合同説明会に行くメリットについて書いてみようと思う。

いよいよ合同説明会の時期になりましたね。3月1日からリクナビやマイナビだとの合同説明会に行くという人も多いのではないでしょうか。

 

合説に行くことが就活における最初のプロセスになると思うのですが、合同説明会にいっている人はどの程度いるのでしょうか。

 

今回はそんな合同説明会に行くメリットについて書いてみようと思います。

 

モチベーションが上がる

 

合同説明会に行くとたくさんの就活生に会うことができます。就活を始めた頃には「就活が始まるんだ」という意識を持つことができず、

 

モチベーションがあまり上がらない人も多いと思いますが、合同説明会に行き、他の就活生に会うことにより、

 

モチベーションが上がると思うんですよね。そしてこれは合同説明会に行くメリットだと思っているのです。

 

様々な企業の話を聞くことができ、

 

自分はどういった働き方をしていきたいのか?どんな分野で働いていきたいのか?ということを合同説明会を通して考えることができると思うのです。

 

確かに、合同説明会に行くメリットなんてないと思っている人もたくさんいると思いますし、

 

デメリットだってあると思いますが、モチベーション上げるために行くのであれば、合同説明会にもメリットがあると思うんですよね。

 

私も就活のモチベーションは高くありませんでした。どこの企業に行けば良いのかもわかりませんでしたし、

 

就活を熱心にしようと思っていませんでした。

 

しかし、合同説明会に行けばたくさんの就活生と触れ合う事ができ、そこで多くの刺激をもらうことができたのです。

 

だからこそ就活生は合同説明会何度も行く必要はありませんが、全く行かないよりは行ってみた方がモチベーションが上がるので良いと思うんですよね。

 

就活においてはモチベーションを保つことが最も大切なことになってきます。

 

面接に通る方法や良いエントリーシート書くことも大切かもしれませんが、それ以上にモチベーションを高く保つことが大切になってくるのです。

関連記事:就活に「出遅れ」たらもう終わりなの?私はそうは思わない。

 

選択肢が広がる

 

これも合同説明会に行くメリットだと思います。合同説明会に行く前からある程度自分の行きたい業種や業界会社を絞っている人もいると思いますし、

 

それはそれで良いことだとは思いますが、

 

最初から選択肢の幅を狭めてしまうことはあまりお勧めしていないのです。最初から選択肢の幅を狭めてしまうと、

 

就活が終わったときに後悔してしまうことも多く、

 

「やっぱりこの業界じゃない方がよかったのかもしれない」と思ってしまう人だっていると思うのです。

 

私も最初は不動産経営の企業ばかりを見ていたのですが、結果的には文具メーカーや著作権の会社などを受け 、

 

結果的には音楽系の会社に就職したので、

 

私の経験からもあまり最初の段階では業界の幅を狭めるべきではないと思っているのです。

 

合同説明会に行けばたくさんの企業の話を聞くことができます。最初は興味がないと思っていた業種や業界、会社でも、

 

話を聞いてみると意外と魅力的なことも多いと思いますし、 自分の興味の範囲外の会社も考えていくことが大切だと思っているのです。

 

大型の合同説明会だと、何百社と言う会社が参加することになります。有名な企業もあればそうではない企業もたくさんありますが、

 

そういった中から自分に合った会社を選ぶ機会になると思うので合同説明会には積極的に参加しても良いと思うのです。

 

合同説明会のメリットは自分の行きたい会社の話を聞くことができることだと思っている人も多いでしょうが、

 

実は自分が興味の無い会社の話を聞くことができる、それが合同説明会のメリットだと私は思っているのです。

関連記事:就活費用が心配だという学生へ、お金かける必要はないと思う

 

実際に働いている人の顔を見ることができる

 

合同説明会では人事部の人や実際に現場で働いてる人の話を聞くことができる機会が設けられていると思います。

 

実際にどんな人が働いてるのか?ということを知ることはとても大切なことだと思っていますし、

 

ネット上の情報だけではわからないこともたくさんあるんですよね。合同説明会のメリットとして実際に働いている人の顔を見ることができたりとか、

 

話を聞くことができるという点はあると思うのです。

 

私も数十社の話を聞きに行きましたが、会社に魅力を感じていても、会社の人に魅力を感じないことだってあったのです。

 

どんな仕事をするのかという視点で就活を進めていくこともとても大切なことだと思います。

 

嫌いな仕事であれば、続けることができず結果的には辞めてしまう場合だってありますからね。

 

しかし、会社の内部の人と自分の性格があっているのかということも非常に大切な点だと思うのです。

働く事になる会社の人たちの顔や雰囲気を感じる事が出来なければ、自分が働く事になった時に、「こんな会社ではなかった」と思ってしまう事だってありますからね。

 

きちんと就職先の会社を理解する事は怠ってはいけない作業ですし、合同説明会のメリットだと思うのです。

関連記事:【就活】面接で質問に答えられない時どうしたらいい?

gousetsumerit