仕事

看護師はセクハラを受けることも多い仕事だと思う

看護師のセクハラ問題

看護師は、現場で人間に接する仕事です。

 

毎日毎日たくさんの人と接しながら仕事をしますが、

仕事内容的にセクハラを受けやすいのも事実だと思います。

 

長く看護師を続けている人で

セクハラを受けたことがない、なんていう人はいません。

 

私は長く勤めてきて、もう割り切ってしまえるようになりましたし、

セクハラを気にするような年齢でもなくなってきているというのもありますが、

相手が患者さんでもうまくあしらえるようになってきました。

 

ただ、新人の看護師さんにとっては、ショックだろうし

仕事場で辛いと感じるようなセクハラに悩まされることもあると思います。

 

今回は看護師のセクハラ事情について少しお話してみたいと思います。

 

患者からのセクハラ

 

悲しいことですが患者さんからセクハラを受ける、というのは実は看護師にとっては日常茶飯事なんですね。

 

相手が男性患者で、

治療のために相手の体に触れることが多い看護師は

それによって相手を勘違いさせてしまうこともあるでしょうし、そこから接触がエスカレートすることがあると思います。

 

また健康状態が良くない患者さんや精神的な疾患がある患者さんは、気持ちが不安定になりやすく

それによって、そばでお世話をする看護師にすがりたい気持ちになってしまうことも多いのだと思います。

 

なぜか看護師に幻想を抱いている人もまだまだ多いですからね。

 

しかし患者さんからのセクハラというのは一番多いのに一番厄介なものでもあって

そこで叫んだり訴えたりすることができないものでもあります。

 

病院に所属している看護師の場合は、それを病院に訴えても、取り合ってもらえないことも多いですからね。

 

こういった場合は、触られるなどのセクハラを受けた時に感情的にならず、

手を払ったり、患者さんに多少冷たくするなどの対処をしても良いと思います。

 

もちろん加減は必要ですが、あまりにしつこいようなら、それは業務妨害になりますし

セクハラを受けてもしょうがない現場だから、といって泣き寝入りする必要はないでしょう。

 

どうしても精神的に耐えられないようなら病院側や周りの上司などに相談してみたほうが良いと思います。

それでも改善されないようなら、仕事場を変える、という選択肢を考えてみても良いと思います。

 

仕事場で我慢し続けながら働く必要性はないです。

職場を変えれば人も変わりますし、精神的なストレスを感じながら働いていてはいつか仕事に行くことすらままならなくなってしまいますからね。

 

ちなみに私は患者さんのストーカーがエスカレートして、

毎日患者さんが診察するべきところもないのに病院に通うようになってしまったこともありました。

 

ドクターに相談して、ドクターから直接患者さんに注意してもらったことがあります。

 

ドクターや勤めている病院側とうまく連携がとれるような働き方ができていると良いのですが、

こればかりは周りに協力してもらわないと解決することができない、ということもあります。

 

一人で抱え込まないようにしましょう。

関連記事:セクハラおやじの手法、女性はその行為を嫌がっています!

 

ドクターからのセクハラ

 

一緒に働くドクターからセクハラを受ける、ということもあります。

 

ただこれは患者さんからセクハラを受けるのとは違って

ドクターの場合ははっきりと「NO」という意思表示ができます。

 

セクハラを断ったからといって特別仕事に支障が出る、ということはあまりありません。

 

セクハラを甘んじて受け入れていても、支障は出るものですから、

どちらにせよ支障が出るならセクハラを我慢して受け入れるべきではないでしょう。

 

相談できる人が職場にいるなら相談するべきですし、

それができないのであれば、やはり職場を変えてみるのも一つの手だと思います。

 

職場の人間関係がうまくいかないからといって転職するなんて根性がない、と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、職場の人間関係がうまくいかないことによって、ずっとストレスを感じながら働き続けると

仕事がどんどん嫌いになっていってしまいます。

 

仕事を楽しくやるためには、どんな人と一緒に働くか、ということもとても重要な条件だと思うんですね。

 

そして過度にストレスを感じすぎてしまうと

それによってうつ病などの精神的な病気を患ってしまう可能性だってあるのです。

 

実はうつ病などの精神病は看護師や医療業界では職業病でもあるんです。

 

人が弱っているのを助けてあげるのが医療業界の人間ですから

まずは自分の健康管理を肉体的にも精神的にもきちんと行っていくことが大切です。

関連記事:看護師にはうつ病の人が多い理由

 

働き方を変えてみる

 

職場でのセクハラなどの理由で

どうしても仕事をするのがしんどい、と感じたら

なるべく早く職場を変えてしまった方が良いでしょう。

 

自分でなんとかそこで頑張ろうとする必要はありません。

 

特に看護師の場合は資格職ですから、転職もそこまで難しくはないんです。

人間関係をあまり気にしなくて良い派遣の仕事なんかに切り替えてみて、働き方そのものを見直す、という手もあると思います。

 

転職に対して不安がある人は、看護のお仕事 などのエージェントサービスを利用すると

医療業界の転職事情に詳しいスタッフが相談にのってくれます。

 

一人で抱え込まず、自分の働く環境を見直してみましょう。

関連記事:看護師を辞めるか続けるか、悩む瞬間

 

 

では今日はこのあたりで。