ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

お金の教育を子供にするには大人が努力する必要がある。

お金の教育を子供にしたいと思っている大人は多いと思うんですよね。日本は先進国の中でも、金融リテラシーが低い人が多い国、日本では、

子供がお金を学ぶ機会があまりにも少ないと思うんですよね。

だからこそ、お金の教育を子供にしていく事は、今後必ず必要になってくる事だと思うのです。

 

しかし、お金の教育を子供にするためには、まず大人が努力する必要があると思うのです。

 

子供のために大人が努力するべき理由

 

子供は自ら「お金」を学ぼうとは思わない

 

お金の教育を子供にするべきだとは思いますが、子供は自ら「お金」について学ぼうとは思わないものなんですよね。

お金の教育を子供にしたいと思っているのであれば、大人が教えるしか方法はないのです。親は「お金の教育を子供にさせたい」と思うかもしれませんが、

子供にとって「お金」というものはツールであって、学ぶものではありません。

それだったら、長い時間外で遊んでいた方が楽しい、ゲームをしていた方が楽しいと思ってしまうものなんですよ。

皆さんも子供時代に「今日はお金について勉強しようよ!」と言ってくる子供には出会っていないはずです。お金の教育を子供にするためには、

大人が努力する必要があるのです。

 

大人が知らないなら教えられない

 

お金の教育を子供にしたいと思っていても、大人が知らないなら教えられるはずがないと思うのです。子供に「金融リテラシー」をつけてあげたいと思っているのに、

自分は貯金ばかりしているような状態だと、子供もまた「貯金をした方が良いんだね」と考える子供になってしまい、

お金について学ぶ機会を得る事は出来ないものです。

大人が知らないなら、子供もお金の教育を受ける事が出来ないのです。

 

「労働」だけがお金を手に入れる手段だと思ってしまうので、子供の将来を考えるとこんなに不自由な事はないんですよ。

 

学校では教えてくれない

 

学校で「お金の教育を子供にする」という方針のところがあれば、紹介していただきたいものですが、実際にはありませんよね。

一般的には「子供の金融リテラシー」と「親の収入」というものは比例するので、学校でお金の教育を子供にしてくれるのであれば、

どんな子供でも平等にお金について学ぶ事が出来ると思います。株式や不動産、複利についてもきちんとした知識を子供時代がつける事が出来るわけです。

しかし、実際には学校では、お金の教育を子供にしてくれないものなのです。

関連記事:なぜお金の運用において初心者は損をするのか?

 

学校では教えてくれない3つの理由

 

教員のリテラシーが低い

 

お金の教育を子供にするのは「学校」であるべきだとは思いますが、そもそも教員は適切な金融リテラシーを備えていません。

だからこそ、子供にお金の教育をする事が出来ないのです。

教員が株式や不動産、債券等の金融商品について知らないのに、子供に教える事は出来ないわけです。

私が学生だった頃も経済の歴史については教えてくれたのですが、お金に関する細かい知識を教えてくれる事はありませんでした。

お金の教育を子供に出来るような教員gあもっと増えてくれれば良いんですけどね。

 

 

実際に投資をしている教員は少ない

 

お金の教育を子供にするためには、お金について学ぶだけではなく、実際に自分で投資をした経験を持っている必要があると思っています。

しかし、学校側が「投資経験」を先生に求めるわけにはいきませんよね。公立学校の先生とかだと、公務員だからそもそも副業禁止なのかな?

自分で投資をした経験を持っている人が少ないからこそ、学校ではお金の教育を施す事が出来ないのです。

株式の知識だけを持っている人より、実際に運用を経験していた人が教師として教えてくれた方が効率的に教える事が出来ますし、

情報もより「リアルなモノ」になりますよね。

 

学校は「職業訓練の場」になっている

 

学校ってそもそも「一人で生きていく方法を教える場所」ではなく、「職業訓練の場」になってしまっていると思っているんですよね。

確かに、お金の教育を子供にするよりも、「サラリーマンとしてどう生きていけば良いのか?」という事を教えてあげた方がサラリーマンとして働く時には役に立つのかもしれない。

でも、お金の教育を子供にしてあげなければ、どこかで絶対に躓いてしまうと思うんですよね。家のローンの計算や、老後の資金。

こういった事を考えると、「職業訓練」だけをしても意味がないのです。

関連記事:給料の使い方で、将来お金持ちか貧乏の明暗が分かれる

 

大人がお金について学ぶためにやるべき事

 

金融の歴史について学ぶ

 

お金の教育を子供にするためには、親がきちんとしたお金に関する知識を有している必要があります。そのためにまずやってみて欲しい事は「金融の歴史」を学ぶ事なんですよね。

金融の歴史を学ぶためには「本」だけを使えば良いわけではありません。インターネットを使って、Googleで検索し、金融の歴史について学んでいくのです。

金融の世界はある種「循環的」な部分があるんですよね。

実は世界において「真新しい事」は何も起きていなく、歴史が繰り返されているだけだったりします。

 

お金の教育を子供にするためには、金融の歴史について根本的に学んでみると、よりアカデミックに教える事が出来ると思います。

 

本を読んでみる

 

本を読んでみる事も大切ですね。投資に関する本はたくさんありますが、「株で1000万円絶対に稼ごう!」といった感じの胡散臭いものではなく、

きちんとした投資家が書いたものを読んでみるべきだと思います。

ジム・ロジャーズの本とかは良いんじゃないかな?と思います。ジム・ロジャーズは世界三大投資家の一人でシンガポールに在住しています。

彼の「冒険投資家ジム・ロジャーズのスマートストリート」とかが私の中ではおすすめの本ですね。

多くの本を読む必要はありません。Amazonで評価の高い本だけを読んでいけば、自然とお金に関する教育を子供にする事が出来るようになっているのです。

 

実際に投資してみる

 

本を読んだり、金融の歴史について学んでみる事も大切なのですが、最終的には「投資経験」が大切になってきますよね。

投資をしてみると、理論通りにはいかない事が多く、大きな損失を出してしまう事だってあると思います。しかし、それで良いのです。

投資の失敗からたくさんの事を学び、改善していく事によって、お金の教育を子供に施せるようになるものなんですよ。

 

お金の教育を子供にしたいと思っていながら、自分は「何の投資もしない」なんておかしいですよね。子供に教えたいと思うなら、

きちんと自分で実践し、学んでいく事が何よりも大切なのです。最近はウェルスナビ THEO等の人工知能による運用サービスも出て来ているので、

こういったところから実践してみても良いですよね。

関連記事:投資で利益を得る仕組みを解説していこうと思う。

関連記事だよ