ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

仕事だと思い割り切るなんておかしいと思う。

仕事をしていれば、辛い事だって当然起こるわけなんですよね。私もサラリーマンの時には仕事をしているだけで辛い事がたくさん起こりました。

私の場合は、かなり古い体質の企業だったので、がちがちの年功序列社会で、どれだけ上司が無能な人でも、上司が偉く、何も口答えする事が出来なかったんですよね。

こういう状態になってしまうと、「仕事だと思って割り切る方が良い」と考える人もいると思うんですけど、私はそんな事はないと思うんですよね。

今は、違う働き方をしていて、独立した身なので思うのですが、そんな事を我慢し続けるのはおかしいと思うのです。

もちろん、小さな事であれば、少しくらい我慢しても良いでしょう。しかし、自分で明確に辛い、という事がわかっているのであれば、

仕事だと割り切る事はむしろ危険な行為だと思うし、そんな必要はないのです。

 

生活費を稼ぐためだからしょうがないと思う人たち

 

仕事だと割り切る人が多いのはなぜか?というと、これは生活費を稼ぐために仕事をしている人が多いからだと思うんですよね。

結婚していたりとか、子供がいたりすると、どうしても生活費の事を考えてしまう事が多くなってくると思うので。

 

仕事だと割り切る事が出来れば、今の生活を維持する事が出来るわけなんですよね。子供の事だって養っていけるし、奥さんを悲しませずに済む、と考えてしまうわけです。

でも、生活費を稼ぐためだけに、辛い事も仕事だからと割り切り、我慢していくのは辛いと思うのです。もちろん、職業によっては我慢しなければいけない事もあると思いますよ。

ただ、一般的なサラリーマンをやっている場合、我慢しなければいけない事なんてそんなに多くはないと思うのです。

確かに、仕事だと割り切れば楽になる事が出来るかもしれません。しかし、本当にそれで良いのでしょうか?生活を変化させないために、

自分の感情を押し殺す事が正しい事なのでしょうか?

仕事だと割り切る事で自分の心を守る事が本当に出来ていますか?きっと守る事が出来ているだけで、本当は辛いと感じる事の方が多いものなんですよ。

生活費を稼ぐために、人間の本質である「心」をないがしろにしてしまうなんてもったいない事だと思うんですよね。

関連記事:「仕事が好き」と言えない今の世の中は少し変だ。

 

私は仕事だと割り切っても辛かったのです

 

仕事を割り切る事を否定してきましたが、私も恥ずかしながら、昔は仕事において「仕事だから仕方がない」と割り切るようにしていたんですよね。

私の仕事を説明するのはとても難しいのですが、サラリーマンとして働いていた時には、相手を傷つけたり、場合によっては法的手段にも出るような部署で働いていたんですよね。

 

相手が泣いている事なんてザラにありましたし、時には「自分のやっている事は本当に正しい事なのだろうか?」と思いました。

しかし、そうは言っても、仕事だったので、「これは仕事だからしょうがない」と割り切る事によって自分の事を守っていたんです。

 

ただ、そんな日々を過ごしていく中で、だんだんと自分の心の中の「何か」が薄くなってきているように思いました。人としての感情なのか、

優しさなのか、それはわかりませんでしたが、何か失うものがあったと思うんですよね。仕事だと割り切る事で精神的には楽になる事だってもちろんあります。

仕事だからしょうがない、と思えば人間って意外と冷徹な態度を取る事が出来るもので、私もその当時は自分の心や信条と反するようなものをやっていたんですよね。

でも、やはりそれはストレスになっていきましたし、だんだんとその会社で働くという事自体が辛い事になっていたのです。

仕事だと割り切る事で守れる部分はありますよ。ただ、それは自分の心の中の一部だと思うし、長期的にはやっぱり辛くなってしまう事の方が多いのです。

 

仕事だと割り切る事で自分を守っている人は、自分の気持ちに正直になった方が良いのです。自分がどれだけ辛いのか?という事を再度、認識してみてください。

ポジティブな人ほど、頑張ってしまう傾向がありますし、良いように捉えようとするでしょう。でも、だからこそ危険なのです。

仕事だと割り切る事で守れているものなんて、ほんの少しの心だけなんですよ。

関連記事:仕事を辞めたいけど、上司に言えないという人が考えるべき事。

 

転職をするのは恥ずかしい事だという考え方

 

仕事だと割り切る事で、何とか仕事を辞めずにここまで働いて来たという人だってたくさんいると思うのですが、そもそもなぜ転職をしないのか?というと、

転職をするのは恥ずかしい事である、という認識を持っている人が多いからではないでしょうか?特に今の上の世代の人たちは高度経済成長期真っ只中という人たちですから、

企業が潰れる事はないと思っているし、企業に就職したら一生、その企業で勤め上げるという観念を持っていると思います。

 

だからこそ、今の世代の中には「転職をする事は恥ずかしい事だ」と思っている人がたくさんいると思うのです。でも、本当にそうでしょうか?

私はそんな事はないと思うんですよね。仕事だと割り切る事が正しい事だとは思っていませんし、そのまま我慢して働いていくよりも、

自分が働いて、心から「楽しい」と思えるような職場で働いた方が良いと思うのです。

自分の心が一番落ち着く場所で、ゆったりと働いていけば、それだけで精神的な安定というものは手に入ると思っていますし、

それが正しい事だと思うのです。

我慢する必要なんてないのです。自分が正しい思う方向に船を進めれば良いのです。

関連記事:転職に踏み切るタイミングはいつが正しいの?

関連記事だよ