香港からマカオにフェリーで行ってみたけど大変だった。

香港に旅行に行った時についでにマカオにも行ってみたいという人も多いと思います。

 

ギャンブルで有名なマカオですが実はフェリーで香港から1時間程度で行くことができ

値段もそこまで高くないので、香港に行った際はマカオも見てみると面白いのではないかなと思います。

 

しかし感じで推測できるとはいえ、香港やマカオはなかなか観光するのが難しい国だなと感じました。

 

案内板などが少なく仕組みもよく分からないので、香港からマカオに行った時にとても苦労したんですね。

 

初めて香港に行ってフェリーでマカオに行くという人のために、

私が苦労したことについてお話ししてみたいと思います。

 

香港側の乗り場は3箇所

 

香港側のフェリーの乗り場を3箇所あります。

  • 【九龍】チャイナ・フェリーターミナル(中国客運碼頭出入境管制站、中港城)
  • 【香港島(上環)】香港・マカオフェリーターミナル(港澳客輪碼頭出入境管制站)
  • 【香港国際空港】香港国際空港フェリーターミナル(海天客運碼頭出入境管制站)

この3箇所で、

私は香港で九龍島側にあるホンハムというところに宿泊していたので、

MTRで尖沙咀(チムサーチョイ)へ行き、九龍のフェリー乗り場からマカオへ向かいました。

関連記事:香港のホンハム(HungHom)に泊まってみた!ローカル感にびっくり。

 

フェリー運行会社は2社

 

フェリーの運行会社は2社あります。

  • ターボジェット(噴射飛航)
  • コタイジェット(金光飛航)

の2社。

 

チムサーチョイ駅から中港城へ向かいます。

 

 

歩いて大体10分程度です。

 

中港城

 

中港城は一見するとデパートのようなところになっており、受付のところでチケットを買うことができますが

チケットを買う窓口では2時間後くらいのチケットしか買うことができず

手前の方でお兄さんがチケットを手売りしていてその人からチケットを買いました。

 

もしかしたら多少割高だったのかもしれないけれど、30分後くらいのチケットを買うことができたので時間のロスはなかったです。

 

割高だったとしても行きフェリーは日本円で2000円前後だったのでフェリーに乗るということを考えるとそこまで高くはないのかなと思います。

関連記事:香港に行くときはトイレ事情に注意!汚い、少ない、紙がない!

 

フェリーの値段

 

それぞれの運行会社のサイトで確認する事ができますが

平日の昼間が一番安くて、160〜170香港ドルくらいが相場です。

 

ターボジェット公式

コタイジェット公式

 

それぞれオンラインでチケットの予約をすることもできますが、コタイジェットの方のサイトは中国語なのでちょっと難しいかも。

関連記事:旅行好きが考える海外移住をする時のデメリット

 

ゲートをくぐる時に座席が決まる

 

チケットを買った時点ではまだ座席が指定されていません。

ゲートをくぐった時にチケットを見せて、座席の番号が書いてあるシールを貼ってもらいます。

 

フェリーのゲート

 

混んでいたり出向ぎりぎりの時間にゲートを通ると複数人で乗船する時に近くの席に座れない場合はあるので

ゲートは時間に余裕を持って来た方が良いでしょう。

 

これが最初はわからず、ゲートをくぐるのがギリギリだったので、座席が残りわずかで「隣の席あるかな〜?」みたいなことをゲットのおばちゃんに言われてヒヤヒヤしました。

feri

ちなみにフェリーの中はかなり揺れます。

フェリーの中でもう本当に苦しそうに吐いている人もいました。

 

乗り物酔いしやすい人は酔い止めを持って行った方が良いと思います。

私も結構乗り物が苦手な方で、なかなかに気持ち悪かったです。

関連記事:英語が話せないけど海外旅行に行きたいならシンガポールがおすすめ

 

フェリー到着からタクシーで市街地へ

 

マカオには二つの船着場があります。

実は行き先があまりよくわかっていなかったので、マカオ島に行くつもりがタイパ島についてしまっていました。

 

着いてからシャトルバスに乗る人たちが多かったですが私はツアーではなかったのでタクシーで市街地に出ることにしました。

 

マカオタクシーは日本よりは割安で、タイパ島からマカオ島の方に行きました。

タクシーには15分から20分ほど乗っていた気がしますが値段はあまりかかりませんでした。

確かに1000円くらいだったかな。

 

マカオはタクシーのトラブルが少なく、旅行者でも安心してタクシーに乗ることができます。

 

ただ運転手さんはだいたい英語を喋ることができないので、

観光地図などを持って行ってここに行きたいんだという風にアピールする方が早いと思います。

 

料金はマカオの通貨であるパタカでも、香港ドルでも払うことができます。

 

シャトルバスや循環バスは初心者には難しいので、移動手段としてはタクシーが一番良いと思います。

関連記事:女がひとり旅で海外に行く時に絶対に気をつけるべきポイント

 

帰りの便が少ないor高い

 

マカオから香港に帰るときも注意が必要です。

 

夜の日になると便が少なかったり、チケット割高になっていることが多いので、できれば昼間のうちにどの便で帰るかということも調べておいた方が良いでしょう。

 

私の場合は帰りの便は夜だったため割高でしかもスーパークラスという階級が上の便に乗るしかなかったので
行きは2000円くらいで行けたのに帰りは5000円くらいになってしまいました。

 

ただ5000円になることによって二階の席でふかふかの座席に座ることができたし

なぜか機内食が出て面白かったです。

 

フェリーの食事

 

香港からマカオへフェリーで遊びに行くときは分からないことが多いと思うのでちゃんと調べてから行った方が良いでしょう。

 

香港へのツアーはカスタマイズがしやすい旅工房がおすすめです。

関連記事:旅行は閑散期に行くべきだと思うし、それが出来る環境で働きたい。

 

では今日はこのあたりで。

香港からマカオまでフェリーで行ってみた!