賃貸物件の壁紙張替えをする時に考えるべき事。

賃貸物件を運営している時に必ず問題になるのが賃貸の壁紙張替えだと思うんですよね。数年間住んでいた物件だったり、

 

そこまで綺麗に使ってくれないような人が住んでいた物件に関しては、基本的に壁紙を交換する事になるわけなんですよね。

クロス交換をしないと、新しい入居者を探す事が出来ないものですし、壁紙をきちんと張替えないと、家賃が下がってしまう事もありますから、

不動産投資家にとっては非常に大切な部分だと思うのです。では、賃貸物件の壁紙張替えにおいては何を考えるべきなのでしょうか?

 

今回は全ての不動産オーナー向けに書いていこうと思います。

 

クロス単価はなるべく下げていく

 

皆さんがいつも使っている内装業者さんはどのようなところでしょうか?賃貸物件の壁紙の張替えをする時には、内装業者に見積もりを出してもらって、

工事を始めていくという流れになると思いますが、クロス単価というものは業者によって全く違うものなんですよね。

 

そもそも壁紙なんて平米単価で言ったら「120円」程度の価値しかないものですから、そこに値段なんてあってないようなものなんですよね。

だいたい1000番台とかを使うのでなければ、950円くらいが平均的な値段ではないでしょうか?ただ、業者によって不当に高い値段を提示してくるようなところもあるので、

 

気をつけた方が良いと思っているのです。1200円になっているようなところがあったら、950円程度になるようにお願いしてみたりとか、

後は見積もりを複数取ってみる事も大切だと思いますね。見積もりを複数の会社から取ってみる事により、適正な価格というものがわかるようになりますから。

 

賃貸物件において壁紙というものは消耗品なわけです。張替えをしても、また次の退去の時には張替えなければいけない可能性が高いわけなんですよ。

 

だったら、最低限の値段に抑えてしまった方が得だと思っているのです。また、平米数に関しても、本当は50平米しかないのに、60平米にしてきたりとか、

そういったカサ増しをするような業者もいるので、そういった視点で見積もりを見ていく事も大切なのではないでしょうか?

関連記事:資産運用のシミュレーションをしていくべきだと思う。

 

ワンポイントクロスを取り入れる

 

これも最近流行りのものになっていますよね。賃貸の壁紙を張り替える時には不動産会社に全てを任せてしまっている人が多いと思いますが、

私はそれだと、物件に特徴がなくなってしまい、決まりにくい状態になってしまうと思っているんですよね。ワンポイントクロスを使い、

一部の壁紙だけを違う色にしてみるだけでも印象は相当違ってきますよ。

 

私の場合だと、よくトイレの後ろ側にある壁紙をブラックやブラウン等の落ち着いた色にしているのですが、こういった配慮があると物件が決まりやすかったりするんですよね。

賃貸物件ってずっと住わけじゃないので、結構直感で決めてしまう人も多かったりするんですよね。だからこそ、賃貸物件の壁紙を張替える時には、

 

自分なりにお部屋全体のデザインを考えて、ワンポイントクロスをいれてみるのが効果的だと思います。私もワンポイントクロスをいれている部屋があるのですが、

やはりそういったお部屋の方が決まるのが早かったりするものなんですよね。夫婦で内見をする時には、奥さんが決める事が多いので、

なるべく女性ウケしそうな壁紙を考えてみるとなお良いと思います。男性の意見というものは、家族の中であまり重視されない事が多いのです。私は男性ですので悲しいのですが。

 

賃貸の壁紙張替えにおいて、ワンポイントクロスに替えると高いのではないか?と思う人もいるかもしれませんが、全面同一クロスの時と同じ値段でやってくれると思いますよ。

 

自分なりに考えて壁紙に変化を持たせた方が良いのです。その方が入居者がすぐに決まるものなんですよ。

関連記事:ウェルスナビで資産が4%増えた【運用報告】

 

 

白過ぎるものは控える

 

これも賃貸物件の壁紙張替え時には大切な事だと思います。壁紙というと、皆さんはどんな色をイメージしますか?

 

きっと多くの人は「白」だと思っています。賃貸物件であれば、白を貴重としたデザインになっている事が多いですからね。

しかし、白に見えても、実際には「少し色の付いた白」を使っている事が多いのです。だからこそ、賃貸において壁紙張替えをするのであれば、

完全な白ではなく、少し色のついたものを使うべきなのです。完璧な白を使ってしまうと、汚れが目立ってしまう事が多いんですよね。

 

クロス交換はなるべく少なくした方が良いものです。何度も何度も壁紙を交換しなければいけない状態を作ってしまうと、

 

それだけキャッシュフローが悪くなってしまいますし、余計な費用はかけるべきではないんですよね。賃貸物件は「投資で利益を得るため」にやっていると思います。

 

だったら、利益を最大化するために、最適な壁紙に張り替える事が大切だと思うのです。壁紙1つからこだわっていく事で、

利益が生み出されるものなんですよ。そういった小さなところから詰めていくのも投資家としての仕事の1つなのです。

関連記事:AIによる資産運用が本格化したらどうなるのか?

賃貸物件の壁紙張替えをする時に考えるべき事。