「お金に働いてもらう」って本当はとても大切な事なんですよ。

「お金に働いてもらう」という言葉を聞いて、「何だそれ?」と疑問に思った方も多いと思うんですよね。自分が働いた労働時間の対価としてお金をもらっている人はいても、

それは自分で働いて稼いでいるだけであって、

お金に働いてもらっている人ってまだまだ少ないと思うんですよね。

 

しかしながら、お金に働いてもらう事って大切な事だと思っているのです。

 

 

お金を得る方法は労働によってのみだと思っている人も多い

 

皆さんがお金を稼ぐための方法としてどのようなものを思いつきますか?きっと多くの人は「サラリーマンとして働く事」を思いつくのではないでしょうか?

 

就職する事が出来れば、安くともだいたい20万円前後のお金を会社からもらう事が出来ると思います。

 

自分の時間を会社に提供して、会社からお金をもらうのです。それだけが正しい稼ぎ方だと思っていたと思うんですよね。

 

親も親でサラリーマンである事の方が多いわけですから、お金に働いてもらうという考え方を教えてくれるわけもなく、

「良い大学に行って、良い会社に就職する事だけがお金持ちになる方法だ」と教わった事でしょう。

 

サラリーマンとして働いていく事によって、確かにお金をもらう事は出来ますし、それがシンプルな方法に見えてしまう事だってあると思うのです。

私の周りでも、お金に働いてもらうという事を全く考える事が出来ず、労働だけがお金を手に入れる方法だと思っている人がほとんどなんですよ。

 

でも、お金に働いてもらう事だって大切だと思いますし、労働によってお金を得るだけだと、収入にも限界が出来てしまうものなんですよ。

 

だったら、お金に働いてもらうという選択肢を選んだ方が効率的な生き方を実現する事が出来ると思っているのです。

 

親から「お金に働いてもらう」という方法を教わらない人は多いので、高年齢になり、「年金だけでは生活が出来ない」と悟った時に「そろそろ資産運用をしなければ」と思う人が多いのですが、

 

若い内からお金に働いてもらう経験をする事って大切な事だと思うんですよね。

関連記事:なぜお金の運用において初心者は損をするのか?

 

お金に働いてもらうメリット

 

自由な時間が増える

 

お金に働いてもらう事が出来るようになると、自分の時間が増えていくと思うんですよね。特に私は投資会社を経営しているので、

「お金に働いてもらい、手に入れるお金」が増えれば増えるほど、私の働く時間は減っていくのですよ。労働によって賃金を得る事も大切なのかもしれませんが、

労働による賃金は「稼いだから労働時間が少なくなる」といった種類のお金ではありませんよね。

だからこそ、お金に働いてもらう事が大切だと思うのです。人生の時間というものは誰もが平等に持つものです。

つまり、最も大切なものは「時間」だと思うのです。

 

「自由な時間が増える」という事はお金に働いてもらう時のメリットだと思うのです。

 

加速度的にお金が増える

 

お金に働いてもらう事が出来ると、「複利」というものを手にする事が出来ます。

※複利とは・・・投資先から得た利益を再投資し続ける事によって生まれる利益

 

つまり、お金に働いてもらい、配当等の分配金を再投資していく事によって、加速度的にお金が増えてくるのですよ。

今後は労働による賃金が年齢と共に上がっていく事はなくなっていくでしょう。そんな時に「資本収益」というものが大切になってくるのです。

お金に働いてもらう事により、安定した収益基盤を作る事が出来るのです。

 

人と関わらない状態をいつでも作れる

 

人と関わる事って大切な事でもありますが、人間の大きなストレスでもあると思うんですよね。会社の何が辛いって大部分は「上司との関係」だったりするんですよね。

私も上司が嫌で嫌でしょうがなかった時期がありました。だからこそ、今は独立してしまっているのですけどね。

お金に働いてもらう事が出来れば、人と関わらない状態をいつでも作る事が出来るようになる場合だってあります。

適切に運用し、お金を増やした上で投資をしていく事によって、「人と関わらない生活」を送る事が出来るようになるのです。

サラリーマンにとってはこれって本当は大きな事だと思うんですよね。精神的に。

関連記事:お金の使い方によって人生は大きく変わっていく。

 

お金に働いてもらう事によって私も楽をしてきました

 

なぜ「お金に働いてもらう事を勧めるのか?」というと、

 

お金を働いてもらう事によって、私自身が楽をしてきた経緯があるんですよね。私は投資会社を経営し、若い時から投資を経験した事により、

楽をしてきたと思うのです。サラリーマンをやっていた時期もありますが、今は基本的に投資とブログによって生活をしています。

お金に働いてもらう事が出来れば、人間関係に悩む事はありません。嫌な上司の下で我慢する事だってありませんし、

朝早く起きなければいけないわけでもありません。お金に働いてもらう事によって、自分の生活を「自分に合った楽なもの」に変えてきたのです。

 

最初はお年玉を株式に投資するところから始まり、150万円程度の小さな物件を高校生の時に購入し、そこから投資会社を経営するようにもなったのです。

お金に働いてもらう事を幼少期に学ぶ事が出来た私はラッキーだったかもしれません。しかし、自己資金が少しでもあるならば、

誰にでもお金に働いてもらう事がは出来るはずです。

 

だからこそ、「お金に働いてもらう」という選択肢を人生における早い段階で学び、経験した方が良いのですよ。

 

「お金に働いてもらう」なんて何か都合の良い話のようにも聞こえますが、人生において大切な「時間」を作り出すものなんですよ。

それだけ、大切な選択肢なのです。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

お金に働いてもらう

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。