多くの人が経営に失敗してしまうのはなぜだろうか?

最近は働き方の概念が変わってきた事もあり、起業したり、フリーランスとして働くような人が増えてきているように思うんですよね。

 

しかしながら、起業しても、経営に失敗して倒産してしまう人の方が多いのも事実なんですよね。ただ、なぜ多くの人が経営に失敗してしまうのか?

という事については考えた事がない人も多いと思っているのです。

 

そこで、今回は経営に失敗してしまうのはなぜか?という事について書いていこうと思います。

 

 

時代の変化についていけなくなる

 

これはありますね。経営に失敗するような人でも、一定期間だけでは、ある程度の成功をしている人だっているわけなんですよね。

 

しかし、会社というものは常に変わっていかなければならないものなのです。その時代で流行ったものでも、数十年も経てば変わってしまうものも多いわけですし、

常に変化していく必要性があるんですよね。

 

企業は時代の変遷と共に扱う分野やサービスを変えていかなければならないのです。そしてその舵取りをするのが経営者なのです。

 

経営者だって人間です。だからこそ、変えていく事、変わっていく事は思っている以上に難しいものなんですよ。

 

会社がうまくいっている時には、経営に失敗するなんて思わない事でしょう。時代が変わっていっているという事にも気がつかない事が多いと思います。

 

しかし、時代は変わっていくものですし、経営方針も変えていかなければならないのです。人間は愚かなもので、ひとたび成功してしまうと、

「この成功はずっと続くものだ」と思ってしまうものなのです。そういったポジティブシンキングは普段の生活においては役に立つものだと思いますが、

経営においては少し臆病なくらいがちょうど良いのです。

悲観的になれば良いというわけではありませんが、心配性で、「これではダメかもしれない」と常に思っている人の方が成功し続けたりするものなのです。

関連記事:会社の経営者が今すぐ捨てるべきもの

 

経営の安定化を考える事が出来ない

 

経営で失敗してしまう要因の1つですよね。例えば、ある年に売上高200億円、経常利益30億円を出せたとしましょう。

 

しかし、こういった経営者でも経営に失敗してしまう事はあるわけなんですよね。なぜこういう事が起こるのか?というと、

私は収益の種類を分散する事が出来ていないからだと思うのです。経営に失敗しないためにどうすれば良いのか?というと、

 

簡単な話、収益が安定すれば良いのです。では、どうすれば安定した収益を見込めるような会社を作る事が出来るのか?というと、

 

これは「ストック収入」の割合を増やす事だと思うんですよね。ストック収入によって会社の経営は安定するものです。

 

月額で入ってくるような権利関係のビジネスや月額課金等のビジネスは経営で失敗するリスクが低いと思っているんですよね。

ディベロッパーのような土地を仕入れて、マンションを売るような形態になってしまうと、「今月はこのくらいのノルマを達成しないと、会社が回らない」という状態になってしまうのです。

 

多くの経営者は稼ぐ事が出来ても、安定的な収益体制を作り出す事には長けていない事が多いです。稼ぐ能力と安定させる能力は違うもので、

安定させる能力を持ち合わせていない経営者が多いからこそ、会社というものは倒産してしまうのです。フロービジネスが悪いとは思っていません。

 

しかし、大切な事は「安定・固定」で入ってくるようなお金を作り出す事なのです。そういった収益体制を作らない限り、

景気後退時に会社が立ち行かなくなってしまうものなんですよ。

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

 

 

長期的な投資を考える事が出来ない

 

経営で失敗しないためには、長期的に安定した収益を出していく事が大切だという話は前章でさせていただいたと思いますが、

長期的に安定した収益を出していくためには、「未来を考えた長期的な投資」というものが大切になってくるんですよね。

そして、多くの経営者は未来への投資を考える事が出来ないからこそ、経営に失敗してしまうものなのです。

 

経営者は「今期の売上をどうやって伸ばして行くのか?」という事を考えてしまいがちですし、目の前の事を頑張っていく事だって大切な事だと思います。

しかしながら、「今は芽を出さないけど、5年後〜10年後に芽を出すビジネス」を常に経営者は考えていく必要性があると思うんですよ。

 

長期的な事を考える事って、感覚的にも時間的にも難しいものがありますよね。「今」どうすれば売上をあげる事が出来るのか?

という事を考える事に集中してしまう場合が多いのです。

私にもそういう時期がありましたし、今のお金を稼ぐためにどうすれば良いのか?という事をずっと考えていました。

 

ただ、それでは、長期的な安定性を保つ事は出来ないものなんですよ。だからこそ、多くの人は経営に失敗してしまうのです。

未来へのタネをどれだけ蒔いていたのか?という事により、5年後〜10年後の未来は変わってくるものです。どんな領域に会社のリソースを投資していくのか?

どんな分野を扱えば良いのか?そういった事を常に考えていく必要があるのです。

 

経営に失敗しないために皆さんは今、何を考えますか?

関連記事:中小企業の社長にありがちな事について書いてみるよ。

経営失敗