ブロガー「水瀬まりも」とは?
恋愛

両親が離婚した子供はどんな人生を送る傾向があるのか

今日本は3組に1組の夫婦が離婚する時代になっています。

 

女性が男性と同じくらいの給料を稼げるようになってきていますし、

雇用の現場でも女性の活躍がめざましくなってきたことが一つの理由と言えるでしょう。

 

元は赤の他人として始まるのが夫婦ですし、

昔のように結婚するのが当たり前、結婚して家庭に入ることが女性の幸せ、なんていう時代でもないですから

離婚自体は別に悪いことではないと思います。

 

ただ子供がいる場合はやはり考えてしまうのは両親の離婚がどのような影響を子供の将来に及ぼすか、ということですよね。

 

今回は両親の離婚を経験している子供がどのような将来を送る傾向があるのか、ということについて書いていきたいと思います。

 

早く結婚する

 

両親が離婚している子供は、温かい家庭というのにものすごく憧れを抱いている子供が多いんですね。

 

親を反面教師にして、自分は良い家庭を作るんだ、と変に意気込んでしまうところがあるのでしょう。

 

なので、両親が離婚した子供は早く結婚して自分の家庭を持ちたがる人が多いのです。

 

ただあまり早い段階で結婚することを決めてしまうと離婚する確率も高くなってしまいます。

関連記事:私が考える離婚の原因ランキング!だから別れるんだ。

 

結婚に夢を持てなくなる

 

両親が離婚した子供は早く結婚をする傾向がある、という話をしましたが

それと全く正反対で、結婚そのものに夢を持てなくなる、というケースもよくあるケースです。

 

自分の一番近い夫婦、という形が理想的でない場合は

理想的な夫婦像というものをうまく思い描けなくなってしまうんですね。

 

そのせいで結婚することのメリットをあまり感じられなくなってしまうわけです。

 

最近は週末婚や事実婚という結婚の形もありますし

 

どちらかというと自分の人生の楽しさを第一に考えて、結婚するかどうかは二の次、と考える人が多くなっている風潮もありますから

それも手伝ってか、結婚にそもそもの意味を見出せなくなっている若い人は多いのでしょう。

 

ただ、結婚に対してあまりに夢を見すぎていると

実際に結婚してからのギャップにも苦しむでしょう。

 

そういう意味では現実的に結婚というものを考えられる思考は決して悪い物ではないと思います。

 

結婚しない、という選択肢も選択肢の一つとして考えられるようになるでしょう。

 

特に今の時代は結婚するということイコール幸せ、というわけでもありませんから

視野が広くなって良いと思います。

関連記事:週末婚は離婚する確率が高いと思う。

 

承認欲求が高くなる

 

両親が離婚している子供はどうしても片親だということを寂しく感じてしまう瞬間はあるものです。

 

友達にはみんなお母さんとお父さんがいるのに

自分には片方しかいない、となればそれは比べてしまう時もあるでしょう。

 

そうすると自分を見てくれる人が他の人に比べると少ないですよね。

他の人には両親がいるのに自分には片親しかいない。

 

自分を無条件に認めてくれる人も一人しかいない、と感じてしまうものです。

 

その心理的な状況が続くと、承認欲求が強い人になってしまがちです。

 

承認欲求が強い人は常に人の評価を気にして過ごすようになってしまい、

他人の評価に自分の意見までも左右されてしまうことが多いので、かなり生きにくい人生を送ることになるでしょう。

 

自分が認められなくても自分が幸せならいい、自分がどう感じるかが大切だ、と思えると人生もかなり楽なものですが

他人の評価を気にしすぎると自分の首を締めることになります。

関連記事:承認欲求が強すぎると人生損をする

 

頑張りすぎる

 

両親が離婚している子供は家族のことを気遣って、自分がしっかりしなくてはいけない

、という気持ちになってしまう子供が多いです。

 

それが大きなプレッシャーとなり

自分が本当に限界だと感じてもそれを一人で抱え込んでしまいがちになるんですね。

 

信頼できる友達や恋人ができれば自分が辛い時も気持ちを打ち明けられることもあるかと思いますが

そういった友達や恋人がいない場合は全て自分で解決しようとしてしまう性格になりがちです。

 

両親が離婚していることによって、自分もまた子供として甘えるのではなく

家族を支えるための一員だ、という意識が芽生えるのでしょう。

 

変に頑張りすぎる癖がついてしまう子供が多いです。

関連記事:理想的な夫婦になろうとするから離婚するのです。

 

離婚は悪いことではない

 

人間は成長する生き物ですし、自分が置かれている環境やどんな人たちと付き合うかで価値観も大きく変わってくるものです。

 

だからこそ、一度は「ずっと一緒にいる」と思った相手でも

それができなくなることもないとは言い切れないでしょう。

 

そして子供がいたとしても、離婚という選択肢をとる方が子供にとって幸せな場合もあります。

 

仲が悪い両親を見て育つよりも

離婚して片親でも家庭が安心できる場所である方が子供にとっては幸せかもしれません。

 

だからこそ、離婚は決して悪いことではないと思うのです。

 

ただ、両輪が離婚することによって子供に少なからず影響があることを理解し、

そのケアをきちんといくことが大切でしょう。

関連記事:シングルマザーの再婚は子供からどう映る?

 

 

では今日はこのあたりで。