仕事は責任感を持ってしろ!ってもう古くない?

社会人になると多くの大人に言われるのが「仕事は責任感を持ってしろ!」ということだと思います。

 

今まで学生生活を謳歌してきた身としては

いきなりそんなことを言われても…という風に思うでしょう。

 

しかしお金をもらって仕事をするわけですから、仕事には責任感を持つのが大人というものだ、と考える人も多いと思います。

 

ただ、今の時代、「仕事は我慢するもの」ではなくなってきています。

 

つまらない仕事からどんどんロボットに仕事を任せるようになってきていますよね。

 

例えば昔は電車の切符は駅員さんがもぎっていたわけですが

それは今自動改札になりました。

 

切符どころかチャージしてSuicaを使う時代です。

 

つまらない仕事、単純作業で考えがいらないような仕事は全てロボットで代用可能になってきているのです。

 

そんな中で「責任感を持って仕事をしていく」というのはもう古い考えなのではないでしょうか?

責任感という言葉、重くないですか。

 

責任感と引換えのストレス

 

そもそも責任感というのはマイナスな言葉ですよね。

持ちたくもない責任感をもって仕事をしなくてはいけない、というようなニュアンスがあります。

 

例えば「アルバイトを始めたばかりでもう辞めたいくらいストレスだければ、まだ1ヶ月目だから辞めるわけにもいかない」という状況に陥っている学生をよく見かけます。

 

もうすでに仕事を始めて、そのアルバイトが自分に合わないとわかっているのに

どうしてアルバイトを続けなくてはいけないのでしょうか?

 

これも責任感という言葉になってくると思います。

 

せっかく採用してくれて、毎月時給を払ってくれるバイト先に対して申し訳ない、

仕事をするに当たって責任感がなさすぎる。

自分が辞めることによって誰かに迷惑がかかってしまう。

 

そうやってどんどん責任感に押しつぶされて行って終いには自分の責任感にがんじがらめにされてしまうんですね。

 

これがまだアルバイトならいいかもしれませんが

仕事になると、辞められないままストレスで精神病になってしまってり、自殺という選択肢をとってしまう人が出てきてしまうわけです。

関連記事:バイトを辞めたいけど、まだ3ヶ月しか?辛いなら辞めれば良い。

 

責任感が必要なのは会社が困るから

 

仕事をしていると上司は「自分の仕事に責任感を持て」とみんな言ってくると思います。

 

しかしそれは、「その人のため」を思って言っているわけではないことがほとんどです。

責任感がなぜ仕事に必要なのか。

それは「会社に迷惑がかからないように」責任感が必要なんですね。

 

例えば入社1ヶ月の新入社員が仕事が辛かったから辞める、となったとします。

 

多くの人が「仕事に対して責任感が感じられない」と言うでしょう。

 

しかし、新入社員当人にとってみれば、1ヶ月で仕事を辞めたところでマイナスになることなんてありません。

また別の仕事を探せばいいだけです。

 

自分に合う仕事が見つかれば長く仕事を続けることだってできるでしょう。

 

しかし会社側は、1ヶ月で人が辞めてしまう、というのは誤算ですよね。

その1ヶ月は仕事という仕事はできるようになっていないでしょうから、無駄に研修費用だけかかってむしろ赤字だと思います。

 

しかし当人にとってみれば、辞めた会社のことなんて知ったことではありません。

むしろ人を面接して選んだわけですから、会社の人選ミスと言えるでしょう。

 

責任感というのは社会人として身につけなくてはいけないものなのではありません。

会社が迷惑を被らないようにサラリーマンに植え付けられた、会社都合の悪どい意識なのです。

 

社会人は責任感を持って仕事をしなくてはいけない、というのは実は会社都合の洗脳でもあるんですよ。

関連記事:サラリーマンは会社から洗脳されていることに気づいた方がいい

 

仕事をするのに必要なのは責任感じゃない

 

仕事をするのに本当に必要なのは責任感ではなく「仕事が楽しい」という気持ちだと思います。

 

楽しいという気持ちから仕事ができれば、

おのずとその仕事にも真摯に向き合うことができるでしょうし、その仕事を途中で投げ出すなんてことはしなくなるでしょう。

 

仕事を投げ出すのは今の時代悪いことではありません。

労働環境が保障されていない今の世の中、仕事というのは「自らが楽しんでできるもの」出ない限り、責任感なんて必要ないのだと思います。

 

誰に迷惑がかかったとしても、それは自分とは関係のない他人であり、

その人たちとも今後関わらないと思うのであれば責任感なんて放り出して仕事から逃げましょう。

 

自分が楽しいと思える仕事かどうか。

責任感より大切なのはそこです。

関連記事:これからは10万円稼ぐ仕事を3つ以上持つ人が生き残る。

 

責任感を感じずに仕事をしよう

 

責任感にがんじがらめにされて身動きが取れなくなる前に、自分が好きな仕事をぜひ探してみてください。

 

自分の好きな仕事がわからない、という人はまず、自分に向いている仕事を探すといいと思います。

グッドポイント診断では設問に答えることによって自分の強みを簡単に診断してくれます。

 

自分が得意なことは自分にとって楽に、楽しくできる仕事の場合が多いです。

 

責任感に押しつぶされそう、という人はその仕事そのものを変えてみるのも選択肢として考えてみてください。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

 

 

では今日はこのあたりで。

仕事に責任感を持てってもう古い