就活においてメガネって意外と重要だと思わない?

就活をする時になると、リクルートスーツを買いに行って、就活をするための準備をすると思うんですよね。私も就活を始めた時には

大手の量販店でスーツを買って、真っ黒な「新卒サラリーマンスタイル」を作っていたのですが、結構自分の格好って気になるものなんですよね。

就活って基本的に第一印象で決まるものですよね。だからこそ、就活のために新しい靴を買って、新しいネクタイを買って、自分という人間をアピールするために頑張ると思うのですが、

私は意外と「メガネ」が就活においては重要なんじゃないかな?と思っていたんですよね。

メガネってどうしてもいつも使っているものを使ってしまう人が多いと思いますが、就活においてはメガネをきちんと選択していく事が大切だと思うのです。

 

面接の時は目を見て話すんですよね

 

面接の時にどこを見られているのか?というと、実は時間的な尺度で考えると「目」なんですよね。新卒側が話している時も、

面接官の話を聞いている時も、どこを見るのか?というと、目ですよね?目を見て説明をするわけで、目を見て人の話を聞くわけですから、

実は最も見られている時間が長いのって目だと思うのです。

だからこそ、就活においては目の印象を変えていくメガネが重要だと思うんですよね。メガネを就活のために買うという事は、

面接官が最も注目する部分の印象を変えるという事です。ネクタイとか、ズボンとかジャケットとか、そういったものだって大切だと思います。

ただ、どこが見られるのか?という事から逆算してみると、意外とメガネが重要であるという事に気がつくと思うのです。

 

ネクタイとか、スーツなんて行っても、ずっと見ているわけではありませんよね。面接室に入る時には見られているのでしょうが、

面接が始まったら、ほとんど目を見られる事になります。その時に自分がどんな印象を相手に与えたいのか?という事から考えて、

メガネを考えていくと良いと思うのです。

関連記事:就活が苦しいと思うのはなぜか?

 

 

就活でメガネの印象が悪い人が多いのです

 

これは私が思う事だったんですよね。私は就活においてメガネというものが印象を決める、とも思っていたので、他人のメガネに関してもよく見ていたのですが、

メガネの印象が悪い人ってたくさんいたんですよね。

具体的にどんなところが悪かったのか?という事を書いてみるので参考にしてみてください。

 

メガネが汚い

 

就活生って何にでも余裕がなくなってきてしまっていると思うんですよね。服装は気にしても、メガネの事までは頭が回らないという人も結構いて、

メガネが汚い人がたくさんいるんですよね。フケがついていたりとか、髪の毛が入っていたり、後はメガネそのものに指紋がついている人もいたんですよね。

自分では気がついていないのでしょうが、これは面接官からすると、目立つ部分なんですよね。目元が暗く見えてしまいますし、

「だらしのない人間なのかな?」と思われるきっかけにもなってしまうものです。私は面接前になると、メガネをきちんと拭くようにしていましたし、

クリアなイメージを面接官に持ってもらう必要があるので、やはり綺麗にしていった方が良いと思うのです。

 

メガネが曲がっている

 

これもありましたね。これは買い換えた方が良いのですが、中には「曲がっている事に気が付いていない」という人だっているものです。

メガネってずっとしていると、本当にわからなくなるものでして、多少曲がっていても、自分では気がつく事が出来ないんですよね。

しかし、他人から見ると、結構曲がっている事ってありますし、そういった場合には事前に直しておいた方が良いと思うのです。

就活においてメガネの曲がりなんて重要ではない、と考える人もいるかと思いますが、メガネで印象が悪くなるなんてもったいないじゃないですか。

マイナス要素を減らしていくという事は就活において大切な作業の1つだと思うのです。

 

 

自分が与えたい印象と違う

 

メガネの形だけでも、相手に与える印象というものは変わってくるものです。頭の良い学生として見られたいのか?それとも、

朗らかな学生として見られたいのか?そういった事から考えていった方が良いのです。

中には「明らかにそのメガネはダメでしょ」というメガネをつけている人もいるので、そういった人は就活において、相手企業はどのような人物を求めているのか?

という事を考えた上で、そういった印象に合うようなメガネを買っていった方が良いと思うんですよね。

それだけでも印象というものは変わるものですし、自分が相手に与えたい印象と異なるものをつけていると、それだけで相手は違和感を持ち、

採用してもらえなくなるかもしれません。

関連記事:就活をしてない学生は本当に悪いのか?

 

どんなメガネが良いのか?

 

就活においてどんなメガネをつけるのか?って本当に重要な事なんですよね。私も就活をしていた時にはメガネにこだわっていたのですが、

どんなメガネが良いのか?という事を聞きたい人もいると思うんですよね。だからこそ、書いていきたいのです。

 

ただ、就活メガネってどんなものが良いのか?という事を一概にアドバイスしていく事は出来ないと思っているのです。

例えば、銀行等のお堅い職種であれば、真面目な雰囲気を作りだせるような形、スクエア型とかが良いかもしれませんね。

そういったものを良いと思うのです。そういった昔からある大企業とかを受けるのであれば、ある程度高いものを選択していく事も大切かと思います。

また、逆に広告系や不動産等であれば、「仕事が出来る人」を演出した方が良いので、私の場合は縁の幅が広いものを選んでいました。

縁の広いものを選択すると、目が大きくなるだけではなく、「仕事が出来る人」を演出する事が出来ます。私も面接先の業種によって変えていたのですが、

概ね、良い面接結果になりました。

就活においてメガネというものは意外と重要だと思いますし、普段つけているメガネから自分なりに変えていく事が大切だと思うんですよね。

自分の印象を自分で変えていくべきなのです。

関連記事:就活が面倒だと感じる理由と解決策

就活のためのメガネ