上司が無能だと苦労するものです

日本においては、年功序列制度というものがあるため、年齢の高い人が上だという認識を誰もが持っていると思いますし、

 

上司は敬われるべき存在であると思っている人が非常に多いと思うんです。

 

確かに、上司というものが大切な存在になる時があります。仕事覚えていない時に、上司から仕事を丁寧に教わったという経験を持っている人もいると思います。

 

しかし、中には無能な上司だっているわけなんですよね。

 

上司だからといって全ての人が有能であるとは限りません。中には仕事ができない人だっていますし、

 

上司が無能な場合だって本当は多いのです。

 

ただ、上司が無能だと苦労することが多いと思うんですよね。

 

 

年齢が上がるにつれて勉強しなくなるのが上司

 

上司というと、仕事会見も長いし、多くの事を知っていて、仕事の出来る人が多いと思っているかもしれませんが、実際にはそんな事はありません。

なぜなら人間は年齢が上がるにつれて勉強をしなくなるからです。年齢が上がれば、確かに仕事上での経験を積む事は出来るでしょう。

顧客への対応をきちんと理解している人も多いと思いますし、そういった点では、上司も会社において必要な存在かもしれません。

しかし、上司というものは、年齢が上がるにつれて勉強をしなくなるもので、そうなってくると時代と共に有能だった人間が「無能」になってしまう、という事だってあるんですよね。

勉強をし続ける、という事は起業家であっても、サラリーマンであってもとても大切な事です。今だったら、ブロックチェーンの仕組みについてきちんと解説出来るくらいには知っておいた方が良いと思うし、

 

仮想通貨がどのようなものなのか?ビットコインとは?アルトコインとは?機械学習とは何なのか?そういった事まで勉強していく必要があるのです。

しかし、多くの上司は、年齢が上がってくると、周りに注意してくるような人も減っていきます。そして、結果的に上司は無能な人間になってしまう事が非常に多いのです。

年齢が上がるにつれて、仕事により磨きがかかる人もいますし、年齢が上がっても、きちんと勉強する人は存在していると思います。

ただ、そういった人は少数派で、ほとんどの人は勉強をしなくなり、結果的に上司は「無能な人ばかり」という状況になってしまうのです。

関連記事:上司に仕事を辞める報告をする時に大切な事。

 

 

なぜ上司が無能だと辛いのか?

 

 

上司が無能であっても、部下である自分には関係がない、と思っているかもしれませんが、そんな事はないんですよね。

上司が無能である事により、辛い思いをしている人っていると思いますし、イライラしてしまう事もあるでしょう。

なぜ上司が無能だと辛いのでしょうか?

 

仕事が進まない

 

これはありますよね。これは特にチーム形式でやっている会社とかにありがちな事なのですが、上司が無能で、自分のチームにそういった人が入ってきてしまうと、

仕事が進まない、という自体になってしまう事も多いのです。上司という立場上、自分が代わりにやっていく、というのも失礼に当たってしまうので、

何も言う事が出来ませんが、結果的にそういった状態が「仕事の遅れ」に繋がってしまうわけなんですよね。仕事が進まないと、

その上司だけではなく、自分の評価も落ちる結果となってしまいます。つまり、上司のせいで、自分の立場も変わってきてしまう、という事もありうるわけなんですよね。

 

仕事をしていても楽しくない

 

これもありますよね。上司が無能だと、仕事もモチベーションを高く保つ事が出来ない事って多いと思っています。

上司って部下から憧れられる人であって欲しいじゃないですか。自分も仕事を続ければ、あんな風になれるのかな?と妄想しながら、

日々の仕事を頑張っていった方が楽しく働いていけると思っているのです。上司が尊敬出来ないような人だと、働いても、何の夢もないじゃないですか?

 

会社全体の士気も無能な上司が一人いるだけで、悪くなってしまうと思うんですよね。上司が無能だと、精神的にも辛いと思うのです。

 

自分も出来ない人間になる

 

上司が無能だと、いつの間にか自分も無能な人間になってしまうという側面があると思うんですよね。上司が出来る人間だと、

「こうやってやれば効率的なんだ」と学ぶ事が出来るのですが、上司が無能な人の場合、自分まで仕事を覚える事が出来ずに、自分自身も将来的には無能な上司になってしまう事があるんですよね。

つまり、無能な上司というものは次の世代の無能な上司を作り出しているのです。

 

上司なんて部下が選ぶ事が出来ないものなので、非常に難しいところだと思います。

関連記事:地方は仕事がないのか?

 

自分が好きだと思える環境で働く

 

 

上司が無能な事って往々にしてあるんですよね。でも、多くの人は上司が無能だからといって、会社を辞めて転職したりとか、独立する事ってないんですよね。

でも、自分が好きだと思える環境で働いた方が私は良いと思っています。上司が無能だと思いながら、レベルの低い状況で働いていても、

自分のスキルというものは上がらないものです。

新卒として就職してからの10年ほどで、周りとの差って本当に出てくるものなんですよ。どんな上司の下で働いたのか?という事でも、

10年後の自分は周りと大きく異なってきてしまうのです。上司と比較して、「自分の方がまだ上だ」と思うのは良いでしょう。

しかし、そのままだと、自分も能力値が低いまま、仕事を続ける事になってしまうのです。上司が無能だと思うなら、

 

他の会社に出てみて、本当に良い上司と一緒に働いてみてください。「上司が無能だな」と思うながら働く会社よりも、

「自分なんて何も出来ないかもしれない。追いつきたい。」と思える会社の方が成長出来るものですよ。

上司が無能だと辛いものです。だからこそ、自分が今いる環境を変えてみても良いのです。

関連記事:好かれる上司の特徴

上司が無能

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。