就活は真面目な人が辛くなってしまいがち。

就活の時期になってきましたよね。4月ともなれば、周りは全体的に就活モードという感じで、何だか窮屈に感じる事もあると思います。

私も就活をしていた時は、周りがリクルートスーツを着ていて、その中で授業を受けたりとか、お昼ご飯を食べにいくのがとても辛かったような記憶があります。

私はどちらかというと、真面目に就活をしていたタイプではなく、ゆったりと構えていたので、就活での面接におけるひどいエピソートならたくさん持っていますし、

面接官とバトルになった事だってあります。

でも、本当はそのくらいで良いと思うんですよね。就活って実は真面目な人ほど辛くなってしまうもので、真面目な人ほど苦労するものだと思っているのです。

就活なんて肩の力を抜いてゆったりとやっていけば良いんですよ。就活において真面目になりすぎると、疲れてしまうものですから。

 

真面目な人は早く終わらせて来た人たち

 

これは言えると思うんですよね。私のような人間は学校で宿題を出されても期日通りに出す事が出来なかったりとか、何事もそこまで焦ってやる事がないので、

だらだらとしてしまう方だったんですよね。しかし、真面目な人だと、何事においても1番最初に終わらせて、先生から褒められている事が多いじゃないですか?

 

私はそれをいつも羨ましいと思っていたし、そんな人間になれたら楽ですよね。ただ、就活においてはそういった真面目な人だけが「就活を早く終わらせる事が出来る」というわけではありません。

 

就活って真面目にやっていても、内定が出ない事がたくさんあるんですよね。容姿が良くなければ、それだけで不利になるのが今の就活だと思うし、

大学での成績なんて言ってみれば、そこまで関係のない事ですからね。

 

そうなってくると、就活において真面目な人は辛くなってしまう事が多いと思うのです。これまでは真面目に何事もきちんと取り組んでいけば早めに終わらせる事が出来たものが、

就活となると、話が変わって来ますよね。就活となると、運の要素がとても強くなってきてしまい、早めに終わらせたくても、

実際には早めに終わらせる事が出来ないという状況になってしまう事が多いのです。受験勉強のように、「やったらやっただけ合格率が上がる」というわけでもありませんし、

就活は倍率だって高いわけです。

だからこそ、就活において、真面目だと自認している人は、少しだけゆったりと就活をしていった方が良いと思うんですよね。

そうじゃないと、疲れてしまう事が多いと思うから。

関連記事:就活費用が心配だという学生へ、お金かける必要はないと思う

 

 

理不尽な事を言われる事だってあります

 

これは私も経験した事なのですが、就活となると、これまでとは違う厳しい世の中の目に晒される事になります。私もそれなりに面接を受けた来たのですが、

面接ってはっきり言って、誰もが「普段とは違う自分」を演出しているので、その中で闘っていく事ってとても難しいものなんですよね。

そして、面接官も優しいのか?というと、そういうわけではありません。もちろん、中には優しい面接官もいるのですが、

圧迫面接をしてくるような面接官だっていますし、実際機嫌の悪い面接官も存在しているので、そういう時には厳しい言葉をかけられる事も珍しくありません。

私の場合は、そういった面接をされた時に我慢する方ではありませんが、真面目な人とかだと、そういった面接官の厳しい指摘を真に受けて、

「私は本当にダメな人間なんだ」と落胆してしまう事だってあるはず。そうなってくると、他の面接にも響くようになってしまい、

悪循環になってしまうわけなんですよ。

私のように、「圧迫面接をするような会社なんてどうでも良いや」と思い、途中からぶっきらぼうな返答しかしなくなるような不真面目な就活生であれば、

別に傷つく事もありませんが、真面目な人だと就活面接において、辛くなってしまう事が多いのです。就活は真面目な人が得をする時もありますが、

そういった厳しい状況になった時には、就活って真面目な人にとってはただただ辛いものになってしまうわけなんですよね。

関連記事:就活がばかばかしいと思うのは当然だと思う。

 

結構どうにでもなるもの

 

これはアドバイスになりますが、就活において真面目過ぎると疲れてしまう事が多いんですよね。だからこそ、そこまで肩肘張って頑張る必要なんてないと思っています。

 

私もそうだったのですが、就活なんて意外とどうにかなるものですよ。これが就職氷河期だったら話は違いますが、

今の就活市場を見る限り、多くの人は社会人になる事が出来ますし、私の周りでも就職浪人をしたような人はいないんですよね。

就活には真面目な要素も必要ですし、時に頑張る事だって大切だとは思います。でも、そんなに頑張らなくても、意外とどうにかなるものですし、

ゆったりと構えていれば良いのです。誰もが戦々恐々とする就活ムードの中で、精神的余裕を持つ事は非常に難しい事かもしれませんが、

別にそこまで気にしなくても大丈夫なのが新卒の就活だと思っているのです。就活は真面目な人ほど、不安になってしまうものです。

「このままだと、内定がもらえないまま卒業してしまうのではないか?」と思う事だって1度や2度ではないはず。

 

でも、意外とどうにでもなるものなんですよ。就活は真面目な人ほど、ゆったりとやっていった方が良いと思いますし、

ゆったりと構えていた方が良いのです。就活で悩む事も多いかもしれませんが、真面目に頑張りすぎる必要なんてないんですよ。

関連記事:就活に失敗して引きこもりになったらするべき事。

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。