ブロガー「水瀬まりも」とは?
プログラミング

WordPressで作ったサイトが遅い時に考えるべき事とは?

WordPressを使っている人の中にはワードプレスの表示速度が遅いと感じている人も多いのではないでしょうか?

しかしこれは改善していかなければならないことのひとつだと思っているのです。

 

WordPressを使ってブログを作ることが容易になってきましたが、その一方でブログを改善していくにはどうすれば良いのかということを知らない人がまだまだたくさんいると思うのです。

 

その中でも最も悩むのがWordPressで作ったブログの表示速度が遅いということではないでしょうか。

 

今回はそんなWordPressの表示速度が遅いことで困っている人向けに、改善策を考えていこうと思います。

 

アイキャッチ画像を軽くする

 

アイキャッチ画像はどのブログでも受けることが多いのではないでしょうか。アイキャッチ画像にこだわっている人もたくさんいますし、

 

ソーシャルメディアでシェアされることを考えるとある程度のクオリティを保ったアイキャッチ画像にしていくことも大切な要素のひとつです。

 

しかしながら、アイキャッチ画像はWordPressで作ったブログの表示速度を遅くする原因にもなっているのです。

 

アイキャッチ画像というものはそもそもそこまで大きなサイズの画像を求めているものではありません。

 

横幅で言うと大体400ピクセルくらいのものが多いのではないでしょうか。ちなみにこのサイトのアイキャッチ画像の横幅も約400ピクセルになります。

 

ただ、 中には1600ピクセル程度の大きさの画像を使っているブロガーの方も珍しくはないのです。

 

確かに大きな画像を使っているとそれだけ綺麗な画像をアイキャッチ画像にすることができるので良い面もあるのですが、

 

あまりに大きな画像を使ってしまうとWordPressで作ったブログの表示速度が遅くなる原因になってしまうんですよね。

 

表示速度が遅いとそれだけユーザーが離れていってしまいます。皆さんもネットサーフィンをする時には表示速度の速いサイトを見るようになっていると思います。自然にね。

 

だからこそ WordPress で作ったブログの表示速度が遅い場合にはアイキャッチ画像を軽くしていく必要があるのです。

 

ewww Image optimizer を使って画像圧縮することも大切ですし、適切なサイズの画像をアイキャッチにするのもとても大切なことだと思うのです。

関連記事:ブログを始める時の「アメブロ」vs「wordpress」問題について。

 

性能の高いサーバーを使う

 

初心者ブロガーだと性能の高いサーバーはどれなのかということで迷ってしまうこともあると思います。

 

また、ブログを始める時は長期的な目線を持って始めることができる人が少ないため、どうしても安いサーバーを選んでしまうことが多いと思うのです。

 

例えば安いサーバーの代表格としてロリポップが挙げられると思いますが、ロリポップはそこまで表示速度が速いサーバーではないのです。

 

ロリポップのライトプランだと、だいたい250円くらいで契約することができるので初心者はロリポップを選んでしまうことが多いのですが、

 

表示速度を求めるのであればエックスサーバーなどの高性能なサーバーを選んだ方が良いのです。

 

WordPress の表示速度が遅い時には様々な方法を使って表示速度を速くしようと思うはずです。しかし、どの方法を使ってもWordPressの表示速度が遅いと思っているのあれば、

 

根本的にサーバーのスペックが合致していない可能性もあるので、サーバーから見直してみた方が良いと思います。

 

エックスサーバー とかがサーバーの中で安定していると同時に無料で常時SSL化も出来るので、そういった点を総合的に考えると良いサーバーじゃないかな?と思います。

私はこのサイト以外にも運営しているサイトがありますが、そちらではエックスサーバーを使うようにしています。

 

このサイトはさくらのレンタルサーバ で運営しています。

関連記事:wordpressの勉強をする時に大切な事。

 

不要なプラグインを考える

 

これもWordPressで作ったブログやサイトが遅いと感じているのであれば、検討した方が良い事の1つだと思いますね。

不要なプラグインって実は自分が「これは絶対に必要だろう」と思っているものの中にあったりします。このサイトであれば、

去年から「ランキング表示」をしなくなりました。WordPresspopularpostsを使ってランキングを表示していていたのですが、

 

あまりに大きな効果はなく、むしろ表示速度が遅くなる原因を作ってしまっていたので、削除したわけですね。このプラグインも昔は、

「これは絶対に必要な機能だ」と思っていたのですが、外してみるとむしろ外す前よりも表示速度が速くなり、同時にページセッションも上昇したのです。

不要なプラグインについてきちんと考える事があっても、中々プラグインを削除したり、今までとは違うものを使ったりする事ってないと思います。

 

しかし、WordPressで作ったサイトが遅いと感じるのであれば、

きちんと考えていく必要があるのです。

関連記事:wordpressを使うメリットについて。