就活においてエントリーシートを書くのがただただ嫌いだった理由。

就活が始まる時期になりましたが、就活が始まったときにまず何をするべきなのかというと、エントリーシートを書いていくことだと思うんですよね。

 

もちろんその前には会社説明会に行かなければいけないのですが、説明会を受けたところから順次、エントリーシート書くことになるはずです。

 

就活生であれば誰もがエントリーシート書くことになるわけですが、私はエントリーシートを書くことがただただ嫌いでした。

 

今回は就活が始まったということもあり、少しだけエントリーシートについて書いていこうかなと思います。

 

何度も書き直すエントリーシート

 

就活のエントリーシートの何が嫌なのかと言うと、エントリーシートを何度も書き直す必要がある点だと思います。

 

就活においてエントリーシートというものは、採用フローの入り口とも言える試験です。だからこそ、

 

丁寧にエントリーシートを書いていく必要があるんですよね。

 

あとちょっとで終わる、と思った時に誤字や脱字を見つけてしまい、そこからまたかけ直す必要が出てくることなんて日常茶飯時だと思うのです。

 

修正ペンを使って直してくるような人もいると思いますが、就活においては一般的に良いことだとされていません。

 

エントリーシートを間違えてしまったら、修正テープや修正ペンで直すのではなく、もう一度新しい紙を使ってエントリーシート書き直す必要があるのです。

 

就活はただでさえ忙しいのに、エントリーシートに多くの時間を割いてしまうと、それだけで余裕がなくなってしまうと思うんですよね。

 

エントリーシートを書いたことがある人であればわかると思いますが、エントリーシートというものは思っている以上に時間がかかるものだと思います。

 

何を書けば良いのかというところから始まり、誤字脱字がないようにしっかりと書いていかなければならないので神経を使いながらエントリーシートを書いていく能力が求められているのです。

 

神経質な人何かだと1日かかってしまうという人だっているでしょう。それくらい就活におけるエントリーシートというものは大変なのです。

 

最近はエントリーシート Web で提出することができるような会社も増えてきたのですが、まだまだ大手企業はそんなことはありません。

 

大手企業であればあるほど、エントリーシートを求められるというのが多いと思っているのです。

関連記事:なぜエントリーシートは手書きじゃなければいけないのか?

 

エントリーシートラッシュがある

 

私の場合結構エントリーシートに力を入れていてきちんと考えた上で文章を書いていたのですが、

 

そうするとかなりの時間がかかってしまい、結果的にあまり多くの会社にエントリーシートを出すことができないという状況になってしまうことが多かったんですよね。

 

さらに、エントリーシート提出する期限や日付というものは企業によってバラバラではありますが、

 

就活は全ての企業が同時にスタートするものなのでどうしてもエントリーシート提出する時期が重なってしまうわけです。

 

つまり、就活生はある時期にエントリーシートの提出ラッシュに巻き込まれてしまうことになると思うのです。

 

私の場合でもエントリーシートラッシュになってしまった時期がありまして、その時期に書いていたエントリーシートは、

 

ギリギリにならないと書く時間がなかったので、エントリーシートのほとんどを速達扱いとして送っていました。

 

料金も余計にかかってしまいますし、時間的にも体力的にも非常に厳しい状態になってしまうので、私はエントリーシートというものが本当に嫌いだったのです。

 

就活においてエントリーシートというものは大切なものです。遅れてしまったら受付てもらうことなんてできませんし、

 

もちろんを受けることだってできなくなってしまうのです。だからこそエントリーシートには時間も体力もかけて臨む必要がありますが、

 

その反面、就活生はエントリーシートや会社説明会、面接などで疲れきっている状態で大量のエントリーシート書くことになるわけですから、

 

当然疲れてしまうわけです。

嫌いになるのも仕方に事だと思うんですよね。

関連記事:面接で泣くような就活はやめた方がいい

 

エントリーシートの内容を忘れる

 

エントリーシートって結構その時その時によって変えて行くものだと思いますし、私もそうしていたのですが、私の場合は、

この行動が裏目に出たんですよね。エントリーシートを書き、提出し、面接まで進める事になったのは嬉しい事だったのですが、

その反面、面接の時にはエントリーシートの内容を忘れてしまっていて、志望理由を思い出す事が出来ない、という事になったしまった事が非常に多かったのです。

 

私はきちんとやろうとは思っていても、中々真面目には出来なかった方なので、エントリーシートの内容を忘れてしまっている事もありましたし、

エントリーシートのコピーを取っておくという事もしなかったんですよね。そのため、面接に行き、志望理由を語ると、「あれ?エントリーシートとは違う事を言っているね」という感じになってしまっていたのです。

 

もちろん、私が悪いのですが、こういった事があったので、就活においてエントリーシートを書くという事はあまり好きにはなれなかったんですよね。

 

面接の時にボロが出てしまう事が多かったわけですから。ただ、だからといって面接に落ちるわけではありませんでした。

エントリーシートさえ通ってくれれば、面接なんて相性の問題ですからね。面接官との相性が良ければ内定をもらっていたので、

その点は感謝しております。

でも、やっぱりエントリーシートって嫌ですね。今回は就活におけるエントリーシートについて書いてみました。

関連記事:【就活生必見】エントリーシートが書けない人へ

就活エントリーシートが嫌いだった