ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

保険の営業の仕事は友達がいなくなるから辞めた方がいい

営業職というのは性格的に合わない人も多いのではないかと思います。

 

売らなくてはいけない商材が、本当に自分で良いものだと思えるもの、自分でも使いたい、利用したいと思えるものならまだしも

自分で良いと思えないような商材の場合は、人を騙している気持ちにすらなってしまうのが営業の仕事だと思うんですね。

 

そしてその中でも保険の営業の仕事をしている人はとてもしんどいと思います。

 

私も友達や親族に保険の仕事をしている人がいて、身近な人が保険の営業に携わっていたので、保険の営業の仕事は本当に恐ろしいと思いました。

 

保険の営業が嫌だなと思っているなら、なるべく早めに辞めることをおすすめします。

 

電話帳がリストになってしまう

 

保険の営業の仕事をしている私の友人は、上司に「電話帳に入っている連絡先に上から順番に電話をかけろ」と言われたそうです。

 

自分の携帯に入っている電話帳です。

 

電話帳なんて親や友達だけでなく、そこには知人レベルというか、あまり親しくない人も入っているでしょう。

 

自分の電話帳そのものが営業をかけるためのリストになってしまうんですね。

 

営業という仕事は悲しいもので、営業成績がいいかどうかというところにものすごく仕事のやりやすさの影響が出てしまいます。

 

営業成績がいい人はちやほやされるというか、上司からもかわいがられますし、

営業成績が悪い人はごみくずのような扱いを受けるものです。

 

成績が悪すぎてクレーム処理に飛ばされた人もいました。

 

成績が悪いとどんどん居心地が悪くなるのが営業の仕事ですよね。

 

そしてついに自分の周りの人にまで迷惑をかけなくてはいけないようになるのです。

 

友達に営業をかけなくてはいけないなんて本当に辛いことですよね。

もしかしたらそれをきっかけに友達に見放されてしまうかもしれません。

 

辛い仕事がプライベートに侵食してくるなんて絶対にあってはならないことですが、

そういった現状が保険の営業では実際にあるそうなんですね。

関連記事:飛び込み営業が辛いならやらなければ良いのです。

 

親族でも容赦がない

 

実は私自身、身内である親族に保険の営業をかけられた経験があるんです。

 

私がまだ小学生だった頃、祖母が保険の営業の仕事をしていたのですが、

一緒に病院に健康診断に行こうと言われて、いつのまにか保険に加入させられていた、ということがありました。

 

当時は幼くまだ子供だったのであまり理解できていなかったのですが、

健康診断の帰りに祖母に欲しいものを買ってもらった覚えがあります。

子供だったので単純に嬉しかったんですね。

 

しかし、祖母の保険の営業というのは獲得件数で成績がついていたようで、

私が保険に入っていたものの保険の料金は祖母が最初支払っていたのですが、いつからかその保険の料金が支払われなくなっていたようです。

 

そしてある時子供だった私の名前宛てに保険の料金がずっと未払いになっている、という督促状が届きました。

 

親族にも容赦なく営業をかけるんだな、とあとから考えて思ったものでした。

もちろん祖母への不信感も募ってしまいました。

関連記事:営業が苦手で辞めたいならそうすれば良い。

 

常にノルマに追われる生活

 

私も営業の仕事を一時期やっていたことがあるのでとてもよくわかることなのですが、

営業は常にノルマとの戦いになりますよね。

 

今月はあと何件、というのを常に考えながら仕事をしなくてはいけなくなります。

 

成績が悪い月なんかは仕事場に行くのでさえ辛く感じることもありますよね。

 

競争しているわけではないのに、常に競争させるような意識を会社側に持たされますし、

営業成績が悪いと怒られることだって多々あります。

 

酷い会社だと、営業成績が悪い社員は怒鳴られたりすることもあるそうです。

 

しかし営業というのは向き不向きがありますし、

得意じゃない人はとことんできないものだと思うんですね。

 

たくさん怒られてもそこが改善することなんてありません。

もちろん運もあるでしょう。

 

営業成績が悪い人がイコール仕事をさぼっている、というわけではないと思うんですね。

そういう人も中にはいるかもしれませんが、一生懸命頑張っても営業成績が伸びないことだってあるわけです。

 

そこで営業成績が伸びるためにどうしたらいいのか、という建設的な話ができればまだ良いのですが、

怒られるだけでは何も解決しないどころか、どんどん働くのが嫌になるだけですよね。

関連記事:営業職に不向きな人の性格とは

 

仕事は充実感が大事

 

どんな仕事でもそうですが、仕事は充実感を感じることができる仕事が一番だと思います。

 

いいことたな、と思えるような仕事。

よかったなと思える仕事。

 

人生のほとんどを費やして仕事をするわけですから楽しくなかったら辛いじゃないですか。

 

営業に向いてないと思う人は、友達がいなくなる前に、

親族に嫌われる前に、仕事を変えた方がいいと思いますよ。

 

自分の得意なことがわからないならグッドポイント診断で自分の強みを調べてみましょう。

安易に転職してまた自分に合わない仕事に就いてしまってはもったいないですからね。

関連記事:会社を辞めたい?おすすめ転職サービス

 

 

では今日はこのあたりで。

関連記事だよ