就活うつになるくらいなら、やめてしまってもいいと思う。

みんなが一斉に自分の将来を決め始める就活の時期になると

エントリーシートをたくさん書かなくてはいけなかったり、多くの人に自分の品定めをされるような面接をたくさん行けなくてはいけなかったりと

精神的に辛いと感じることがとてもたくさんあると思います。

 

就活をしている中で「もう無理だ」と感じることもあるのではないでしょうか。

実際に就活をしてうつ病になってしまうという人は7人に1人もいると言われています。

 

就活うつという言葉が出来上がってしまうほどです。

 

ただ、うつになって精神的に追い詰めらるくらい切羽詰まってしまっているのであれば

就活をやめてしまっても良いのではないかと思うんです。

 

そこまでして就活をする意味が本当にあるのかどうかというのが年々懐疑的なものになってきているのではないでしょうか。

 

就活で内定をもらえなかった経営者たち

 

ところで就活で全然内定をもらえなかった人たちが今有名な経営者になっているということをご存知でしょうか?

 

調べてみるとわかることですが就活でなかなか内定をもらうことができず企業に就職できなかったから経営者の道を選んだという人が結構います。

 

それなりに有名で発信力が高い人もいるので調べればすぐ出てくると思います。

 

就活で内定をもらうことができなかったら人生終わりだと思っているような就活生が多いですが、

就活がうまくいかなかったら最悪経営者になってしまう、という道すらあるわけです。

 

仕事が本当にない、なんていうことは今の日本ではありえません。

 

むしろ自分で仕事を作っている人たちがたくさんいます。

もしも内定がもらえないのであれば自分で仕事を作り出して生きていくという選択肢もあるのだということを覚えておいてください。

関連記事:内定が取れない人の特徴

 

就活で人生が決まらない

 

たった一回の就活で人生が決まると思っていませんか?

就活で人生が決まりません。

 

せっかくしんどい思いをして就活をしたのに、1、2年で会社を辞めてしまうという人が今とても多くなっています。

 

正直就活をする時点では企業の名前ぐらいしか判断材料がなくて、

実際に就活をしてみても、この企業に入って自分はどんな仕事をするのかということが想像できないまま企業を選んで行かなくてはいけないと言う状況に立たされると思います。

 

結局仕事はやってみないとわからないのですから、

その企業に入って実際に仕事をするようになって初めて、その仕事が自分に合ってるかどうかということを判断することができるのです。

 

入ってみたものの、仕事が合わなかったということもあるわけで

そういう場合は転職するなり退職してフリーランスになる形色々選択肢はありますよね。

 

最近では転職することも当たり前になってきていますから、たった一回の就活で人生が決まるだなんていう風に思って

ガチガチになって就活するよりも、試しに就活してみて試しに働いてみる、くらいの気持ちで就活するので全然良いと思うのです。

 

入ってみなくてわからないところなのですから、その都度、舵を切り直せばいい。

 

人生はどの時点でだって舵を切り直すことができるのです。

 

まだ会社にも入っていないのに就活の時点でうつになってしまってはもったいないと思うんです。

 

精神的に追い詰められると、自分の人生自体が肯定できなくなってしまったり

もう毎日活動すること自体も嫌になってしまう、ということが起こってきます。

 

そのような症状がない人からすると、「そんなまさか」と思うかもしれませんが

うつというのは、人のやる気をどんどん失わせてしまう病気なのです。

 

外傷がないから分からないですが、

立派な病気の一つなんですよ。

関連記事:うつ病になりやすい人の特徴とは?ストレスを減らして生きよう。

 

少し違う方法を試してみるのもアリ

 

正攻法で就活をしてなかなかうまくいかないのであれば、

趣向を変えてまた少し違う就活の仕方をしてみても良いのではないかなと思います。

 

自分は品定めされるような就活ばかりしていては気が滅入ってしまいますから

例えば就活履歴を登録することによって企業からスカウトをしてもらうことができるキミスカ なんかに登録してみると

少し就活を楽に進めることができるかもしれません。

 

企業に自分を売り込みに行くのではなく、企業側に自分を見つけてもらうのです。

 

一生懸命自分を取り繕って入る会社よりも

「ぜひうちに来てください」と言われて入る会社の方が、入ってからの仕事もやりやすいかもしれません。

 

どんな会社から自分がスカウトしてもらえるのか、という興味本位で始めてみても良いと思います。

関連記事:就活はなんとかなる、くらいの気持ちが大事

 

フリーランスだって増えている

 

今はフリーランスとして働いている人もとても多くなってきています。

 

社会人として数年働いてからフリーランスになる人もいますが、

大学を卒業してそのままフリーランスになるという人もいるんですね。

 

就活をしているならあと1年は猶予があるわけですから、その間に事業をスタートさせてみてもいいと思うんです。

 

一年あれば一生懸命頑張ってそれなりの収益を生み出す仕事を見つけることもできるかもしれません。

 

就活をする、という選択肢以外にも選択できる選択肢はあるのですから

就活でうつになるくらいなのであれば、就活なんてやめてしまってもいいと思うのです。

 

一番大切にしなくてはいけないのは自分の人生の前に自分の心身ですよ。

関連記事:新卒フリーランスという選択肢のために考えておくべきこと

 

では今日はこのあたりで。

就活うつ