ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

「若い頃に旅をしなさい」と祖母から教わった。

皆さんも旅行に行く機会ってあると思うんですけど、旅行に行くためにはある程度のお金が必要になって来てしまうと思うんですよね。

特に海外旅行に行くとなると、結構な金額になってしまうと思うんですね。ビジネスクラスでヨーロッパなんかに行った時には100万円を超える値段になってしまうなんて事もあります。

だからこそ、旅行に行くとなっても、私は「お金がかかるから、たまにしか旅行に行けないな」と思っていたのです。

しかし、そんな話をしていたある時、祖母から「若い時に旅行をしなさい。お金がなくても旅に出なさい。」と強く言われたんですよね。

その時の言葉が今も強く残っているからこそ、私は旅を続けているのですが、この言葉って本当に正しかったんだなと今は思うのです。

そんな祖母の言葉の意味とは何だったのか?今回はそんな事について書いていきます。

 

子供が出来るとお金もかかるし、旅に行けなくなる事も多い

 

これはあると思うんですよね。若い時には仕事が大変で、旅をしようなんて考える事が出来ない人がたくさんいると思います。

「旅なんて今行かなくても、その内行けるようになる」と思っていると思うのです。しかしながら、子供が出来てしまうと、子供の分の旅行代金も払う必要がありますし、

子供が小さい時とかだと、旅に出る事も出来なかったりするので、実は若い頃でなければ旅が出来ないという事は事実として存在していると思っているのです。

子供が出来てから家族で旅行に行くという事だってそれはそれで良い事でしょう。しかし、皆さんが50代になった時にエコノミークラスで海外旅行に行くのって実はとても大変な事です。

そうなってくると、自分たちだけではなく、子供の分のビジネスクラス料金を支払う必要性が出て来てしまうと思うんですよね。

それに比べて若い頃の旅にはあまりお金がかかりません。子供の分を払う必要性はありませんし、自由に旅に出る事が出来るのです。

ヨーロッパへの旅行とかアメリカへの旅行だと、安い時でも3人で50万円程度はかかってくると思います。年間に4回の旅行に行くだけで200万円もの大金が必要になってくるのです。

サラリーマンの年収を考えると、これはかなり高い買い物になってくると思っているのです。だからこそ、祖母の言った通り、

「若い頃に旅をする」という事が大切だと思っています。何でも安く済む、若い時に旅をした方が良いのです。

関連記事:歴史と壮麗のウィーン「ホテル・ザッハー」に泊まってみたらあまりにも豪華だった話。

 

年齢が高くなると、海外旅行も一苦労

 

これも言える事かな?と思います。若い頃には旅をしても、次の日には飲み会に行くという事が可能だと思いますが、

ある程度の年齢になってくると、老化により体力がなくなってきてしまうものなんですよね。海外旅行によく行く人ならわかると思いますが、

旅行ってかなりの体力を使うものだと思います。私も先日はウィーンへの旅に行ってきたのですが、ドバイを往復しての旅行だったので、

20時間程度の時間をかけてウィーンに着いたわけです。こういった遠方への海外旅行って年齢が高くなってくると、結構辛いものがあるんですよね。

慣れない機内で何時間も過ごす事になると、それだけで疲れを感じてしまうという人はたくさんいると思うのです。

私の周りでも、若い頃に旅に出ていた人っていましたが、そういう人たちも50代、60代になってくると、だんだん海外旅行というものに抵抗感を持つようになってきてしまうのです。

「あれだけ旅行が好きだったのに」と今若い人も自分が50代とか60代になったら思う事でしょう。だったら、若い時にお金がなくても、海外旅行に行った方が良いと思っていますし、

海外旅行に行くための費用だって、飲み会を減らしたりとか、キャバクラに行く回数を減らしたり、洋服に買うお金を減らす事により、捻出する事が出来るようになると思っているのです。

関連記事:クアラルンプールのブキッビンタンでおすすめの場所は?

 

若い時に多様性を受け入れる力を身につける

 

これは本当に若い頃の方が良いと思います。私は海外旅行にも国内旅行にも行く機会がとても多い方だと思います。

だからこそ思う事でもあるんですよね。特に海外旅行に関しては、現地に行くだけで「人の生活というものはこんなにも違うものか」と思うはずです。

文化も違えば、宗教も違います。ビジネスで行くのであれば、商習慣だって大きく違う事でしょう。海外の文化に触れて、そこで「多様性に触れる」という事はとても大切だと思うのです。

日本だけにいると、どうしても「人間には様々な考え方を持った人がいて当然だ」という発想を持ちにくいんですよね。

そして、海外に行ったとしても、ある程度の年齢になってしまうと、自分の考え方に固執してしまっている場合も多く、他人と自分の違いというものを受け入れる事が出来なくなってしまうのです。

若い頃に旅をすれば、まだそういった部分ではかなり柔軟な側面を持ち合わせているでしょう。つまり、若い時に旅をする事により、

「社会には様々な考え方の人いる。他人と違うという事は当たり前なんだ。」という気持ちを持つ事が出来るようになると思っているのです。

若い頃に旅をするという事は、お金がない時には厳しいと思います。私も旅をするためのお金を稼ぐのにはいつも苦労していますからね。

しかし、若い頃に旅をした方が良いのです。多少、お金がなくとも、多少生活が貧しくなってしまったとしても、海外旅行の経験をつけておいた方が私は良いと思っています。

関連記事:シンガポールに行くならリトルインディアをおすすめする理由。

関連記事だよ