ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

フリーランスとニートの線引きって難しいよ。

どうも、旅するブロガー水瀬まりもです。

今回は刺激的なタイトルになってしまいました。でも、実際「フリーランスとニートの線引き」って難しいと思っているんですよね。

 

私は起業もしているし、個人事業主としても活動しているので、フリーランス・起業家、どちらの側面もわかっているのですが、

だからこそ、フリーランスとニートの線引きって非常に難しいと思っているのですよ。

 

稼げるまではニート同然

 

これは思った事なんですよね。私もフリーランスとして、起業家として事業を始めた時にはほとんどお金を稼ぐ事が出来ませんでした。

ビジネスとは難しいもので、事業が軌道に乗るまでには少なくとも「2年程度」の時間がかかってきてしまうものなのです。

 

だからこそ、稼げるようになるまでは、フリーランスを名乗っていても、実質的にはニートのようなもので、自分で稼げるお金は少ないし、役所に行った時には「職業どうしよう・・・」なんて思うものなんですよね。

美容院に行ったら「お仕事はお休みですか?」なんて言われたりして、「あーまあ、そんな感じですね。」という際どい返答。

 

こんな経験をした事があるフリーランスの方も多いのではないでしょうか?フリーランスという言葉が流行っているこの時代において、

フリーランス=かっこいいものだと思ってくれている人もいるかもしれませんが、フリーランスとニートって稼げているのか?稼げていないのか?で線引きされるようなところもあるので、

フリーランスとニートの線引きは非常に難しいものがあるのですよ。

 

友人に説明する時にも何て言ったら良いのかわからなくて、困る時もありますからね。フリーランス経験した人だけにしかわからない事だと思いますが、

フリーランスが一番「俺ってニートとあんまり変わらないよね。」なんて思っていたりします。最近は私も説明するのが面倒になってきたので、

 

「働いていません」なんて言ってしまう事もありますね。そうすると、相手が「あ、そうなんですね・・・」という感じで困るので、

それ以上会話が続かなくなるというメリット?があるのです。

関連記事:フリーランスが抱える「孤独」と向き合い方。

 

 

出社する時間に小学生が帰宅

 

 

これはだらけているからだと思いますので、全てのフリーランスに当てはまる事ではありませんが、フリーランスって基本的に「自由な時間」が多いので、

朝遅くまで寝ているという人が多いのではないでしょうか?私自身、10時間程度の睡眠が必要なロングスリーパーなので、

出社するのが遅くなってしまう事が多いんですよね。そうすると、私が家を出る時間に小学生が下校してくるような事もあるんですよ。

 

フリーランスとニートって、起きる時間や睡眠時間で考えると、実はニートと変わらなかったりするんですよね。

ニートは稼いでいないからこそ、ニートなのであって、稼いでいればフリーランスを名乗る事が出来ますし、フリーランスとニートの違いって実は曖昧なものなんですよ。

 

フリーランスも初期の頃にはサラリーマンの時と同じような時間に起床し、努力していたと思いますが、人間は怠惰な生物ですから、

 

フリーランスの時期が長くなって来ると、朝が苦手になってくるのですよ。これは私も同じで、最初の頃はサラリーマン時代と同じか、それより早い時間に起きていたのですが、

 

数ヶ月も経ってくると、普通の時間には起きられなくなって来てしまうのですよ。本来、人間の睡眠時間って6〜8時間が必要ですから、

 

フリーランスになると、ニートと同じように、8時間〜10時間程度の十分すぎる睡眠時間をとってしまうものなんですよ。

 

「情けないなあ」なんて思いながら、朝起きる事も多いのですよ。まあ、それがフリーランスの良いところなんですけど。

関連記事:なぜフリーランスはエージェントを使うのか?

 

別に周りの目を気にする必要はない

 

確かに、フリーランスってニートと大差なかったりするんですよね。起きる時間は遅いし、稼いでいない人だっているし、

社会ではうまくやっていかなかったからこそ、フリーランスになったという人だってたくさんいるわけで、そう考えると、

 

フリーランスの中には「俺って実はニートなんじゃないか?」と思い、サラリーマンに戻りたくなる人もいると思うんですよね。

でも、私は周りの目を気にする必要なんてないし、自分がフリーランスとして生活していきたいと思うなら、

続けていけば良いと思っています。

 

フリーランスとニートの線引きなんて非常に難しいものです。だからこそ、周りからの目が厳しくなってしまう事だってあるんですよね。

でも、そんな事を気にする必要はないのです。

 

フリーランスってニートと同じじゃないの?と思ってしまう時はあるかもしれませんが、私は今、フリーランス・起業家として働いている事で、

たくさんのメリットを感じていますし、性格的に合っている人であれば、フリーランスという職業はとても魅力的だと思うのです。

 

フリーランスとニートの違いなんてそこまであるものではないし、誰かと違う事に違和感を覚えてしまう事もあるかもしれないけど、

私たちはそれぞれの道を歩むべきだと思うのです。

フリーランスって良いものですよ。

関連記事:新卒フリーランスという選択肢のために考えておくべきこと

関連記事だよ