ブロガー「水瀬まりも」とは?
コラム

コーヒーを飲んで吐き気を感じる原因と対処法

コーヒーが好きなみなさん、

一度はコーヒーをたくさん飲みすぎて吐き気がするほど気持ち悪くなった、という経験があるのではないでしょうか?

 

私もコーヒーは大好きで、カフェでアルバイトをしていたことがあるくらいなのですが、

実は体質的にコーヒーが合わないようで、コーヒーも飲み方の戦略をきちんと立てないと吐き気を感じてしまうんです。

 

ということで今回は元カフェ店員の私がコーヒーを飲んで吐き気を感じてしまう原因と

その対処法、おすすめのコーヒーについてお話したいと思います。

 

コーヒーを飲んで吐き気を感じる理由

 

コーヒーを飲んで吐き気を感じる原因はいくつか挙げられます。

 

胃酸の分泌を促進

 

コーヒーに含まれるカフェインが胃酸の分泌を促進するため、胃酸過多になってしまい、吐き気が起こることがあります。

 

胃の中に食べ物が入っていない状態でこの胃酸過多状態になってしまうと、

胃酸が胃を溶かそうとしてしまうので、胸焼けや吐き気の原因になるんですね。

 

酸化したコーヒーを飲んでいる

 

コーヒーは酸化しやすいものです。

 

空気に触れている時間が長ければ長いほど、酸化してしまい、悪くなってしまうんですね。

酸化する、ということはつまり錆びてしまう、ということと同じことです。

 

コーヒーにはもともと抗酸化作用があるのですが、新鮮でないコーヒーは酸化してしまうんです。

 

私が以前勤めていたカフェでは、「淹れてから30分以上経ったコーヒー」は捨てていました。

 

それくらいコーヒーは早く酸化してしまうものなのです。

 

賞味期限切れのインスタントコーヒーや開けっ放しでずっと飲みかけになっている缶コーヒーは

飲んでしまうと吐き気を感じる原因になります。

 

豆を挽いて淹れたコーヒーもなるべく早く飲むようにしましょう。

豆は酸化しないようにきちんと蓋をして、密閉した状態で保存するのがおすすめです。

 

酸化してしまうと酸っぱい味になり、香りもなくなってしまいます。

 

カフェインによる神経の興奮

 

カフェインは交感神経を刺激し、人を興奮状態にさせます。

 

そのため、眠気覚ましにコーヒーを飲むことが通例とされているわけですが

コーヒーを飲みすぎてしまうと、この興奮状態がずっと続くことになってしまいます。

 

人間は交感神経と副交感神経のバランスで生きていますから、

無理に興奮状態を保ち続けようとすると吐き気を感じる、などの症状が出てきてしまうのです。

 

体調が良くない

 

コーヒーは実は刺激の強い飲み物とされています。

 

以前胃腸系の病気を患ったことがあるのですが、

担当医師に

  • 辛いもの
  • 炭酸
  • コーヒー

は絶対に摂らないでください、と言われたほど。

 

胃腸に負担をかけて飲む刺激が強い飲み物だ、というのは実は医療の業界では常識なのです。

 

体調が悪い時にコーヒーを飲んで吐き気や頭痛を感じる人もいます。

 

コーヒーには血圧をあげる効果もありますから、

このせいで頭痛を感じる人も多いようです。

 

コーヒーを飲んで吐き気を感じやすい人

 

コーヒーを飲んで吐き気を感じやすい人は

  • 胃腸が悪い人
  • 睡眠時間が足りていない人
  • カフェインが体に合わない人

です。

 

眠気覚ましにコーヒーを飲む人が多いですが、そもそも睡眠時間が足りていない人は

コーヒーを飲むと吐き気を感じたり体調を崩したりすることもあるので、

体調が万全でない時にコーヒーを飲むのはやめましょう。

 

カフェイン自体が体に合わない人は緑茶やコーラなどでも気持ち悪くなります。

特に玉露茶のカフェイン含有量は高いです。

 

コーヒーを飲んで吐き気を感じた時の対処法

 

コーヒーを飲んで吐き気を感じた時の対処法についていくつかご紹介します。

 

水を飲んで薄める

 

コーヒーを飲みすぎたな、と感じる時は水や白湯などを飲んで

コーヒーをなるべく薄めるようにしてみてください。

 

胃酸過多で胃腸がやられてしまい、胸焼けや吐き気を感じている時は

胃酸から粘膜を保護するために牛乳を飲むのも効果的です。

 

消化に良い食べ物を食べる

 

コーヒーを飲んで吐き気がする時は食べ物はなるべく体に優しい

消化に良さそうな食べ物を食べるようにしましょう。

 

胃腸が疲れているところに重い食べ物を食べると、さらに胃腸が疲れてしまい、

吐き気がおさまりません。

 

深呼吸、ストレッチをする

 

深呼吸やストレッチをすることによって体をリラックスした状態へ持っていきます。

 

交感神経が刺激されて興奮状態にあるのをなるべく抑えるために

リラックス効果がある運動をすると良いです。

 

吐き気を感じやすい人へおすすめのコーヒー

 

コーヒーを飲むと吐き気を感じやすい、という人におすすめなのが

デカフェなどのカフェインレスのコーヒーです。

 

豆のものなら

澤井珈琲のコーヒーなんかおすすめですね。

 

豆のままなら酸化もしにくいです。

 

また既に挽いてあるものでもカフェインレスのものも売っています。

 

こういったカフェインレスのものを、なるべく酸化させないように保存して飲む、というのが一番良いでしょう。

 

外でコーヒーを飲む時は、なるべく値段の高いもの、

もしくはカフェラテなど牛乳が入っているものの方が良いでしょう。

 

水も一緒に飲むようにすれば良いかと思います。

 

体質的に吐き気を感じやすくても、コーヒーが好きだ、という方も多いですものね。

 

こういった工夫をしても吐き気を感じるようなら、

それはコーヒーが原因ではないかもしれません。

関連記事:仕事前になると吐き気がするってかなり危ない状態です。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事だよ