

 

フリーランスが合わなかったという人だっているものなんですよ。

関連記事:フリーランスになりたい人は向いているのか?を考えるべき。

関連記事だよ