ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

生きるのが辛いのは自分の考え方次第

人生は人によっては生きるのが辛い、と感じてしまうものかもしれません。

 

人生に絶望してしまうような大きな出来事があってもなくても、

生きるのが辛いと思っている人は年々増えていっているのではないかと思います。

 

しかし生きるのが辛い、というのは実は考え方次第で全く気持ちが変わると思うんですね。

 

生きるのが辛い、と思っている人は生きるのが辛くなってしまうように自分を仕向けてしまっているようなところがあるのです。

 

今回は生きるのが辛いと思ってしまっている人が、どうして生きるのが辛いと感じるのかについて話してみたいと思います。

 

他人と比べてないか

 

まず、生きるのが辛いと感じている人は、自分の人生と他人の人生を比べてしまっている人がとても多いです。

 

自分より幸せそう、自分より稼いでいそう、そんな観点で他人のことを見ていないでしょうか?

 

しかし、そもそも人というのは個人個人それぞれが生きてきた境遇が異なります。

自分より幸せそうに見える人も、よっぽど苦労しているかもしれません。

 

人生はひとそれぞれのものですから、自分の人生と他人の人生を同じ土俵で比べるなんてことはそもそもできないのです。

 

SNSなんかではよくその風潮が見られます。

TwitterやInstagramなんかで知り合いの楽しそうな写真やテキストが上がってくると「辛い」と感じてしまう人が多いようです。

 

しかし、それはその人の人生の切り取られたほんの一瞬にしかすぎません。

 

むしろ「楽しかった」からこそその一瞬をシェアするためにアップしているのでしょう。

本当にどん底で苦しい時にわざわざその写真を投稿する人なんていません。

 

絶望している時はSNSなんて触れないでしょう。

 

まずは自分の人生を他人と比べてしまう癖があるなら、それを直すようにしてみてください。

 

自分は自分、他人は他人、と考えられることによって

自分の人生だけを大切にすることができるようになると思います。

関連記事:自分は自分、人は人と思うことで楽になる

 

否定的になっていないか

 

いろんなことに否定的になっている人は生きるの辛いと思いやすいです。

 

人の行動を見て、けなすことばかり考えていないでしょうか?

ストップをかけることに夢中になっていないでしょうか?

 

会議でよく使われる「ブレインストーミング」というものがありますが、

これには「より良いアイデアを出すために、どんな突拍子もない意見でも受け入れ、否定しない」というルールがあります。

 

これはブレインストーミング内のルールですが、人生でも同じことが言えるのではないかと思うんですね。

 

突拍子もない意見でも、まずは肯定する。

そして肯定した上で、何か思うことがあるならそこに自分の考えをプラスアルファとして足していく。

 

そういう考え方をすることができれば、多くのことがポジティブに見えてくると思います。

 

もちろん嫌いなものを無理やり好きになる必要はありませんが

嫌いなものを「嫌いだ!」と主張しすぎないことによって、自分の精神的な部分を安定して保つことができるのではないかなと思うのです。

 

また、否定する、ということは相手のことを見下すことでもあります。

 

ここでも人を比べてしまっているようなところがあるんですね。

 

人はそれぞれ考え方も違いますから、自分と合わないと思う人は「そういう考え方もあるんだ」と認めた上で関わらないようにするのが一番でしょう。

 

自分と合わない人を変にしつこく否定したり、我慢して付き合おうとすると自分がストレスになってしまし、生きるのが辛くなる原因にもなります。

 

否定ではなく肯定から入る。

まずはこれを徹底してみてください。

関連記事:否定的な言葉が口癖の人?

 

挑戦しているか

 

人生が辛いと感じる人は、実は人生がマンネリ化してしまっている、という原因も考えられます。

 

毎日が毎日の繰り返しになってしまっていたら、それは人生も辛くなるでしょう。

 

人生は長いように思えて短いものです。

いつ死んでしまうかもわかりません。

 

そんな中で、自分の本当にやりたいことをやり、やりたくないことをやらないという選択肢をきちんと選んでいくことが人生を充実させるために大切だと思います。

 

常に挑戦できることを探して見ましょう。

関連記事:やりたい事がない?なんて嘘だと思う。

 

嫌いなことから逃げてもいい

 

ここ20年ほどの世界の成長には目覚ましいものがありますよね。

 

昔はお金持ちしかもつことができなかった電話やパソコンが、今では当たり前のものとなり、

スマホに関しては一人一台以上持っている、という計算になるようです。

 

これからさらにこういった成長が続けば、人間がやらなくてはいけない仕事も全てロボットで代用がきくようになるでしょう。

 

そんな時に、「嫌いなことを無理して頑張っている人」は真っ先に職を失います。

 

嫌いなことを我慢することこそが仕事だ、と教えられてきた世代が

我慢しないことが仕事、という考え方にシフトしていくのは難しいことだと思いますが、

好きなことはどんどん仕事にできる時代になってきているんですね。

 

嫌いなことからはどんどん逃げていいのです。

逃げられる人の方が賢いのです。

関連記事:仕事でイライラする原因はなんだろう?

 

 

では今日はこのあたりで。

関連記事だよ