試用期間中にクビになった友人と話していて思った事。

試用期間中にクビになるなんてないと思っている人は多いと思うんですよね。試用期間というものは、多くの企業で採用されている制度で、

試用期間中にクビになる事は、ありうるわけですよ。

 

でも、基本的に「試用期間中にクビになる」という人は多くはありません。だからこそ、友人が「試用期間中にきクビになった」という話を聞いて、

驚いてしまったんですよね。

 

そんな試用期間中のクビについて、友人の話を書いていきたいと思います。

 

証券会社に勤める厳しさ

 

試用期間中にクビになったのですが、その原因の1つとして「証券会社で働いていたから」という部分はあると思うんですよね。

証券会社の営業として彼は働いていたのですが、証券会社って基本的にはブラックな場合が多くて、証券会社を1年以内で辞めるべき理由でも、某大手企業の事を書いたのですが、

 

基本的には「厳しいノルマ」が課される事が多いのですよ。ブラックな環境の中で「厳しいノルマ」をこなしていく事ってとても難しい事です。

 

元々証券のような「厳しい業界」が性格的に向いていない彼は「試用期間中」にクビになってしまったのです。試用期間があったとしても、

 

普通は数ヶ月とか半年した後、ほぼ100%正社員にする、というのが通常の流れだと思います。私が新卒で入った大手の会社にも「試用期間」というものはありましたしね。

 

でも、当時の同期も「試用期間中だからクビになるかもしれない」と考えている人はいませんでしたし、当時の人事も「一応試用期間という言葉はあるけど、辞めさせられた事はありません。」と言っていました。

 

それくらい試用期間中にクビになるという事は珍しいケースなのです。ただ、彼が属する「証券業界」においては、厳しいノルマのを達成出来なければ、

 

「給料泥棒」としての烙印を押されてしまい、結果的に試用期間中にクビになってしまったのだと思うのです。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

 

 

クビにされてから彼はどうなったのか?

 

彼女にフラれる

 

試用期間中にクビになった彼は「クビになった日」から会わなくなり、結果的に当時付き合っていた彼女に振られています。

試用期間中にクビになっただけでも辛いのに、さらに彼女にまで振られてしまうと辛いものですよね。「なんてひどい女性だ」と思う人の気持ちもわかりますが、

 

実際、こういう女性って多いと思うんですよね。リストラされた事によって「自分が不安になる」という人も多く、

「だったら、まだ若いし、違う人と付き合った方が良いんじゃないか?」と考えるのです。

でも、本人からしたら辛いですよね。

 

酒の量が増えた

 

試用期間中にクビになった彼は、それから酒の量が増えたと思うんですよね。試用期間中にクビになったという事は当然ながら、ストレスになってしまいます。

だからこそ、クビになった事をお酒で忘れようとしていたのです。

 

しかし、高い酒を飲むわけにはいきません。試用期間中でクビになっているので、お金はないわけですから。

 

彼にとって試用期間中にクビになったは2社目だったので、次の会社を探すまでの時間がかかってしまう事も想定していたのでしょう。

安いお酒を飲んで、それで忘れようとしていました。でも、帰り道にただただ怖くなってくるんですよね。

同じような気持ちになった事があるので、私にもわからなくはないのです。

 

人に会わなくなった

 

試用期間中にクビになってしまうと「友人になんて説明すれば良いのかわからない」という状態になってしまったのでしょう。

だからこそ、試用期間中にクビになってからは、人に会わなくなってしまったんですよね。もちろん、一部の友人には会っていましたけど、

 

その他多くの友人には説明するのが嫌だったようで、人に会わなくなってしまったのです。でも、試用期間中にクビになった上に、人にも会わないなんて事になったら、

 

ますますストレスが溜まるものですよね。だからこそ、試用期間中にクビになったら、周りからしつこく誘ってあげるくらいが良いんじゃないかな?と思います。

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

今は転職する事が容易な時代

 

試用期間でクビになってしまった彼ですが、今現在は違う会社に転職し、働く事が出来ています。

でも、本当に凄いですよね。就職氷河期の頃は「就職出来なくて大変」という状況だったものが、時代が変わると、「いつでも転職出来る時代」になるわけですから。

 

試用期間中にクビになってしまうような事は世間的にはあまり多くはないのかもしれませんが、試用期間中にクビになってしまったとしても、

転職先がいくらでもある時代なら「気楽な気持ちで自分の居場所を変えられる」と思いましたよ。

 

試用期間中にクビになったとしても、別に気にする必要なんてないと思うしむしろ「ここは自分の居場所じゃなかったんだ」と思って、

次の職場を探した方が良いと思うんですよね。

別に起業しても良いわけですし。

 

試用期間中にクビになってしまうという事は、その仕事が自分にあっていなかったという事なんですよ。無理に雇われるよりも、

「試用期間が終わったからクビね」とはっきり言われた方が、結果的には自分のためになると思うのです。

 

今は「多動時代」です。時代が移りゆきスピードが日に日に速くなる中で、「思いついたら行動」が出来る人が生き残るわけです。

 

だからこそ、試用期間中にクビになったとしても、切り替えて、次の目標に向かって努力をすれば良いだけなのですよ。

関連記事:サービス残業を拒否できない会社っておかしいと思う

試用期間中にクビ

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。