東京に就職して後悔する人もいるという話。

東京に就職するという事を夢見る人って今でもたくさんいると思うんですよね。地方で就職をするという人もいますが、地方には就職先がないという事から東京に出ていきたいと思う人だっているわけですね。

私の友人でも地方から来て、東京で就職をしている人っているのですが、中には後悔してしまう人もいると思うのです。

東京に就職する時には「後悔」なんて絶対にしないと思っていた人でも、東京に就職する事を後悔してしまう場合があるんですよね。

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

東京は思っているより忙しない

 

これは私が思った事なんですよね。地方から東京に就職してきた方とお話する機会がよくあるのですが、決まって言われるのが「東京の人の歩く速度がすごい…」という事なんですよね。

東京にずっと住んでいるとわからないかもしれませんが、地方よりも東京の人たちの方が足早に歩く事が多いと思うのです。

これって何を意味するのか?というと、東京全体が忙しなく働く場所という事だと思っています。東京に就職をして何を後悔するのか?というと、

「東京のスピードについていけない」という事なんですね。遅い方が良いとか早い方が良いとかという事ではありません。東京のスピード感で仕事を進めなければいけないという事は、

「ストレス」に繋がってきてしまうのです。東京に就職して後悔している人たちに聞いてみても、「やっぱり自分には東京という場所で忙しく働くのが性に合っていない。後悔している。」と言われる事が多いのです。

東京って私たちが思っているよりも高負担な状態で働いているという事だと思いますし、それが当然の世の中になってしまっています。まあでも、だからこそ経済成長を遂げたとは思うのですが。

東京に就職して後悔する人ってなぜいるのか?って、東京で働くとどんな感じなのか?という事がわからないからだと思うんですよね。

わからないからこそ、東京に就職してから後悔してしまうという事になっていくのです。

関連記事:仕事を辞めたいけど、上司に言えないという人が考えるべき事。

 

 

東京の空気が汚い

 

これも意外かもしれませんが、よく言われる事なんですよね。東京に就職して後悔する要素にはこういった環境的な要因も実はあるんです。

東京の空気が汚いという事は何となくわかっている私たちですが、実際に地方に行った後、東京に帰ってくると「東京は本当に色々なものが混ざった臭いがする」という事に気がつくのです。

東京に就職をして後悔する人って地方の空気から東京の空気になじめないという人もたくさんいるんですよね。

私の周りの人でも、

  • 飲食店と香水等の臭いが混ざっていて辛い
  • 朝の満員電車の空気が悪い

 

こういった事を言っている人って実はたくさんいるのです。後は臭いとは関係ありませんが、「ネズミ除けの音」もあるみたいですね。ネズミ除けの音が強過ぎてうるさく感じるという人もたくさんいるのです。

地方の空気って基本的には東京よりも良いと思っていますし、生活環境としては最適ですよね。居住環境が変われば喘息が治ったり、悪化したりする人だっているわけですから、

環境が人間の健康に与える影響は大きいと思います。

私も地方にいってから東京に帰ってくると、風邪を引く事が多いんですよね。気温が違うという事もあると思いますが、空気が綺麗なのか?という事だって自身の健康にとっても大切な事だと思うのです。

東京に就職をして後悔をしているという人は、東京の空気に耐える事が出来ないという事だって多いんですよね。

これは実際に私の知り合いがよく言っている事ですし、現実的に存在する理由だと思っています。

関連記事:転職するには何をすれば良いのか?を徹底解説!

 

東京に来ても誰にも頼れない孤独感

 

これもあると思いますね。東京に就職して後悔する人って実はたくさんいると思っていますが、その理由として「東京に来ても誰にも頼れない孤独感」というものがあると思うのです。

社会人として会社で働き始めても、職場の人って結局は利害関係があるから、中々「頼れる人」は見つからないものなんですよね。

同期だってライバルになってしまう事が多いと思いますし、根本的には心を開いて接するという事が難しいと思っているのです。

また、だからといって東京で新しく友人関係を作っていく事って思っている以上に難しい事なんですよね。出会いがあると思って、東京に出て来ても、自分から積極的に動かない限りはそういった関係性は構築されません。

だからこそ、東京で就職した事を後悔してしまう人が多いのです。東京で就職をしても、友人が出来ず、仕事の相談をする事が出来ず、「何をやっているんだろう?」と思ってしまうわけですね。

孤独感というものに人間は非常に弱い生物です。そういった状態が続いてしまえば、辛くなってしまうのは言うまでもありませんよね。

誰だって、頼る人がいて、支えてくれる人がいて、始めて自分個人の活動に専念出来ると思っています。

東京で就職をした事を後悔しているのであれば、別に東京で頑張っていく必要なんてありません。グッドポイント診断を使えば、自分の仕事上の性格を診断した上で適職につく事だって出来ますし、

転職力診断@typeだったら、転職後の想定年収や想定内定者数だって算出する事が出来るのです。こういったものを使って、

自分が「居心地が良い」と思うような場所で働けば良いのです。

望むような条件って人によって異なると思いますが、辛いと感じているのであれば、何も一生懸命その会社にしがみつく事もないでしょう。

自分の好きな道を歩めば良いのです。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

東京に就職した事を後悔

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。