たくさん働いて高い給料をもらうのか?それとも時間をとるのか?

大学を出て、ある程度の会社にいけば年齢と共に給料があがっていきます。平均年収1000万円なんていうところも結構ありますよね。

先日聞いた話だと日本の平均的な年収は500万円だそうで…

 

日本はやはり所得水準が高いな!って思います。しかし、たくさん働いてたくさんのお金をもらうということはその分時間を投資しているということを考えてなくてはいけません。

サラリーマンに関しては自分の時間を企業に売って稼いでいるひとがほとんどですから、そういったことを考えると、本当にそれで良いのかな?って考えることも大切なのでは?って思ってしまいます。

 

私の周りでは本当に色んな方法で稼いでいるひとがいます。某企業の創業者なんかは自社株が売った莫大な資産で生活しているし、はたまた他のひとは不動産で食べている。

 

色んな人がいるんです。

 

だからこそ、考えたほうが良いのかな?と思います。

 

 

たくさん儲けたお金には所得税がかかるけど、節約は無税

 

所得税ってかなり高いですよね。ありえないです….

実は皆さんがもらっている給料も会社から税金が引かれたものなのです。つまり、稼げば稼ぐ程高い税金を払っているということなんですよ。

植松さんという北海道の小さな向上を経営されている方もおっしゃっていたのですが、生活出来るのか出来ないのか?って要するに支出と収入のバランスだということ。

 

実は普段生きているなかでもたくさんの無駄があるし、もっともっと節約出来るところがあるんです。もし、それを行ったのであれば、もっと少ない収入&時間が取れるということになるかもしれません。

 

人生において一番大切なものはお金ではありません。きっと時間なんです。1日に3万円稼ぐことは出来ても3万円で1日買う事は出来ません。

何にもかえられないものが時間なんです。

 

また、サラリーマンは給料に関して見落としている部分があるのです。これはもう会社の仕組みの問題なのですが、

サラリーマンは会社の給料から税金が天引きされますよね?要するに納税する分をその都度払うということです。

しかし、自営業者は違います。例えば、一年間役員報酬をもらうとします。しかし、役員報酬に対する税金は年一度まとめて払うだけで良いのです。

 

一体なにが良いのでしょうか?

 

つまり、自営業者は税引き前のお金を自由に使う事が出来るわけです。例えば400万円で投資利回り10%の物件に投資したのであれば年間に40万円入ってきます。

サラリーマンとして働いていると税引き前のお金を使う事が出来ません。だから、その金額も小さくなってしまいます。

でも、自営業者であればそんなことはありません。税引き前のお金を使うことが出来るのです。車を買う事だって出来るし、株に使うことだって出来るんですよ。

不動産であれば、減価償却費として計上できるのでかかる税金が少なくなる時もあるんです。

関連記事:仕事を変えたい人が当たり前に転職する時代。

 

海外に行ってもいいし、高いお金を使わない方法はたくさんある

 

海外だと生活費が日本とはまるで違うところがかなりあります。

だったら、日本で稼いだお金で海外生活を送るのも悪くないのかな?って思います。もちろん治安の悪さとか色んな条件はありますよ。

でも、それでも時間のほうが大切だと思っているひとならばそういう選択だって全然悪くないと思っているんです。

 

確かに日本の給料って高いです。でもそれと同じくらい生活費だって高いんですよ。良い生活が出来ているひとのなかにはそこまで働いていないひとだってたくさんいます。

つまり、効率的に動いているからこそそういった生活が出来るんです!

 

東京なんて本当に良い例です。家賃だって高いし、電車だってとんでもなく高い。せっかく毎日頑張って働いてもそういうところにたくさんのお金を取られてしまうのです。

 

お金がたくさんあるならあるに越したことはありません。でも、そのお金のために人生で一番大切な時間というものを消費してしまうのはとても残念だなって思います。

私の周りでもたくさんの時間をお金のために使っているひとがいます。もちろんそれがやりたいことであれば良いと思うのですが、

それではない場合は絶対他の方法を考えたほうがいいです。それは節約かもしれないし、他のことかもしれない。

やり方はたくさんあるのです。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

ABOUTこの記事をかいた人

小さな会社の経営者・エンジニア。生きにくい今の世の中で、孤独を感じている人たちを繋ぐ居場所が作れたら良いな、と思って奮闘中。優しい社会を作ります。